nandemojuku
「鎌倉なんでも塾」は、子供や大人、地域に住むさまざまな人がおいしいものを食べながらともにひとときを過ごす居場所事業です。
2016年12月に「こども食堂をやりたい」「多世代交流の場をつくりたい」「週に1回は残業したい」という思いを持った玉縄地区に住む3人のワーキングマザーが立ち上げたもので、コソガイもサポートを行っています。

2017年度は、神奈川県社会福祉協議会の地域福祉活動支援事業の交付を受けながら、公共施設の会議室などを利用して、平日夜や週末などに月3回程度、定例会を実施しています。小学生の参加者をボランティアの大人がサポートしながら一緒に過ごすスタイルで、参加者は宿題やプリントといった勉強、工作などの遊び、読書や読み聞かせ、カードゲーム、日によっては調理実習など、いろんなことをしてのびのびすごしています。また、みんなで一緒にいただく軽食は地域に住む家庭料理のプロの手によるもので、子どもも大人も大好きです。これが食べたくてリピーターになっている人もたくさんいます。

このほか、長期休暇時には野外活動や子供向けインターネット講習、地域のNPOらとともに地域の歴史を学んだり、高齢者との交流を行ったりしています。今後も地域のニーズを見ながら活動に幅を持たせていきたいそうです。

鎌倉なんでも塾
Facebookページ https://www.facebook.com/kamakuranandemojuku/

投稿者:くるまん

2017年12月13日 │ 託児・子育て支援  │ コメント(0)  twitterでつぶやく
PA020036s
新規会員募集中!
海の子森の子クラブ 参加者募集中!

☆今年度の入会説明会
新規入会者の説明会は、毎年2月中旬に実施しております。ただし、その後お問合せが増えることから、説明会は少人数でも、日時・場所を調整の上、随時実施させて頂いています。
説明会の参加で、入会を強制することはありません、子育て相談の機会としてお考えいただいて、お気軽にご参加頂ければと思います。ご案内資料と申込書などは、説明会でお渡しいたします。
尚、お子さんご自身の判断も欠かせません。説明会の前後で通常の活動への1日体験(お子さんのみの参加)ができます。合わせてお考え頂ければ幸です。まずは地球の楽校ホームページで活動方針や実施内容についてご覧ください。

<お申込み・ご相談>
一般社団法人地球の楽校 鎌倉市極楽寺2-13-5 電話0467-24-3913
uminokomorinoko@gmail.com  海の子森の子クラブ事務局(担当:長谷川)

鎌倉の自然と豊かな体験が子どもを育む

鎌倉の豊かな自然の中で、自然体験教育を実践するクラブだと思っていたら、「1月はインドアでの活動です」とのこと?? それではその様子を拝見しようと、久しぶりに海の子森の子クラブを訪ねてみました。

main_021[1]s朝、枝や葉など劇で使う小道具を集めに行こうというのでついていくと、普段通りの自然遊びが始まりました。何年も活動してきた子達が多いので、自ら遊びを考えみんなにそれを提案しています。どんな時でも自然と共に過ごすのがこのクラブの方針。さらに子どもファーストで動くのでみんな自由で晴ればれとした顔です。

IMG_2474sしばらく素材を集め、お昼のお弁当を食べたら、施設に集合です。劇をする大きなフロワーに入ると子ども達の様子は一変しました。活動リーダーが、2日間の流れを改めて確認します。四季に分けたグループづくりをする。1年間の活動を思い出す。季節ごとの活動を素材にした劇を自分たちで考える。2日目には、音楽家の皆さんと音合わせを行い音楽劇にする。それを合体させて通しで完成し、保護者を招いて発表する。こんな内容のオリエンです。子ども達はみな静かにして聞いています。

IMG_2461sリーダーの確認が終わると、とたんに賑やかになり、男女混合のグループ分けがどんどん進みます。そして、どういう順序でやればよいのかが最初から全部わかっていたかのように、それぞれが台本作りや演技の練習を始めたのです。学校の劇のように、大人が準備したものではなく、いつものように、全く子ども自身に任せての活動に改めて驚かされました。それを当たり前のように進めていく子ども達の様子もまた新鮮で頼もしい。残念ながら訪問はここまで。

その後、さて、どうなっただろうかと思い電話をしてみました。その夜も、2日目もさらに練習を重ねてバージョンアップし楽しい音楽劇を完成させて、最後に保護者に披露したそうです。

地球の楽校のHPに載った活動報告には、こんな文章がありました。
『子ども自身と子ども社会、そしてこれを取り巻く大人社会を含めた問題にのまれない子どもを育てたい! その一つの答えがこのプログラムです。 演劇療法、以前から注目してきました。・・・子どもが本当に自分らしく、子どもが真の人らしく育っていくには、自然体験を土壌にし、その先の領域へとさらに発酵を進め「創造的で力強く生きる力」に変えてあげたいと考えています』。

umimori_photo04[1]豊かな体験は、自ら学び取り自ら育つ力を生みだします。子ども達が発達段階ごとに経験すべき様々な体験が不足したまま年齢を重ねるという状況が、基礎体力、コミュニケーション力、学習意欲、規範意識などの低下を招いてきました。なかなか改まらない現状を少しでも変えようと海の子森の子クラブは発足しました・・・という主催者のミッションが頭に浮かびました。

もうすぐ新年度が始まろうとしています。約半数の子は、年長から始めて6年生まで7年間も在籍するのだそうです。この主催者のこのような言葉に興味をお持ちになった方は、2月のお試しと説明会に参加されてみてはいかがでしょうか。

一般社団法人地球の楽校 海の子森の子クラブ事務局
鎌倉市極楽寺2-13-5
Email:uminokomorinoko@gmail.com
URL : http://www.chiqnogakukou.com/

投稿者:umimoriOG
2017年2月6日レポート追加
2017年11月一部修正し更新


<海の子森の子プログラム 2008年03月23日レポート>
「子ども ひだまり広場 in 鎌倉」から名称を変更しました。

海森1 年間継続型の自然体験講座。鎌倉の海や森の中で遊びを通じて学ぶ体験プログラムを実施します。夏季は海の遊び、冬季は森の遊びに分けて活動します。指導はコソガイでもおなじみ「ヒゲさん」こと長谷川孝一さんとトレーニングを受けたスタッフ、地域の人たちがあたり、プログラムでは波乗り、スノーケリング、カヌー、ワカメ漁体験、自然観察、ビーチコーミングなどを通して、体を使って生き物のこと、環境のこと、安全に遊ぶことを学びます。活動で大切にしているのは仲間作り。子どもたちが遊びながら異年齢の他者と友好的な関係を築けるように、自然や文化に興味を持って自主的に「新たな遊び」を生み出せるように工夫されています。

海森2 テーマによってさまざまなゲストスタッフが参加するのもひだまり広場の特徴。パフォーマンスアーティスト、ビーチコーマー、ライフセーバー、漁師さんなど専門の分野を持ちながら活動する大人たちは魅力的で、一緒にいるだけで活動の幅が広がり、様々な刺激を与えてくれます。体験を通してたくましく成長する子どもたちの笑顔に出会えそうです。

 年齢で『ひろば・くらぶ(小3〜4・5〜6)』『わかば(年長〜小2)』に分かれています。詳細は直接お問い合わせください。

対象年齢:小学5・6年生(くらぶ)
対象年齢:小学3・4年生(ひろば)
対象年齢:年長〜小学2年生(わかば)
実施日:月1回、日曜日が基本
実施時間 くらぶ:9:00〜16:00 活動により変更あり
集合・解散:鎌倉駅東口改札  ※内容によって場所と時間に変更あり。


海森3問い合わせ先
鎌倉市極楽寺2-13-5 0467-24-3913
一般社団法人地球の楽校内「海の子森の子クラブ」事務局

2011年06月更新
2017年11月一部追加更新

>>体験教室・ワークショップへ戻る
>>学童保育・子どもの居場所一覧へ戻る

2017年11月12日 │ キッズ&ママの習い事  │ コメント(0)  twitterでつぶやく
yuasa001
若宮大路に面した重要景観建築物「湯浅物産館」の2階。貸衣装、美容着付け、写真のお店である鎌倉着物スタジオから、同じ場所でスタジオをもう一つ増設したとのお知らせをいただきました。

700-20170722(9)同店は築80年の建物を活かして、落ち着いた雰囲気での婚礼やお宮参り、七五三、成人式などのセレモニーに向けた正統派の和装とプロによる撮影を得意としてきました。鎌倉は秋には豊かな緑が紅葉でカラフルに色づき美しい季節を迎えますが、街は景色も楽しめないほどの大混雑となってしまいます。鎌倉着物スタジオはそんな時期でもレトロモダンな雰囲気も楽しみながら、ご家族がゆったりと着付けや撮影に臨めるようにと、今回の増設に踏み切ったのだそうです。

700-20170803新スタジオはお客様が気兼ねなく過ごせる個室のようなしつらえで赤ちゃん連れでも安心。うつくしい写真仕上がりのための特別なライティングも備え、お支度や撮影、モニターまでできるのだとか。鎌倉の中心にありながら街が混雑していても、家族で古都の落ち着きや風情をのぞめるスタジオは、家族の思い出づくりに一役買ってくれそうですね。

同店は新スタジオ増設を記念して、9月2日にレトロモダンな店内で、鎌倉アロマで知られる宮地一美先生を講師にママのキレイ応援キャンペーン「リンパで小顔!」セルフケア講座を開催するそうです。
http://kamakura-studio.blog.jp/archives/1067306576.html

20170730rinnpadekogao_0103IMG_2810
投稿者:CanCan


<鎌倉着物スタジオ  2014年08月17日レポート>

yuasa01 鶴岡八幡宮の直近、若宮大路に面した古商館・湯浅物産館。この2階に貸衣装、美容着付け、写真撮影を提供する、新発想の写真館「鎌倉着物スタジオ」ができました!
 
こちらは、以前小町アベニューで貸衣装を扱っていたプリンセスガーデン鎌倉店が、より地域に根付きたい、との思いから新たにスタートしたスタジオ。貸衣装に加え美容着付け、写真撮影も扱い、お宮参りはもとより、七五三、卒業式、婚礼、結婚記念日、長寿のお祝いなど家族のお祝いや記念日全般のサポートをするのだそうです。

1S3A0173 貸衣装店として衣裳や小物の品ぞろえだけでなく、経験豊富な美容と着付けや子どもから大人までさまざまな状況に対応するプロのカメラマンがおり、女性スタッフが子どもに声かけをしたり、あやしたり、大人の様子を気遣ったり、お支度から撮影までお祝の一日を支えます。授乳やおむつ替えスペースがあり、荷物を置かせてもらえるのもありがたいサービスです。

着物スタジオのある湯浅物産館は若宮大路でもひときわ目を引く築80年のレトロモダンな建物。鎌倉市の歴史的重要建築物です。2階部分は半円形のアーチを持つ6連の上げ下げ窓があります。中はどっしりした柱や床の間のある和室、天井から続く吹き抜けを囲んだ明るい回廊が目に入ります。洋風スタジオは段葛をのぞんでおり、やさしい日差しが入ります。できるだけ本来あるものを残したという内部の美しさ、歴史とそれを維持してきた人たちの心意気に打たれます。

3X2A0076-(667x1000) 取材時は七五三のお祝いのご家族がいました。一家全員が和装だそうです。
まずは支度が早く終わったお兄ちゃんとパパの撮影から。男同士って口数は少ないけど、心が通じあっている表情をするんですね。
次は3歳ちゃん。なんともあどけなくかわいい。笑顔を引き出そうと女性スタッフがぬいぐるみやおもちゃを使ってタイミングよく声かけをします。どうやら上手に笑顔が出たようで、本人もうれしそう。
3X2A0183
さあ、長女のお姉ちゃん。大人顔負けの彩り豊かな着物姿で登場です。カメラマンやスタッフのリードでポーズや表情を出し、一人前の「ステキな女性」という感じです。出番のない待ち時間もお支度の様子を見たり、ぬり絵やおもちゃで遊んでいたお子さんたち。お母さんの支度が整うと、いよいよ一家全員の撮影です。おすましでキメたり、一家ではじけたり。仲のよい一家が、撮影やお支度までほんとうに楽しんでいるようで、家族の姿があたたかくて美しい。

3X2A0266-(667x1000)
着物スタジオでは築80年の古商館内部でのスタジオ撮影に加え、鶴岡八幡宮から徒歩2分の立地を活かしたロケーション(屋外)撮影も行っています。セットプランでは衣裳・美容着付け・人力車・室内撮影・屋外撮影が自由に組み合わせできる仕組みで、衣裳持ち込みもOK。さらに人力車は鎌倉で高名な有風亭さんです。子どもから高齢者にも配慮したというサービスの数々は、天気や子どもの調子もカバーできそうで、きめ細やかで便利だと感心しました。

鎌倉着物スタジオ
鎌倉市雪ノ下1-9-27湯浅物産館2F
TEL:0467-25-3434
火曜定休
http://kamakura-studio.com/

投稿者:CanCan

お宮参りの記事は >>こちら
七五三ロケ撮プランの記事は >>こちら

サポーター >>写真館・貸衣装へ戻る
>>七五三特集ページへ戻る

2017年08月25日 │ ショップ&サービス | セレモニー │ コメント(0)  twitterでつぶやく
1S3A9118 石山亜衣先生がご指導される松山バレエ鎌倉校が湘南校と合併し、クラスを増設する、というお知らせをいただきました。鎌倉校は鎌倉駅前、島森書店の2階のスタジオで週5日レッスンを行い、石山先生のアツいご指導はそのままに、生徒さんは鎌倉でのレッスンの曜日の選択が広がります。

1S3A8912 松山バレエと言えば森下洋子、清水哲太郎の国際的ダンサーが率いる規模の大きなバレエ団です。来年で創立70年を迎えるのだとか。3歳からモダンダンスを始めた石山先生は中学生の時、小さい頃からの夢“バレリーナ”に一歩でも近づきたい!!と、憧れていたこのバレエ団の大船教室に入門し、クラシックバレエを始めたのだそうです。20歳で松山バレエ団員になり、たくさんの公演に出演し15年以上の舞台経験を通じて、様々な役柄を学ばれました。その間本校で約10年バレエ教師を務め、ご自身の師匠の後を引き継ぐ形で教室をリスタートされました。

現在1歳児の母でもある先生は、鎌倉校で週5日、0歳〜70歳近い方まで50名以上を教えていらっしゃいます。さまざまな生徒さんを楽しそうに教えてらっしゃるのも、少し遠回りをした先生自身の背景あってのことかもしれません。

1S3A9298 1S3A9322
取材した6月中旬は通常のレッスンの後、8月10日の発表会に向けて幼稚園児から大人までが練習していました。演目はシンデレラ。王子さまは小学校一年生の男の子。未就園児から大人までが参加します。小さな子たちに先生が振りを教えている間は、小学生たちは「ここはどうだっけ?」とお互いに話し合って練習しています。

競い合うより「みんなが舞台を作り上げていく」ことを大切にするのは松山バレエの校風なのだとか。「松山の伝統のなかで、バレエのスピリッツを伝えています」と先生はおっしゃいます。その練習の様子は「みんなが舞台を作り上げ」ている光景なのでしょう。8月の発表会は日本全国にある松山バレエ学校(教室)が集まって東京の舞台で、5日間かけて1年の成果を発表するのだそうです(1教室1日)。「他の教室の仲間の舞台を見ることは良い刺激になり、沢山のことを学び合える機会になると思います。」

1S3A9162練習では小さな子どもから大人まで相手を意識してみんなで踊っています。その間中、石山先生は生徒さんたちに声をかけ、振りを教え、ポーズを整え、自身で踊って見本を見せてと、絶え間なく指導を続けられていました。そのタフさにも感心しますが、なによりバレエが好き、子どもたちが好き、人が大好き、という先生のオーラを感じるレッスン風景でした。

松山バレエ学校 鎌倉校は発表会が終了した9月は通常レッスンです。普段通りの落ち着いた、なごやかな教室にもどるとのことです。

松山バレエ学校 鎌倉校
神奈川県鎌倉市小町1-9-3 島森ビル2F

お問合せ:松山バレエ学校事務局 03-3401-2548

2014/09/10記事作成
2017/08/24一部更新

※松山バレエ教室 鎌倉校では8月末~9月末まで入会金半額キャンペーンを実施しているそうです。


投稿者:CanCan

サポーター >>ダンス系教室へ戻る

2017年08月24日 │ キッズ&ママの習い事  │ コメント(0)  twitterでつぶやく
こんな生き物の世界でした
キッズミュージアムって?? 最近ネット検索すると出てくるキーワード。子どもが、テーマに応じた体験をするワークショップらしい。昨年から地元鎌倉でもアップされており、気になっていたので、見学してみました。

子ども達を出迎えたのは、鎌倉で15年あまり子どもの自然学校「海の子森の子クラブ」を運営する長谷川さんだ。今回は2日間のスケジュールで子ども達が参加していた。

1日目のテーマ「磯の生き物探検しよう!」

行動を観察し記録する まずはどんな生き物が暮らしているのかを観察しに行く。活動の中で出会うかもしれない危険について話し合ったら活動開始。だけれど最近の子どもたちは、外遊びをしていないから、磯のような不安定な足元には用心深く足が進まない。そんな子ども達も、カニ発見!と誰かが叫んだあたりから、どれどれと生き物探検家の顔になってきた。

しばらく子ども達の様子を見ていた長谷川さんが、生き物のさわり方のコツを伝えようと子ども達に集合をかけた。気持ちはあるのだが、見慣れないへんてこりんな生き物に手が出ない子もいるからだ。

手のひらでウニ体験例えばウニ! 見た目はその針の山でさされそうに感じる。だが手のひらにのせると痛くない。子ども達は、それで刺されるわけでは無いことがわかった。手のひらのウニを、今度は海水の中に入れてみようと子ども達を誘う。しばらくじっとしていると・・・、子ども達の顔がほぐれてきた。ウニの体をよく観ると、棘の間から無数の足が出てきて手にひっつきだした。それが規則正しく動き始め、手のひらの上を歩き始めた。「くすぐったい!」子ども達は、これまで見たことのないウニの行動を知り、他にもへんてこりんな生き物がいるはずだと、さらに目を輝かせて磯の観察を再開した。

2日目のテーマ「もっと調べてわかったことを人に伝えよう!」

生き物をじっくり観察しメモル 昨日の体験とメモを元に、今度は、屋内の落ち着いた部屋の中でじっくり取り組むワークだ。模造紙に、海岸の岩の様子を描いて、そこへ磯の生き物を描き込んでゆく。昨日の出来事を、体験したことを形にしていくワークだ。

記録と記憶をイメージに変える子どもは、自分の経験から発する自身の言葉やイメージを探し、それが湧き出てくるままに自然と手が動く。大人の援助も必要なく、大きな模造紙には、いくつもの生き物が生き生きと描き込まれていった。

この日の最後は、それぞれが表現した磯の生き物マップを他のグループの子や保護者へ伝える時間。発見と感動に彩られた、それぞれの体験をそのポスターを通して、みな誇らしく伝える事ができたようだ。

じっくり観てみる多くのキッズミュージアムが室内の体験プログラムなのに対して、地球の楽校のワークショップは、川や海といった自然の中が体験の場。そこで生き物をゲットするだけでなく、貴重な生き物との出会いを形にしていく過程を大事にしているのだ。水辺の生き物と環境という刺激的な素材が、考える力を引出し、出てきた言葉やイメージを人に伝える手段にする。自然の理解と成長支援とアートが融合したユニークなワークショップでした。

連休や夏休みなど連続して日帰り参加する。子どもが主体的に計画し日程調整ができるのが面白い。子どもの個性と好奇心を引出し、それをほぼマンツーマンで育むキッズミュージアム、この夏を利用して参加してみたはいかがでしょうか。参加要項は以下の通りです。

実施日
  • 7月17日(お試し)
  • 8月16〜18日、21〜22日
    夏休みを活用した連続の活動です。夏の水辺で自然と生き物の探検・研究ざんまい! 宿題ではない、自分がやりたい自由研究を楽しむ。
  • 9月16〜18日
    夏の生き物たちが成長し、秋の水辺はさらににぎやかになります。どのように変わるのか、みんなで観察・採集に行きます。飼育にもチャレンジ。
活動日数:各回通いで2〜3日程度。夏休みなどの長期休みを活かした活動。
活動時間:9時集合〜5時解散(予定です) ※保護者の付添はありません。
対象者 :3年生〜6年生・中学生(但し意欲のある方は学年を問いません)
クラス定員:8名程度の少人数制 
参加費 :一般参加者4千円/日(初回会費3千円※半年有効)
場所  :荒崎海岸・材木座和賀江島・滑川他
      室内活動は、鎌倉社会福祉センター・鎌倉市こども会館 など
◎お問合せ・説明会  必要に応じて随時受け付けています。

一般社団法人地球の楽校
担当:長谷川孝一
鎌倉市極楽寺2-13-5
0467-24-3913
chiqnogakukou@gmail.com
http://www.chiqnogakukou.com/

投稿者:由比ヶ浜ともこ

地球の楽校 海の子森の子プログラムの紹介記事は >>こちら


2017年07月14日 │ お知らせ・イベント  │ コメント(0)  twitterでつぶやく

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.