#8000を知っていますか?

子育て中ならお世話になった人も多いはず。これは「子ども医療電話相談」といって、クリニックなどが開いていない時間帯に「子どもが急に発熱したけど受診したほうが良いのかしら?」とか「子どもが頭をぶつけて。救急車を呼んだ方が良いか?」「けいれんを起こして、どうしたらよいか」など、判断に迷った際に、電話で看護師などの医療関係者に相談ができるシステムです。 全国同じ電話番号で、運営する都道府県の地域の相談窓口につながります。深夜にも専門家のアドバイスがもらえるので、ありがたいシステムです。

つながりにくい時もありますが、声を聞けただけで「ほっとした」という経験者もいるのではないでしょうか。運営時間は診療所が空いていない夕方から翌朝までをカバーするのが一般的で、神奈川県の場合は18:00~0:00。千葉県などは24時間365日運営しているとか。すごいですね。

では#7119はご存知でしょうか? こちらは鎌倉で使ったことがある人はほとんどいないと思います。
「急なケガや病気をしたとき、救急車を呼んだが方がいいか、今すぐに病院に行った方がいいかなど、判断に迷うことがあると思います。そんなとき、専門家からアドバイスを受けることができる電話相談窓口が救急安心センター事業(♯7119)です。

救急安心センター事業(♯7119)をもっと詳しく! | 総務省消防庁
 
総務省の全世代型医療機関案内
という事業で、年齢に関係なく赤ちゃんから高齢者までを対象としていて、救急車を呼んだ方が良いかどうかの判断や、受診可能な地域の医療機関、受診のタイミングについてまでアドバイスを行う、頼もしい仕組みです。一部の県や市町村で実施されていますが、残念ながら神奈川県で運営しているのは横浜市のみ。

横浜市の「#7119」は24時間の運営。利用者は年々増えており、電話のつながる率もものすごくがんばっているそうで98%。高齢者の救急搬送が増えているのですが、子どもの相談も多いのだとか。あったらとても安心と思える仕組みですが、「横浜市内の方が対象」(横浜市医療政策局)なのだそう……。

鎌倉市では#7119や電話での救急相談はありません。医療機関案内:0467-24-0099 が24時間対応でありますが、23時~翌9:00および土曜日9:00~18:00は音声テープによる自動対応。鎌倉市民対象です。

……横浜市の#7119、うらやましく思うのは、わたしだけ??

なお、大和、藤沢、綾瀬、座間などにも、市民限定の医療機関案内と救急電話相談の窓口があるそうです。

投稿者:CanCan

>>救急診療へ戻る


2019年12月21日 │ 医療・保健 │ コメント(0)
linkpanf-1

お墓参りの付き添いとか、スーパーへの買い物の付き添いとか、子どもの送り迎えとか。ちょっとしたことなのだけど、介護保険や障害児支援の補助や利用が使えなくって、引き受け手も見つけられなくて困ったことは、介護や子育て経験者なら「あるある」。

そんな地域のお困りごとに出向いて対応する「りんく・かまくら」は鎌倉市介護予防・日常生活支援総合事業(訪問型サービスB)として令和元年8月からスタートしました。

立ち上げたのは鎌倉市在住で社会福祉士・精神保健福祉士で認知症サポーター、障害者ガイドヘルパーでもある菅沼玲子(すがぬまれいこ)さん。菅沼さんはご家族に障害者がおり、小さなころから福祉とは近かったのだとか。とはいえ「福祉を仕事にしようとは思わなかった」そうで一般の仕事に就いた後、「やっぱり福祉の仕事は大切!」と感じ、社会福祉法人に勤務。そこでの仕事から年齢や障害の有無に関係なく、地域の人達の困りごとに対応することの必要性を実感してこの事業に行きついたのだそうです。以前は当たり前だった「助け合い」が高齢化とともに維持できなくなった地域事情や、「要介護」「障害者」といった福祉的な「支援の対象者」にならなければサービスを受けづらいことへのもどかしさも背景にあるのでしょう。

「りんく・かまくら」は「ご利用者と一緒に動き、そのほかの団体とも連携することで困っている人を支え、お困りごとを解決していきたい」という彼女の思いから、小さなサポートという10分単位で利用できるメニュー(交通費別)や1回の上限90分で買い物など外出時の同行などユニークなメニューがあります。これなら介護保険を利用するほどではない人でも「電球を変えて」とか、「お部屋の片づけを手伝って」なんてことも、親戚に手伝ってもらう感覚でお願いできそうです。

なにより菅沼さん自身が、市内の他の団体とも連携することで、身近な「サポート」をいろんな人のかかわりを使って市内のいろんな場所で実現してくれそう。令和の頼もしい助っ人になってくれそうな予感がします。

link001りんく・かまくら
鎌倉市介護予防・日常生活支援総合事業
(住民主体サービス・訪問型)
対象地域:鎌倉市内
TEL:080-2372-3821
電話受付:火~金 8:00~20:00
時間外はショートメールで
パンフレットはこちらから≫

投稿者:CanCan

>>シッター・お手伝いへ戻る
>>介護へ戻る

2019年11月14日 │ 託児・子育て支援 │ コメント(0)
鳥肉一羽、丸ごとをぐるぐる回しながら炭火で焼き上げる「フリフリチキン」。丸ごと食べるのも、手で割いてご飯の上に乗っけて食べるDONもある。そんなダイナミックなハワイアンフードを出す「KAHANA’S」は、なんと、鎌倉青果市場の駐車場にお店がある。

IMG_4528-1

オアフ島ハレイワで食べたフリフリチキンに感激して、鳥を焼く機械を作ってお店を始めてしまった店主の松本さん。飲食店経営経験ゼロ、本業は鉄鋼や精密機械製造の事務方だったのだとか。

IMG_4494-1

「このおいしさをみんなに知ってもらいたい!」と再現する機械を作る事業部を立ち上げ、KAHANA’S移動販売車でイベントでのフリフリチキン他の販売を続け、3年前にモデル店として鎌倉に店舗を開店。鳥の材質にもこだわったうえ、できるだけ現地の焼き方を再現しているのだそう。炭火の上をぐるぐる回って焼かれる鳥を見ながら屋外でプレートを食べれば、もう極上のハワイ気分! チキンのほか、BBQビーフやガーリック・シュリンプなどのメニュもあり、テイクアウトだが、店内にイートインスペースもある。配達もしてくれる(要予約)。

IMG_4496-1

カハナズ鎌倉
»https://kahanas.com/
鎌倉市梶原360 鎌倉青果地方卸売市場内
0467-38-7273
11:00~18:00
火・水曜定休
※配達の場合は要予約(前日まで)

投稿者:CanCan

>>宅配・テイクアウトへ戻る

2019年10月18日 │ 子連れで食事 │ コメント(0)
20190909-007

大船駅北口から徒歩4分のカフェ「茶るら」のイベントスペースで、9月9日、11時~14時の間、1日親子広場が開催されました。見守りスタッフのいるスペースで子供を遊ばせながら、ママはゆっくり食事やおしゃべりを思い思いに楽しめる「居場所」です。

20190909-018

当日は鎌倉市内にも大打撃を及ぼした台風15号が去った直後。電車もようやく動き出すかな、と言うところで、開催も危ぶまれましたが、1時間遅れで開場。オープン前から開店手伝いも兼ねて来ていたママとお子さんもいて、オープン1時間もすると4組ほどの親子が思い思いにくつろいでいます。

20190909-017 カフェの主催者は大迫麻子さん。大船生まれで結婚後もここに住む「大船っ子」。ご自身もお子さんがいます。子育てが一段落したら何かやりたいと考えていたのだそう。ハンドメイド作品を作りはじめ、幼稚園のバザーで売ったり委託販売したり。そんな中、横浜の戸塚にある「こまちカフェ」の存在を知ります。戸塚にある子育ての拠点となるカフェで、子連れで行けて、軽食や喫茶も楽しめて、レンタルスペースがあり、レンタルボックスでの手作り品の展示販売もしています。

「大船にも親子連れでのんびりできるスペースが欲しいな」「食事ができ、見守りがいて、町中にあるカフェだといいな」そんなふうに考えて、大迫さんは障がい者が働くカフェ「茶るら」のレンタルスペースに行きつきます。ここなら1回数時間借りて、食事もお隣の「茶るら」から取れて、親子が自由に過ごせそう。そうして、大船で子供の見守り付きカフェを始めることとなりました。

「一人でも、誰かとでも。お喋りしても、しなくても。赤ちゃんが泣いても、ママが疲れていても OK!」
大迫さんのサイトの言葉には、ママと赤ちゃんの心地の良い居場所を大船にも作りたいな、と言う想いが込められています。

20190909-005

大迫さんを中心に用具は持ち寄り、準備もみんなで。スタッフは豊かな人脈から思いに賛同した人たち ~ベテランママから、ハンドメイド友達、保育士資格を持つ人など~ 自分ができる形で参加しています。ある方はご自身のハンドメイド作品を持ってきました。カフェ開催中に展示販売するのだそうです。展示費(委託費)を払い1dayカフェに協力する形。自身の子どもが成長したので乳幼児や若いママに出会うのが楽しい、と言う方もいます。出展者も開催者も利用者も幸せな協力ができるといいな。

20190909-001

通りがかりに前回を見て、今回初めて利用したという親子は、栄区のお友達とここで再会、ゆったりおしゃべりを楽しんでいます。「子どもと2人だとしゃべらないで過ごしてしまう日もあるんです。大人とおしゃべりしたかった~」と。それ、わかります、私たちもそうだったな。台風があった日、こんな時だからたっぷりおしゃべりして、先輩ママに見守られて、安心して過ごしてほしいな、なんて思いました。

20190909-010

1day親子ひろば&カフェ@茶るらレンタルスペースは2か月に1度開催されます。サイトからご予約のうえ、ご参加ください。

1day親子ひろば&カフェ
https://ofuna-oyako.localinfo.jp/

投稿者:CanCan

Café 茶るらのレポートは>>こちら

>>1day親子ひろば&カフェ 大迫さんの詳細情報ページへ戻る
>>子育て交流へ戻る

>>鎌倉ヒト・コト物語へ戻る


2019年09月28日 │ 託児・子育て支援 │ コメント(0)
IMG_4409

史上最大級と言われた台風の爪痕はすさまじかった。
ご近所の栄光坂では斜面の1本の樹木が倒れて電線に引っかかり、そのまま5本の電柱を引きずり倒した。

痛々しい光景だったが、幸い人的被害はなかった。二階堂、台、浄妙寺でも同じようなことが起こったようで、昨日は7200軒が停電したままだった。懸命の作業で、電気は復旧したが、折れた電柱や樹木は取り除けていない場所も多い。

IMG_4411 ここ20年、鎌倉市は緑の保護に熱心だった。緑地を買い、あるいは寄付を受け付けた。古くからの地主が持つ山林も、開発されないまま残っている。しかし、地球温暖化の影響もあるのだろうか、樹木の伸びが以前より早いのだという。いずれにせよ緑地は増え、樹木はかなり成長した。そして手入れが行き届いていない。気が付けばそこかしこの斜面から、家屋を覆うように樹木が張り出している。

今回の台風で倒れたのは、そんな住宅地の近くに生える大きめの樹木だった。街が成熟し、手入れができる人材も少なくなった。所有者が不明な緑地も多い。このまま何もせずに放置すれば、いつかまた来る未曽有の事態では、更なる被害が出てしまう気がしてならない。
景観や緑地の保護より、その管理を考え、暮らしを守ることを優先する時期に来たのだと思う。

投稿者:CanCan

2019年09月12日 │ 防犯・防災 │ コメント(0)

Copyright ©  コソガイ all rights reserved.