写真真智子NY戸外

久々に届いた小澤真智子さんからの便りには、4月に鎌倉と東京で開催するコンサートについて記されていました。鎌倉生まれ、鎌倉育ち、日本と英国、アメリカでヴァイオリンを学び、NY在住の小澤さんと私たちコソガイのスタッフとの付き合いはかれこれ9年。鎌倉の人々や子どもたちに音楽を届けたい、と折に触れ鎌倉の子どもたちと交流し、きらら鎌倉や建長寺でのコンサートを開く彼女と、私たちも交流を深めてきました。

今回のコンサートは東京・横浜と鎌倉で異なるプログラムだそうです。東京横浜ではアメリカ人作曲家のガーシュインやバーンスタインの楽曲を取り上げ、「ニューヨークらしさ」を発信します。鎌倉での演奏は、タンゴ・ギタリストのアダム・タリー氏との共演。日本ではなかなか聞けないタンゴの曲目が並びます。真智子さんのタイトでスタイリッシュな演奏も、タリーさんの甘く切ないギターの音も、聴衆を仰天させたタップバイオリン(タップを踊りながらバイオリンを弾く小澤さん独自のパフォーマンス)も、はじけそうな予感がしてワクワクします。

IMG_3117 あれはもう4年も前になるでしょうか。小澤真智子さんのコンサートの直前、彼女の婚約者でピアニストのオクタビオ・ブルネッティさんの訃報を受けました。オクタビオさんはアルゼンチン出身。同国NO1タンゴ・ピアニストでニューヨークに住み、演奏で世界中をまわっていました。気さくなお人柄と情熱的、圧倒的な演奏は知られており、小澤さんとの素晴らしい共演は私たちに深い深い印象を与えていました。2人のコンビは日本の私たちにもおなじみで、今回の日本公演は婚約発表になるね、と楽しみにしていたものでした。

aIMG_2832亡くなられたのはコンサートの前日。当日サントリーホールでは、オクタビオの写真(私が撮影した)を前に、真智子さん自身の讃美歌演奏と悲しい報告で幕を開けました。婚約発表が聞けるな、と思って来た聴衆の前で、彼女はオクタビオの編曲によるピアソラ(アルゼンチンの作曲家)の楽曲を弾き切り、思いをささげて、喝さいを受けました。それは小澤さんの素晴らしい演奏への称賛とオクタビオを悼む、美しくて切ない拍手となりました。

それから数年間、彼女の周りでは、時間はゆっくり流れていました。一時ワシントンDCに居を移しましたが、またニューヨークに戻り、1年以上たってようやくコンサート活動も再開。日本でも演奏しています。オクタビオとのあれだけの圧倒的なタンゴのプログラム、情熱的で豊かなサウンドというわけにはいかないなか、共演者にも恵まれて、少し変化したスタイリッシュなパフォーマンスを見せて、私たちをホッとさせました。

真智子写真IN飛 NY 2017年ソロアルバム「MACHIKO OZAWA MI OBLIVION」をニューヨークでリリース。タイトルにあるOBLIBIONはピアソラの人気の曲で「忘却」という意味です。「音楽は私の人生。オクタビオとの何かを残したい」との思いから作ったアルバムで、逆説的な言葉を選んだ小澤さん。強く、しなやかなサウンドに切なさがにじみます。昨夏にはこのアルバムが評価され、ジャズのライブハウスとして屈指のニューヨークブルーノートでの演奏も果たしました。CDよりはダウンロードが主流のアメリカで、先週このアルバムは全米ダウンロード数一位になったとの知らせも届きました。

IMG_2772 ゆっくりと前を向いて動き出した小澤真智子さん。
鎌倉では、彼女とオクタビオとともにNYでタンゴを奏でた仲間であるギタリスト、アダム・タリー氏との再会・共演となります。曲目はタンゴ・タンゴ・タンゴ。「どっぷり」と熱い厚いパフォーマンスになりそうです。

投稿者:CanCan

小澤真智子コンサート 旅するヴァイオリン『南・北アメリカへ』

リーフレットはこちら(pdfファイル)≫

【南・北アメリカの旅】 小澤真智子(ヴァイオリン)、霜浦陽子(ピアノ)
NYを拠点として21年。ガーシュイン,バーンスタインからピアソラまで、南北アメリカを行き来して演奏する小澤の軌跡をプログラムで!

4月21日(日)
横浜美術館 レクチャーホール
14:00 4,000円(全席自由)

4月23日(木)
スタンウェイサロン東京・松尾ホール(2回公演)
14:00 4,000円(全席自由)
19:00 4,000円(全席自由)
【どっぷりと!タンゴの旅】 小澤真智子(ヴァイオリン)、アダム・タリー (ギター)
NYで5年間「インポルタンゴ」の共演仲間だった小澤とTully。今春、NYとアルゼンチンから来日し、鎌倉で5年ぶりの再会&共演!

4月27日(土)
鎌倉芸術館 集会室
19:00 4,000円(全席自由)

4月28日(日)
妙法寺(苔寺) 鎌倉市大町4-7-4
14:00 4,000円(全席自由)
チケット:MOミュージック(0467-44-1443)
イープラス https://eplus.jp/
プログラムはリーフレットをご参照ください。


2019年03月25日 │ お知らせ・イベント │ コメント(0)
s-003

「きらら鎌倉」こと鎌倉生涯学習センターは、平成30年12月28日から全館休館になりました。耐震診断で強度不足が見つかったことを受けて平成32年6月まで休館の予定とのことで、現在、改修に向けての調査を行っているのだとか。

1981年に竣工した同館は、鎌倉駅東口から徒歩2分の交通至便の場所にあります。ガラスを多用しながらすっきりした外観、広いロビーやエレベーターなどを有し、館内には大小の集会室ほか、ホール、音楽室、美術室、展示室、授乳室、1階にはカフェ、インフォーメーションカウンターまであり、まさに子どもから高齢者まで、一日で30団体以上が利用可能な市民活動のための開放的で集約的な施設で、利用希望者も多く長期の休館なしで約38年開館し続けてきました。

s-004 今回の休館で4月まで入っていた予約はすべて利用不可となりました。利用団体には代替え施設としてそのほかの生涯学習センターや町内会館の名前が知らせされたものの、優先的に振替ができるわけではなさそうです。ホールは近場に同じ規模の施設がないため、鎌倉から離れて隣市の施設を考えざるを得ない状況。早いところはチケット販売も始めていたようで、振替もたいへんそうです。

s-007 経年を考えて、やがては地震に強い建物として建て替えも…との話がちらほらと聞こえてはいたものの、やはり相当急な決定だったようです。平成32年6月再開もあくまで予定。改修にかかる期間も経費もよく見えない状態のようです。ロープに貼られた休館を告げるお知らせが風になびく光景は、なかなかさびしい。使えなくなって改めてその存在の大きさを感じました。

投稿者:CanCan


<鎌倉生涯学習センター(きらら鎌倉) 2008年02月14日レポート>
耐震強度の問題のため、2018年12月28日に閉鎖しました。
詳しくは鎌倉市のページへ。
>>http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/gakusyuc/kyuukann2.html

鎌倉駅東口徒歩3分、若宮大路沿い。ホール、ギャラリー、集会室、和室、音楽室などを持つ文化施設。各設備は有料で借りることができ、コンサートや演劇公演、各種発表会などが催される。
ホールの多目的トイレにベビーチェア・ベビーシート。授乳には別室を借りられる。来場者用の駐車場はない。

住所:鎌倉市小町1-10-5
電話:0467-25-2030
開館時間:9:00-22:00
地図などは>>鎌倉市のページ(削除されています)

gakusyu

>>図書館・生涯学習センターへ戻る

2019年01月29日 │ おでかけ・まち歩き │ コメント(0)
IMG_3107 昨年11月に竣工した「由比ガ浜こどもセンター」。4階建ての建物には、子育てアドバイザーが常駐し親子が過ごせるフリースペース「子育て支援センター」や鎌倉市立由比ガ浜保育園があるほか、3階には放課後デイサービスと児童発達支援の施設が設置されています。

集団写真 児童発達支援? 聞いたことあるような言葉の組み合わせですが内容はあまり知られていないかもしれません。知的障害、心身障害、重度心身障害児、発達障害やその可能性のある未就学の児童などを対象とした早期の療育(療養と教育)のための通所型サービスをさします。障害児向けの幼稚園のような、あるいは塾のような、未就学の障害児に向けた福祉の通所サービスです。

由比ガ浜こどもセンターではADDS Kids1st鎌倉(エー・ディー・ディー・エス キッズファーストかまくら)が運営を行っています。

IMG_3113 ここでは利用者の安全性の確保のため、建物内に入る際はインターフォンで対応してもらうことが必要です。エレベーターで3階へ。そこには障害児に対応したバリアフリーのフロアに、広いフローリングの活動スペースとかわいい椅子のある個室がいくつか。ADDSは、早期の療育の開始は児童の可能性を広げるという考えから、応用行動分析の研究成果に基づいた独自のプログラムをこちらで実施しています。児童発達支援として子どもの特性を把握して「できること」を増やしていくのです。

ぺあすく写真 週5日(火~土)の営業で、個別指導は1コマ1時間20分。受講時間からは幼稚園というより、集中型の個別塾という感じなのかもしれません。このプログラムでは子どもの特性把握のためのチェック項目は630!にものぼるそうです。様々な角度から子どもの特性やできることとできないこと、強みまでも見通してトレーニングを行い、親子でのコミュニケーションの取り方などを指導するのだとか。暮らしの中での育ちを大切に、1家庭に1セラピストがついての週1回の保護者ともどもの学び「ぺあすく」も用意されています。

もともと発達障害やその可能性のある子ども向けに開発されたプログラムのようですが、多様な子どもたちに応用可能だそうで、バリアフリーの建物を活かして肢体不自由児、重度の心身障害児童も受け入れているとのことです。

IMG_3116 今回インタビューに応じてくれたのはADDSの竹内さんと鎌倉担当の小菅さんです。竹内さんは学生時代のアルバイトで発達障害のある子どもとその母親とかかわりを持ったことをきっかけとして、発達障害や応用行動分析の研究の道に進み、障害児支援の先進であるアメリカのメソッドなどにも触れ、NPO法人を立ち上げて研究成果に基づくプログラムの実践を積み重ねてきたのだそうです。長年、学校図書室司書をされていた小菅さんは、校内でトラブルが多い発達に心配のある子たちの支援をしたいと模索するうちにADDSの療育プログラムに出あい、指導員者になったのだそうです。

ADDS Kids1st鎌倉は1~6歳(未就学児)の発達障害あるいはその可能性がある児童、重症心身障害・肢体不自由がある児童・医療的ケアが必要な児童を対象としています。利用料は児童発達支援利用料と保護者向けのテキスト代(だいたい月数千円程度、詳しくはお問い合わせを)のみ。落ち着きがない、感情の起伏が激しいなど集団になじみにくい子どもの存在が話題になることが多い昨今、児童発達支援の制度が整い、リーゾナブルな料金で早期にこうした施設を活用できるのは、特別な支援を必要とする子どもと親の「子育て」や親の育ちの助けになります。ADDS Kids1stへの見学や相談希望の場合は、事前にコンタクトをとることをおすすめします。

由比ガ浜こどもセンターの同じフロアにはこの児童発達支援事業ADDSの他に「ミライエ」の運営する放課後等デイサービス(障害児の放課後や長期休暇中の学童保育)も設置されています。双方のコラボによって連続性のある障害児サポートが期待できそうです。

児童発達支援ADDS Kids1st鎌倉
鎌倉市由比ガ浜3-11-48 由比ガ浜こどもセンター3階
対象:1~6歳(未就学児)の発達障害あるいはその可能性がある児童、重症心身障害・肢体不自由がある児童
定員:10人
交通:送迎あり(市内)
利用料:児童発達支援利用料とテキスト代
(だいたい月数千円程度、詳しくはお問い合わせください。)
Tel.0467-61-6615

投稿者:CanCan

>>療育教室へ戻る
>>子育てサポート事業へ戻る

uasa 7月28、29日に開催した伊東雅江展。28日は台風が上陸するというアクシデントもありましたが、雨や猛暑にもかかわらず、2日間で120人以上の方にご来場いただきました。皆様に心より感謝いたします。

また、会場に設置した募金箱には、25,000円寄せていただきました。古い建物を守るための基金に寄付させていただきます。みなさまのご協力に、心より感謝いたします。

7月29日 鎌倉・まちの記憶を伝える会&鎌倉子育てガイド

投稿者:CanCan


<伊東雅江 「鎌倉のステキな情景」絵画展 2018年07月22日レポート>
bunngakukan
明治・大正・昭和の建物や、地形、人々の風俗をテーマに、ファンタスティックな画風で「町の記憶を伝える」画家、伊東雅江さん。絵本「鎌倉まちのいろは」や鎌倉のカレンダーを通して、ちょっと昔から伝わる建物や暮らし、風物詩を素敵な絵と文章で紹介しています。実は私たち「鎌倉子育てガイド」と伊東雅江さんで「ちょっと昔の鎌倉」を紹介するいくつかの展覧会を開催もしています。現場に幾度も通い、人を取材し、歴史資料を集め活かして丹念に描かれた絵画の数々。今回は景観重要建築物である湯浅物産館(昭和11年築)の1階のカフェ、2階の写真スタジオでそれらを展示し、皆さまに紹介します。この機会に「まちを良く知る」絵画家・伊東雅江さんの作品と、「湯浅物産館」内部を、あわせてご覧ください。

【概要】伊東雅江 画の鎌倉市景観重要建築物(レトロモダンな建物)や鎌倉の猫ハチのシリーズの絵画を展示
地図(湯浅物産館)期間:平成30年7月28日(土)~29日(日) 
10~17時
場所:湯浅物産館 1階カフェ「久時」
2階 鎌倉着物スタジオ(0467-25-3434)
鎌倉市雪ノ下1-9-27
入場:無料(カフェでの飲食は有料)
主催:鎌倉・まちの記憶を伝える会&鎌倉子育てガイド
お問い合わせ:鎌倉着物スタジオ(0467-25-3434)
または staff@kosogai.com

enodenIMG_20180630_0007IMG_20180630_0003
投稿者:CanCan

2018年07月31日 │ お知らせ・イベント │ コメント(0)
1S3A3812

大船駅、北鎌倉駅から徒歩20分、鎌倉市台にある「たまっこルーム」は0歳~小学生を預かり保育する届出保育施設です。専任保育士の玉井先生は、もともと横浜市で自身の子育て中に、近所の方から頼まれて託児をすることに。やがて小学生を中心に自宅で預かり保育を続けて15年になるのだとか。5年前にご自身の実家だった北鎌倉のお家に引っ越すと、一室を保育専用に改装して一時保育のたまっこルームをオープンしました。

1S3A3802 2か月の赤ちゃんから小学生まで、日によって変動はあるものの、毎日だいたい4名ほどが「たまっこルーム」で過ごすのだそうです。少人数の予約制。利用される方は保護者の病気や仕事や家事やリフレッシュなど様々。玉井先生が主に保育にあたり、お手伝いの保育士さんや自宅で仕事をすることが多いご主人さまも助手を務めるそうです。

ご近所さんから頼まれて保育を始めた経緯もあり、保護者のニーズもあるため、たまっこルームは一時保育のスタンスをとっており、必要があれば、土日祝日でも対応されています。ユニークなのは利用に際して「回数券」があること。一時保育のチケット。複数回利用すると、子どもも馴染むし、利用料的に少しお得になるわけですね。

1S3A3861 保育室はこだわりの杉材を使用しており、子どもたちが好きそうなオモチャが選ばれて置かれています。緑に囲まれた庭は、安心して外遊びできるようにご主人さまお手製の「ひよけ」や「ミスト」も設置されています。その先にはちいさな畑や鎌倉の台の緑。

子どもたちは、顔ぶれに変動がある中でも、部屋でお気に入りのおもちゃで遊んだり、庭で水遊びをしたり、乗り物に乗ったり。ゆったりおだやかに過ごしている様子は、まるで親戚のおじさんおばさんのおうちにいる、という感じだからなのかもしれません。「時々、おおきくなったご利用のお子さんが訪ねてきてくれるんです」と玉井先生もうれしそうにお話しくださいます。

北鎌倉の緑の中の一時保育の場所。たまっこルームはそんなアットホームな雰囲気の保育室でした。

たまっこルーム(届け出保育施設)
鎌倉市台4-18-31
070-5022-6087
一時預かり保育 864円/時間(税込)
回数券、月極め定額保育もあり。

※ご利用にあたって、詳細はご自身でお確かめください。

投稿者:CanCan

>>一時保育へ戻る
>>学童保育・子どもの居場所一覧へ戻る


Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.