annzen1

子どもたちの下校の安全が心配されるようになって久しい。鎌倉では授業中の学校の門の前に守衛が立ち、放課後は小学校の先生による下校指導がある。子どもたちは指導のもと方向別にひと固まりになって帰り、それを地域の人たちが見守るという活動がかれこれ15年以上も続いている。

始まりは2001年に起こった「池田小学校事件」。大阪府池田市にある大阪教育大附属池田小学校に刃物を持った暴漢が入り、放課後学校で過ごしていた子どもたちを無差別に殺傷したというもの。鎌倉の公立小学校では安全を配慮して直後から放課後下校指導をはじめ、登校から下校時間まで守衛が学校の前に立つようになった。放課後の子どもたちは学校で過ごすことなく直ちに下校する。その下校の通学路の見守り活動が15年以上たった今も鎌倉では継続されている。

anzen2 交差点の近くやバス通りに地域の人たちが立ついわゆる「見守り隊」や、犬の散歩時間を登下校に合わせることで見守る「わんわんパトロール」、子ども110番の家など、見守り活動は地域の事情に合わせて様々。なかでも城廻ことぶき会の活動はユニークだ。学校周辺に人家の少ない場所があるというので、要所に会員が見守りに立ち、時に学童の登下校に合わせて一緒に歩くというもの。もともと高齢者の交流の会でグラウンドゴルフや美化パトロールなども行っていたが、地域の子どものためにさらに活動を広げ、高齢者だけではなく地域の子どもとのかかわりができ、多世代交流にもつながっている。「ムリなく自発的に行うのがコツ」と代表の鈴木さんは言う。この地域力って素直にスゴイ!と思う。

一方で幼稚園・保育園のお迎え、学童の保育や通院、家事やPTAや地域活動と母親の負担は増えている。働く母親の増加も見逃せない。鎌倉に限らず、下の子の幼稚園や保育園のお迎えと上の子の帰り時間との板挟み、仕事やPTA活動やおうちの用事などと子どもの保育との板挟みになって困惑する親子も少なくない。ムカシみたいに保護者や見守りがいなくても勝手に子どもだけで遊んで過ごすことが安全とは言えなくなっている昨今、下校してからでないと(一度、家に帰らないと)校庭では遊べない鎌倉の学童のために、放課後、独自の配慮をする小学校もあると聞いた。

44777c739b5934a15553763f72836155_ss 市内のある学校ではPTA活動等で保護者が下校後時に家で子どもを迎えられない場合に関しては、学校に残ることができるのだという。学区が広く、校庭で遊ぼうと思ってもいったん家に帰ってからでは戻ってこられない子どもへの配慮がきっかけだったのだとか。もちろん利用に際しては保護者と担任の先生が連絡を取って確認し、他の子どもと区別をつけるための印をつける、親がお迎えに来るなどの細かな決まりがある。けれども放課後の子どもが先生たちがいる学校で過ごし、保護者の帰りを待てるのはありがたい配慮だ。この取り組みは市内の一部の小学校で独自に行われている。

池田小学校の事件以来、鎌倉では守衛が配置され、下校指導が行われている。この方式は安全への配慮は手厚いものの、放課後は子どもたちが学校で過ごすことができにくくなるという状況をも作った。放課後の先生と子どものなにげない会話や、子ども同士のおしゃべりの機会。縦割りのドッチボールや手つなぎ鬼。私たちが子どものころ当たり前に過ごした放課後の学校でのキラキラした時間は、今の鎌倉の子どもたちにはない。

65903bd23007ed791bbbb05bfde7a6bf_s 来年度から「放課後かまくらっ子」という取り組みが始まる。こうした施策は子どもの家・子ども会館の指定管理による運営という視点でのみ語られることが多く、市外の業者が運営する予定のところも少なくない。運営者の選考では、運営の規模を大きく設定したり、地域の活動に経営的な実績を求めたり。せっかくの地域活動を評価して、共に育つ心意気が見えにくい。放課後の子どもたちの安全や健やかな育ちを目指している施策。それは大切だと思うが、結果的にその「方向や配慮」が利用者や地域には伝わりにくい。

子どもたちの通学を見守る地域力がある鎌倉なのだから、地域の人たちが放課後、校庭や体育館で過ごす子どもを見守る上手な仕組みができそうなのに。もったいないなあ、と思う。子どもをはぐくむ地域の力を行政も支え、もう一度、子どもも、施策も地域も、ともに育ってほしいと心から願った。

投稿者:CanCan

2018年02月06日 │ 小学校・学童保育 | 防犯・防災 │ コメント(0)  twitterでつぶやく
1S3A5890 ベビーマッサージ(ファーストサイン体験)講座
寒い季節。オシャレで暖かい室内で、ベビー&ママでプチおでかけして、ゆったり楽しみたい。そんな親子のために、ベビーマッサージや赤ちゃんのサインの体験講座を開催します! 講師はロイヤルセラピスト協会認定の教室Lilium三角麻里子先生。ご自身も4人の子どもの母です。

場所は鎌倉着物スタジオ。鎌倉駅から徒歩4分。若宮大路に面する築80年の瀟洒な古商館を改築した2階、レトロでステキな雰囲気の空間を、同店のご厚意により使わせていただけることになりました。

1S3A5922 安心な場所でゆったりして、ママたちの「困った」を「みんなおんなじなんだ」という楽しい「あるある」感へ変え、親子のよりよいコミュニケーションのお手伝いをしたいな、と思っています。

map_l 日時 :2月19日(月) 10:00〜12:00
場所 :鎌倉着物スタジオ
 鎌倉市雪ノ下1-9-27 湯浅物産館2F
参加費:2000円/1組
対象 :2か月〜7か月くらいのベビーとママ
持ち物:バスタオル、おでかけセット
申込 :TEL:0467-25-3434(鎌倉着物スタジオ)
 Eメール:staff@kosogai.com(コソガイ)
 催し名、氏名、こどもの月齢、電話番号、メールアドレスを添えて。
主催:鎌倉子育てガイド / 後援:鎌倉市 / 協力:Lilium 鎌倉着物スタジオ

投稿者:CanCan


<2015年冬のベビマ講座終了 2015年12月17日レポート>

コソガイのベビーマッサージ講座、今回も三角先生をお招きし、鎌倉着物スタジオさんの瀟洒な空間を利用させていただき、無事終了しました。お天気が良く、冬とは思えないほど暖かな一日、「ちょうどよいお出かけになりました」と参加くださったベビちゃんとママたち。お目にかかれて幸せなぬくもりがじわっと伝わりました。

1S3A3402 1S3A3390 1S3A3393
1S3A3399 1S3A3380
1S3A3373皆さまありがとうございました。今回参加できなかったママ&ベビちゃん、また次の機会にお目にかかりましょう!

2015年12月16日 講座開催
2015年12月17日 レポート

<春のベビマ講座終了 2015年3月19日レポート>

1S3A7399 無事終了しました。春の穏やかであたたかいひと時となりました。ありがとうございました。
<ベビーマッサージ講座 2015年3月11日レポート>

1S3A5890 春めいてきたけど、ピクニックにはまだ寒い。オシャレで暖かい室内で、ベビーやママ仲間とゆったり講座を楽しむプチおでかけしたい!

そんな親子のために、ベビーマッサージや赤ちゃんのサインの体験講座を開催します。講師はロイヤルセラピスト協会認定の教室Lilium三角麻里子先生。ご自身も4人の子どもの母です。

場所は鎌倉着物スタジオ。鎌倉駅から徒歩4分。若宮大路に面する築80年の瀟洒な古商館を改築した2階、レトロでステキな雰囲気の空間を、同店のご厚意により使わせていただけることになりました。

1S3A5922 安心な場所でゆったりして、ママたちの「困った」を「みんなおんなじなんだ」という楽しい「あるある」感へ変え、親子のよりよいコミュニケーションのお手伝いをしたいな、と思っています。

日時 :3月18日(水) 10:00〜12:00
場所 :鎌倉着物スタジオ 鎌倉市雪ノ下1-9-27 湯浅物産館2F
参加費:2000円/1組
対象 :2か月〜7か月くらいのベビーとママ
持ち物:バスタオル、おでかけセット
申込 :0467-25-3434(鎌倉着物スタジオ)
 またはEメール staff☆kosogai.com、☆を@に変えて(コソガイ)
 3/15受付開始。催し名、氏名、こどもの月齢、電話番号、メールアドレスを教えてください。
主催:鎌倉子育てガイド / 後援:鎌倉市 / 協力:Lilium 鎌倉着物スタジオ

※2月に行ったのと同じ単発の講座です。前回はあいにくの悪天候のため参加できない方もいらしたので、急遽追加して開催することにしました。

投稿者:CanCan


<Lilium「ファーストサイン」 2012年12月20日レポート>

「ファーストサイン」こんな言葉を聞かれたことはありますか?
ロイヤルセラピスト協会が提唱する、7-8ヶ月頃から言葉でのコミュニケーションができる前の赤ちゃんを対象にした、ジェスチャーを使ったコミュニケーションスキルのことだとか。
鎌倉でこの「ファーストサイン」のお教室を開かれている方があると聞いて見学させていただきました。

DSC01747お伺いしたのは、レイウェル鎌倉で行われていた「ファーストサイン」2回目。講師は、ロイヤルセラピスト協会認定講師の三角麻里子(みかどまりこ)さん、参加者は8ヶ月から1歳過ぎの赤ちゃんとそのママの5組の親子でした。

自己紹介に続き「はじまるよ」の手遊び歌で親子の緊張をほぐした後から、レクチャー開始です。最初は、絵本について。絵本の読み聞かせがもたらす効果、絵本を選ぶ際のアドバイス等がありました。

DSC01677 そして「こぶたぬきつねこ」の手遊びを全員でやり気分を変えた後に、いよいよ「ファーストサイン」のレクチャーです。教材の絵を示しつつ三角さんが見本を示してゆきます。イヌ・ネコなどの動物のサインを中心に習った後は即実践、手遊び歌や簡単なゲームを通して、サインを試していきます。学び使う。それを楽しみながら行っている親子の姿が印象的でした。

講師の三角さんは、幼稚園児から小学生までの4人のお子さんのママ。ご自身の体験から、赤ちゃんの笑顔には、まずはママが笑顔でいることが大事と痛感され、そのお手伝いがしたいとセラピストの資格を取られたとか。ご自身の一連の講座でも「ママにリラックスしてもらう場所を提供する」これを最も大事に考えておられるそうです。

DSC01691実際に見学をして驚いたのは、人見知りが始まる時期の赤ちゃん達ばかりなのに、みんな終始ニコニコ穏やかに自由に遊んでいたことです。ママ達は…とみれば、皆さん柔らかい表情で隣のママと話をしたり、わが子を見守っていたり。「ファーストサイン」をきっかけとして、三角さんが伝えたい「笑顔の親子コミュニケーション」を実感した一コマでした。

DSC01754 今回は「ファーストサイン」の講座でしたが、普段はベビーマッサージのレクチャーがメインで、「小さな月齢の赤ちゃんとの場だから、できるだけ病気をもらわない環境で」との配慮から、講師自宅(希望者には大船駅までの無料送迎あり)での少人数での講座や出張等で実施されています。その他、スキンケアの講座や、各種セラピストの養成(子連れ受講可能)も行っておられるとか。

子育て経験豊富で頼りになる先輩ママとしても慕われている三角さんです。

RTA指定スクールLilium
 講師:三角麻里子(みかどまりこ) ロイヤルセラピスト協会認定講師

<ベビー系教室>

ベビーマッサージ(2ヶ月〜1歳頃まで対象)(2回コース4500円)

ファーストサイン(6ヶ月〜1歳半頃まで対象)(3回コース8025円)

ベビースキンケア(2ヶ月〜3歳まで対象)(1回1000円)

出張レッスン(お一人様〜グループレッスン有、参加人数によって費用が変わります)


<セラピスト養成講座(インストラクター養成)>

ベビーマッサージセラピスト、ファーストサインセラピスト、ベビースキンケアセラピストの各セラビストの養成講座あり

※完全マンツーマン授業
※お子様同伴での受講が可能
※ご自宅までの出張授業可能(別途交通費)

具体的な内容・開催日時・場所等詳細は、HPへ。http://lilium.babymilk.jp/
教室専用電話:0467-67-1622
携帯:090-8039-5337

投稿者:りんだ

※レイウェルが閉鎖になってからは自宅教室でベビーマッサージやサイン、子供同伴で受講できるセラピスト養成講座をメインに活動されています。(2014年1月追記)

 サポーター >>産後ママ&ベビー教室へ戻る

「森のくまさん」は今も布おむつを集める活動されているのですか? 記事が古いようで、連絡を取るのに不安があります。そんなご質問をコソガイの利用者の方からいただきました。

そういえば森のくまさんと近頃コンタクトを取っていなかったな〜、今でも活動を変わりなく続けてらっしゃるのかしら?、と、おそるおそる連絡してみました。電話口から「やあ、かわりないですよ」と朗らかな声がきこえます。森のくまさんこと、落合さんです。布おむつを集め、仲間とともに仕分けして福祉施設に送る活動は健在で、楽しんでやってるご様子が伝わります。

「掲載頂いてから、全国の方からの問い合わせが有り、北は北海道から沖縄まで、鎌倉こそがいを見ましたとメールを頂いています!本当に、とても有難く感謝で一杯です(*^_^*) 今、現在でも活動を続けています。寄付が途切れず続くので助かっています」 と、ウレシイご報告もいただきました。

全国から布おむつが名古屋にわたり、そこから仕分けの手を経て、遠い福祉施設にまでわたり、また役に立っているなんて、ステキなこと。ありがたい活動ですね。というわけで、この記事↓まだお役に立てそうです。初めて活動に出会った時の?や応援したいな、という私たち自身の気持ちも大切に、この追記とともに古い記事を一部更新して掲載も続けますね。(2018年1月追記)

「森のくまさん」という方から2010年の12月、コソガイの掲示板に「布おむつをください」と書き込みをいただきました。…そのふしぎな書き込みのココロは?ということで、森のくまさんに連絡させていただきました。

森のくまさんは愛知県で「布おむつのリサイクル」の活動を数名のお手伝いの人とともに12年あまり(2018年現在20年です)している落合さんとおっしゃる方です。おむつとして十分使えるものは熊本や広島の乳児院(熊本は、あの全国に先駆けた「赤ちゃんポスト」の取り組みをする八代乳児院です)に寄付し、それ以外のものは愛知や三重の老人ホームなどでおむつ交換時のおしりふき用として老人ホームに寄付するのだとか。落合さんはこのリサイクルのため布おむつの集荷、仕分け、配送など中継の役割を引き受けているようです。送る第一の先が乳児院、それも障害のあるお子さんもいる施設なので、布おむつを使用しているそうです。ですから活動では布おむつを優先的に集めていますが、年々布おむつは集めにくくなっているので、ちょっと遠方の鎌倉の掲示板に登場されたようです。

コソガイとは特別な関係があるわけではありませんが、落合さんからは何度か書き込みいただきました。あまりインターネットにお詳しいわけではないようで、同じ布おむつ募集の呼びかけでした。ありがたいことに、鎌倉で布おむつをお持ちで心ある方から、複数の反応をいただいたようです。

施設からの手紙4森のくまさん側で施設に直接お届けくださった方からのお礼の手紙も今回、画像でお送りいただきました。皆さんにお見せしたいとのお気持ちからのようですが、プライバシーの問題もあるので、コソガイとしては直接すべての内容を掲載はできません。掲示板では画像は紹介できませんし、皆さまには同じ書き込みは避けるようお願いしています。そんなわけで森のくまさんの布おむつ募集の呼びかけは、掲示板での書き込みという形ではこれ以上はご遠慮いただき、こちらのコソガイレポートで紹介する次第です♪

でも遠い愛知県で、必要としている施設に布おむつを中心とした必需品を送る活動は続けていらっしゃいます。布おむつ以外の子育て用品も受け付けて、乳児院に送ることもある、とうかがっています。たしかに乳児院ではいろんなものが必要でしょうからね。

この活動に「協力しても良いよ」という方がいらっしゃったら、「森のくまさん」=落合さんに直接メールで連絡してくださると助かります。私たちが間に入るとややこしくなりますが、不要なものが遠い地で、また使われて誰かの役に立つというのは、ステキな気持になれますから。

森のくまさんの連絡先はこちら。≫ masakana.mogura314★r3.dion.ne.jp
★を@に置き替えてメールしてください。

森のくまさんが地元で出しているチラシ↓
(連絡先の電話番号はここでは記載しません。2018.1更新)



kumamori2 募集しています kumamori

kumamori3 布おしめ(使用されたのでもかまいません) kumamori3

5歳未満の子供たちに職員が一生懸命にスキンシップをしていますが、財政面など職員の手が足りません。
そこで、極力紙おしめは避け,おしめを交換するときに少しでもふれ合うように!という施設の気持ちから

そこでお願いです.子供を1回でも抱っこする手段の布おしめを、お譲りいただけませんか?
施設では、沢山の布おむつ、おむつカバー、おねしょシーツを使っています。


赤ちゃんポスト八代乳児院、広島乳児院は布おしめでがんばっています.
nyujiinbaby-1
●おむつカバー、トレーニングパンツ、成型オムツ、布おむつ、紙おむつ、おねしょシーツ
●哺乳瓶、ベビー布団、ベビーラック、ベビーカーA型・B型、ベビーベット、子供服(160cm迄)
●おもちゃ、粉ミルク、ベビー用品等、消耗品(何でも構いません!)お願いします。

少しでも、捨てられる、ベビー用品が施設の子供達に役立てられています。
是非、保育園等、お友達にもご協力頂ければ嬉しく思います。

メール(★を@に置き替えて)
masakana.mogura314★r3.dion.ne.jp baby-2

記事作成 2011年11月
一部更新 2013年07月
追記更新 2018年01月

投稿者:CanCan

2018年01月29日 │ 託児・子育て支援  │ コメント(0)  twitterでつぶやく
zz20170928-s-tokotoko007

今日は用事があるのだけど、子どもの具合が悪くて出かけられないかもしれない…。多くのママが、そんな困った状態を体験したことがあるでしょう。

病児保育は風邪や感染症などで保育園や学校にいけない子どもを預かり、健康管理をしながら保育する施設です。昨年夏、鎌倉市内の由比ガ浜通り沿いのビルに「病児保育室トコトコ」がオープンしました。鎌倉市が設置し、運営は「かまくらファミリークリニック」が行います。同クリニックは「病児保育室トコトコ」から徒歩2分。栗原先生が院長で子どもから大人までを総合的に見る診療所です。

zz20170928-s-tokotoko013 病児保育室トコトコは定員4名。生後6か月〜小学校6年生までの児童が対象です。月〜金曜日の8:30〜18:00まで保育をし、一日2,500円。医療機関が運営する施設とあって一般的な風邪や感染症の病児は対象ですが、麻疹、流行性結膜炎、外来感染症のお子さんは対象外だそうです。

利用のためには前日までに医療機関で受診し、利用連絡票に記載してもらう必要があります(利用連絡票のフォームはトコトコまたは市のサイトからダウンロードできます)。
予約は前日10:00〜当日7:30までにトコトコのインターネットのサイトから行います。

取材時では保育士と看護師が見守る中、数名のお子さんがおだやかに過ごしていました。施設には遊んだり、食事をする部屋や安静室、簡易キッチンなどがあります。一見、普通の保育スペースですが、消毒剤と強力そうな空気清浄機が目につきます。お昼過ぎには軽やかな足取りでドクターが現れ、子どもたちの健康状態をチェックしていかれます。

市が設置するサービスということもあって手続きが少し煩雑ですし、持ち物や準備も必要です。けれども、リーズナブルな価格で病気の子どもを医療機関が手厚く預かってくれることは、子育ての大きな安心につながりそうです。

zz20170928-s-tokotoko002 かまくらファミリークリニック病児保育室トコトコ
鎌倉市由比ガ浜2-6-20-202
0467-38-9009
http://www.tokotoko-kamafami.com/

投稿者:CanCan

>>一時保育へ戻る


2018年01月22日 │ 託児・子育て支援  │ コメント(0)  twitterでつぶやく
nandemojuku
「鎌倉なんでも塾」は、子供や大人、地域に住むさまざまな人がおいしいものを食べながらともにひとときを過ごす居場所事業です。
2016年12月に「こども食堂をやりたい」「多世代交流の場をつくりたい」「週に1回は残業したい」という思いを持った玉縄地区に住む3人のワーキングマザーが立ち上げたもので、コソガイもサポートを行っています。

2017年度は、神奈川県社会福祉協議会の地域福祉活動支援事業の交付を受けながら、公共施設の会議室などを利用して、平日夜や週末などに月3回程度、定例会を実施しています。小学生の参加者をボランティアの大人がサポートしながら一緒に過ごすスタイルで、参加者は宿題やプリントといった勉強、工作などの遊び、読書や読み聞かせ、カードゲーム、日によっては調理実習など、いろんなことをしてのびのびすごしています。また、みんなで一緒にいただく軽食は地域に住む家庭料理のプロの手によるもので、子どもも大人も大好きです。これが食べたくてリピーターになっている人もたくさんいます。

このほか、長期休暇時には野外活動や子供向けインターネット講習、地域のNPOらとともに地域の歴史を学んだり、高齢者との交流を行ったりしています。今後も地域のニーズを見ながら活動に幅を持たせていきたいそうです。

鎌倉なんでも塾
Facebookページ https://www.facebook.com/kamakuranandemojuku/

投稿者:くるまん


Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.