学校では、文房具や体育着など使う物がたくさんあります。
2月頃に各校で行われる説明会で、入学に向けて必要なものについては説明がありますが、ある程度分かっていると便利なので、ご紹介します。

今回は市内のある学校での説明会で、入学準備品としてお話があったものを基準にしています。学校によってプリントを用意しているところも、お話だけのところもあり、また購入を勧められる時期も「入学前に」のところもあれば、「入学してから」のところもあり、違いも多々あります。
入学する小学校に確認してから準備してくださいね。
【入学前に用意するもの】

IMG_0810IMG_7320
  • ランドセル(かばんでも可だが出来るだけ背負えるタイプのもの。透明ビニールカバーをつけると、入学時にもらう黄色いカバーが破れにくくおすすめ)
  • 上履き
  • 筆箱(最初は箱タイプがおすすめ)
  • 鉛筆(数本、2Bが主流)
  • 赤鉛筆
  • 消しゴム
  • のり (先端がスポンジのもの、スティックのりなどが手が汚れずおすすめ)
  • はさみ
  • 折り紙(折り紙ケースに入れると紙が折れない)
  • セロハンテープ(小さいカット台つきのものが使いやすい)
  • 下敷き
  • 油性のサインペン(学校で使う配布物や持ち物の名前が消えた時に自分で名前を書いたりする)
  • 色鉛筆(12色のものが主流)
  • クレヨンまたはクレパス(12色のものが主流)
  • 体操服袋(巾着袋など)
  • 上履き袋(同上)
  • 防災頭巾
  • 防災頭巾カバー(椅子の背にひっかけられるような形、学校によってかなり異なります)
  • ハンカチケース(ハンカチとティッシュを入れる小さいポーチ状のケース)
体操服を入れる袋や、上履き袋、ハンカチケースは説明会の資料には書いてありませんでしたが、必須ではないがあると便利なものという扱いのようです。
【学校で購入できるもの】

IMG_2756IMG_8308
  • 給食用白衣(着脱のしやすい前開きのものがベスト)
  • 給食用帽子(三角巾ではなく、白い布製の帽子。100円ショップにもあり)
  • 給食用マスク(布製の子供用マスク。スクールマスクという名前で、100円ショップやドラッグストアにある)
  • 給食袋(巾着袋)
  • 紅白帽
  • 体操服(上は白、下は紺のハーフパンツ)
  • 鍵盤ハーモニカ(おさがりユーザー向けに吹き口だけの販売も)
  • 絵の具セット(12色の水彩絵の具と筆数本、水入れ、パレットなどがセットになったもの。白はすぐなくなるので、スペアを買っておくと急に子どもに言われたときにあわてない)
  • クレパス
  • 道具箱(机の引き出し代わりに利用。サイズが合わないとうまく使えないので注意)
  • 粘土(油粘土。プラスチックのケースにしまう)
  • 粘土板(プラスチックの薄い板。机の上にこれを敷き、粘土が直接机につかないようにする)
ノート、連絡帳、連絡袋は学校で一括購入します。
学校で購入せず、自分で市販品を用意しても問題ありません。

【体操服、給食用一式について】
学校指定のお店の注文用紙が説明会で配られ、その用紙に記入して、各自そのお店に買いにいく形もあれば、学校で業者が販売する形もあるようで、学校によって様々です。
持ち物には名前を書きます。「絵の具なら、本体、キャップ、箱、ふたとそれぞれ記名しないと、なくした時に見つかりにくいので全てのパーツに記名を」と、説明会の時に念を押されました。ジャンパーやハンカチなど、紛失しがちなものも忘れずに。

幼稚園の時に比べ、持ち物の選び方に特に指定はなくかなり自由な印象で、逆に迷ったりもします。「バトルえんぴつ(バトルゲームのサイコロとして使える絵柄つきの鉛筆)は禁止になった」「のりは手を汚さないタイプが多い」「折り紙は100均で売っているケースに入れると便利」など、同じ学校に通う先輩ママにアドバイスをもらえると、かなり分かりやすいですね。

ヨーカドーや西友、ミスターマックス、事務キチなど、学用品の品ぞろえが豊富な大型スーパーや量販店で買ったものを使っている子どももいます。使う期間や頻度の少ないものは、100円&300円ショップグッズをみんなうまく活用しているようです。

幼稚園、保育園で使っていた品やおさがりなど、手持ちのものが使えれば、新しく購入しなくてもかまいません。

ハンカチケースは説明会でふれる学校もあります。ハンカチとポケットティッシュが入るサイズのポーチ状の外付けポケットで上部に紐などを利用してスナップつきクリップをつけ、それでズボンのポケットに挟みます。

IMG_0800防災頭巾カバーは、防災頭巾を入れておくキルティング地のもので、普段は椅子の背に引っ掛けて使います。

既製品は大手スーパーの学用品売り場などにおいてあります。手作りをする方のために簡単な構造と寸法を書いた紙が説明会で配られる学校もあるようです。

手作りがいいけれど自分で作れない場合は、手芸店でのオーダーメイドという手もあります。オーダーをお願いするお店で生地を買い、作業代を別途支払う形が多いです。こどもと一緒に生地を選び、袋ものと同じ柄でそろえるのも楽しいですね。

>>通園通学グッズのページはこちら

また、障害児者福祉施設の虹の子作業所では、好きな布を持ち込めば作業代のみで希望の品を作ってくれます。入学記念に社会貢献もすてきですね。

投稿者:くるまん

>>鎌倉の小学校へ戻る

MdM_photo2-2年末年始には募金活動を目にすることが多くなります。クリスマスや歳末助け合いがよく知られていますが、今回は世界の医療団というフランスに本部をもつ認定NPO法人から、サポートと活動紹介のお話がありました。私たちから遠い国々でも確かに医療支援を展開する同NPOの仕事を、より多くの方に理解いただけたらと、コソガイでもご紹介します。

MdM_photo1-1「世界の医療団」は支援を必要とする世界中の国に医療・衛生分野の専門スタッフを派遣し、人道支援に取り組む国際NGOで、それぞれの地域の環境やニーズに合わせて多様な支援プロジェクトを実施しているのだそうです。紛争や自然災害等の緊急時の対応だけでなく、現地の医療システムの構築など中長期の支援を得意として、国籍、人種、民族、思想、宗教等のあらゆる壁を越えて、世界で最も弱い立場にある人々に支援をしているそうです。

今回はラオスでの活動。同国は東南アジア内陸部に位置し、タイ、ベトナム、中国、カンボジア、ミャンマーに囲まれた小さな国です。

「世界の医療団は、2012年から南部チャンパサック県スクマ郡とムンラパモク郡で『ラオス小児医療プロジェクト』を実施しています。

MdM_photo3-3ラオスでは、5歳未満の子どもたちの死亡率が周辺国と比べて高く、医療基盤が整備されていれば治療可能な下痢や肺炎などで、助かるはずの命が失われている状況がありました。その背景には、特に農村部において、住民の健康や衛生についての意識の低さ、経済的な理由による医療の未受診、また、医療スタッフの知識や経験の不足、などの問題があったのです。

このような問題に対して世界の医療団は、①医療スタッフを育成すること、②健康についての住民の意識を変えるための啓発をすること、③5歳未満児への医療費無料化政策を支援すること、④医療施設の設備や器具などを整備すること、の4つを柱にして活動を続けてきました。
その結果、2012年には地域の5歳未満の子どもたちのうち約4〜5人に1人(延べ人数)しか外来を受診できなかったのに対し、2015年10月末時点で1人1回は外来を利用できています。(現地保健局データより)これはとても大きな成果です。

5歳未満の子どもたちが医療を受けることは、病気にかかりやすいこの時期を生き抜き、将来にわたって丈夫な身体をつくるうえで大きな意味を持ちます。子どもたちの健康を守ることは、将来、この国を担う人材を育むことであり、ラオスという国の未来を支えることなのです。」

世界の医療団は各国政府の外交政策に左右されることなく支援活動を続けるために、国連、各国政府など公的機関からの援助を35%以下に制限し、「中立性」を担保しているのだそうです。世界情勢が騒然として、支援のつもりが仇となることもありうる昨今、地道で息の長い、地域の「人」を育てる活動は重要で、だからこそ冷静に配慮して行われているのだ、と感じます。遠く離れた地に居ながら未来に向けて世界中の人々とつながるために、こうした「顔の見える、人とつながるプロジェクト」を支える大切さを感じました。

※世界の医療団へは同サイトからクレジットカードで寄付ができます。

認定NPO法人 世界の医療団(メドゥサン・デュ・モンド ジャポン)
住所:東京都港区東麻布2-6-10麻布善波ビル2F
電話:03-3585-6436
Email:info@mdm.or.jp
URL:http://www.mdm.or.jp

投稿者:CanCan

2016年01月21日 │ 医療・保健 │ コメント(0)│ トラックバック(0)
1S3A3064 2015年10月、鶴ヶ岡八幡宮近くのメーカーズシャツ鎌倉の隣、さかい内科・胃腸科クリニック2階に、子どもからお年寄りまで利用できる「鎌倉よしみ鍼灸院」が開院しました。鍼灸は鍼(はり)や灸(きゅう)で体のツボを刺激し、体が本来もっている自然治癒力を高める伝統医学に基づいた診療方法です。鍼灸師は学校で学び国家試験に合格して資格を有しています。

1S3A2997 院長の小田良実先生は、長年鎌倉市社会福祉協議会でソーシャルワーカーとして様々な世代の人たちと関わってきた、まさに相談のスペシャリスト。その小田先生が仕事の傍ら針きゅうの学校に通い、さらに専門の先生について研修し、このたびの鍼灸院開設となりました。これからは相談に加えて、よしみ先生の手を使い、利用者さんを鍼・灸・マッサージで心身ともに癒して下さいます。

1S3A2992 取材の日は、運動で少々疲れている5歳の息子を連れての来院。よしみ先生に初めて会う息子も先生の話術であっという間にリラックスモード。まずは息子から施術して頂きました。小児鍼は、刺さない鍼で治療します。

よしみ先生の右手に和菓子を食べる際に使う黒文字のような鍼を隠し持ち、全身を撫でるように触れていきます。頭のてっぺんから撫でられ、息子もとても気持ちがよさそうでした。お腹を擦りながらハリをほぐし、膝下の脇は胃に通じているため、胃の調子が悪い時は特にこの箇所を擦り、風邪の時には背中や首の後ろ側を擦ると効果があるそうです。個人差もありますが、子どもは効きやすいため、施術時間は様子を見ながら15〜30分で終わります。

1S3A3056 続いて、私も専用の着衣に着替えて施術体験。ベッドに仰向けになると、よしみ先生の手がお腹の上に。腹部に手を当て臓器の状態を見ることで身体の悪い部分を探っていきます。その後は、人生初の鍼体験。その日の私は背中が痛くて仕方がなかったため、背中に通じる手の部分に刺してもらいました。痛みは全くなく、鍼が体内に入ると、ズーンと波状の響きが伝わってきます。よしみ先生はこの「響き」を大切にされているそうで、利用者の状態や反応を見ながら響きの程度も変え、体に極端な負担をかけずに治療していきます。

1S3A3031 通常メニューは、身体の状態に応じて、鍼・灸・マッサージを使い分け、全身を治療していくスタンダード治療(約70分7,500円)、あんま指圧マッサージを60分した後、状態に応じて、鍼・灸を使い全身を治療するトータルケア治療(約120分12,900円)、スタンダード治療に加え、顔全体のむくみ、たるみ、しわ、コリを治療するスペシャル美容鍼灸(約120分12,900円)、複合的理学療法といわれるリンパ浮腫の治療マッサージとセルフマッサージの方法を指導する医療リンパドナレージ治療(約90〜150分9,700円〜16,200円症状によって時間・料金変わります)、子どもを対象とした刺さない鍼で全身を治療する小児はり(約15〜30分3,000円)、つらい部分だけの鍼・灸治療のここだけ治療(約30分3,200円但し一度スタンダード治療を受けた方に限定)。そして、健康・介護・福祉などの相談を受ける健康福祉相談(約30分3,200円その後は30分毎に1,000円)があり、保険診療ではないものの相談してコースを選べます。

状態が悪い場合は間隔を空けずに集中的に治療し、しばらく来なくて済むようにするのがよしみ流。1週間以内の来院の場合には料金も安く設定されています。

院内での治療の他、子どもたちへの鍼灸マッサージ講座などもやっているそうです。「地域に愛される鍼灸院になる」。よしみ先生の腕は勿論のこと、人柄にもひかれる鍼灸院でした。

yoshimi よしみ鍼灸院
鎌倉市雪ノ下3-1-32-201
(さかい内科・胃腸科クリニック2階)
0467-95-9871(予約制)
email:443oda@gmail.com
休診…水・日・祝日 [P]
※保険診療ではありません。

投稿者:まめ子

サポーター >>美容院・マッサージへ戻る

1S3A0631鎌倉駅から徒歩3分。鎌倉雪ノ下教会はプロテスタントの教会です。100年近く前の1917年(大正6年)、カルヴァンの流れをくむ日本基督教会の牧師や信徒が、宗教改革の記念の日に鎌倉大町で家庭礼拝を開いたのが始まりだそうです。その数年後に日本基督鎌倉教会として現在の御成小学校前に教会堂を建設し、海外で学ばれた日本人の牧師のもと教会としての歴史を重ねました。

s礼拝堂DSC_2832-14戦争直前の1941年、プロテスタント諸派が合同して日本基督教団を作り、日本基督教会もこれに参加します。同年、現在の場所(鎌倉市小町2丁目)に移りましたが、1945年終戦直前に強制疎開の命により教会を取り壊さなければならなくなりました。戦後同じ場所に新会堂を建設し、1984年に現在の会堂に建てかえ、今にいたります。現在は子育て世代の4人の牧師によって伝道が続けられています。

1S3A0617 鎌倉の若宮大路付近にはカトリック雪ノ下教会と日本基督教団鎌倉教会があり混同しやすいのですが、ここ鎌倉雪ノ下教会は駅から最も近く、多数の信徒が所属する規模の大きな教会です。「日本らしい寺院を意識して設計された」と言う建物はエンジの石材で覆われ、頂の銀色の十字架も脇のステンドグラスも含めて風景に溶け込んで落ち着いて見えます。

1S3A0625 内部は礼拝堂を始め大小の集会室までタイルと木をふんだんに使い、場所によっては障子を配した、どこか和風で清楚なたたずまいです。ことに300人以上収容できる礼拝堂には3階部分に見事なパイプオルガンが設置されて、正面中央の一段高い木の床の上に木の説教台と机が配され、幾何学的な天井の模様は天窓まで続きます。色彩を押さえたタイルの壁と光の差しこむ窓からは、威圧するのではなく包み込む雰囲気が感じられます。パイプオルガンはオーストリアのマルティン・プリューガーの製作によるものだそうだです。

1S3A0647 玄関ホールは側面奥に大きな木製のテーブルが置かれ、礼拝や行事のない日中は窓から入る光が心地よいこの場所で信徒さんがお茶をしたり昼食を取られたりするのだそうです。「近所の方が気兼ねなくお入りいただけたら」と受付担当の方はおっしゃいます。半地下の大集会室では、日曜の礼拝後に多くの方が食事をともにされるのだそうです。

1S3A0639 その一角が区切られて、ちいさくてかわいい子ども用の机といす、おもちゃが置かれています。日曜日の教会学校の幼稚科で使われるのだそう。月1回開かれる「つぼみの会」は信徒であるなしにかかわらず参加できる親子向けの集まりで、その際には机や椅子は移動し、広いスペースを親子の場所として使っているそうです。大人向けにも誰でも参加できるバイブルカフェなどがあり、オープンで多様なサロン的集いからも、信徒や牧師から感じられる気取らないおだやかな様子からも、地域や多世代の交流をとても大切にされた、人々が集い祝福に満ちた居場所であるのを感じました。

1S3A0629 <小礼拝>毎週日曜日 8:30~9:30(毎月第1日曜日は9:45まで)

<主礼拝>毎週日曜日 10:15~11:30(毎月第1日曜日は11:45まで)

<週日聖餐礼拝(ウイークデイの礼拝)>第4木曜日 11:15~12:00

<集会>バイブルカフェ(洗礼を受けてない方の会)第2金曜日 10:00~11:30
    つぼみの会(0歳からの親子の会)第1金曜日 10:00~11:30

<宗教行事>復活祭、クリスマスなど

※教会は祈りの場です。訪問、見学、行事への参加、結婚式のお申し込み、お問合せ等は、どうぞそのことをご理解の上でお願いいたします。

日本キリスト教団鎌倉雪ノ下教会
 鎌倉市小町2-15-36 0467-23-0652

投稿者:CanCan

>>お参りへ戻る

出産で一番変わったのは「家族の行事」に「参加する」側から「企画する」側になったことです。『子連れ外出』と『大人の接待』という真逆の要素をクリアするのは思いのほか難しく、たくさん失敗してきました。

023700-525 第1子出産後、夜泣きの子供につきあって寝不足でフラフラしながらお宮参りをしたのが、私の「家族の行事」企画デビューでした。お宮参りのお作法や実際にお参りする神社のチェック、お宮参り着の手配、同行する義両親や夫の日程調整だけで手いっぱい。お宮参り後の会食までは思い至らず、ご祈祷後にあわてて入れるお店を探しました。

013319-400 夏の週末の鎌倉にはなかなか空いているところはなく、夏の日差しと久々の外出で母子ともにクラクラしはじめたため、結局実家近くのファミレスに立ち寄ることになりました。一張羅を着てファミレスか…とも思いましたが、入ってみると、子連れのお客さんが多く、おむつ替えシートがあったり、角のソファー席に眠ってしまった子供をおろせたりと、意外とくつろげることが判明。

以来、「観光シーズンの鎌倉は混む」を教訓に、紅葉シーズンと重なった次男のお宮参りや長男の七五三は、まだ車も人もすいている受付開始直後を狙ってご祈祷→モーニング時間帯のファミレスでブランチ、というのが、我が家の定番コースになりました。

しかし、次男の七五三の時には「鎌倉らしいところで会食したい!」と一念発起。お参りする神社近くのお店をリサーチ、いいな、と思う和食のお店を見つけました。9月初めに連絡したところ、すでに七五三シーズンの週末は満席。急遽空きのある少し早めの時期に皆の予定を組み直し予約を入れました。こじんまりしたお店だったからだと思いますが、ハイシーズンの鎌倉は早めの行動が大事だなと感じました。

093455 七五三当日、いつものように朝一番で受付し10時半頃にご祈祷を終え、鳩に餌をあげたら予約の時間にちょうどいいかな…と予想していましたが、少し早い時期だったせいか、9時過ぎにはご祈祷終了。鳩にたくさん餌をあげても時間が余り、結局、会食前に近くの喫茶店でお茶をすることに。drink_melonsoda571落ち着いた雰囲気の和食店で大人たちがゆっくり食事をしていても子供達があまり騒がなかったのは、喫茶店でクリームソーダを飲んで満足していたからなのかもしれません。

計画通りに行かなくても深く考えず、最後は「これもいい思い出ですね!」と断言して締めくくることが「家族の行事」で一番大切なことのような気がしています。

また、鎌倉で暮らしていると、遠方の親戚との「観光も交えた会食」をアレンジする機会もあります。その場合、ゲストのイメージする「鎌倉」への期待にも応えたい…と勝手に張り切ってしまい「子連れ外出」ということも忘れて店選びをした結果、素敵な雰囲気を台無しにしてしまう、という失敗もやってしまいがちです。

shitsuke_hysteria600 これは、他のお客さんやお店の人のみならず、叱られ倒す子供たちやその状況に気を使うゲスト、そんなお店を選んだ自己嫌悪に苛まれる自分と、居合わせた全員に被害がおよぶパターンです。

いくらお絵かきセットや絵本、ミニカーなどを用意し準備万端で臨んでも、普段と違う雰囲気にのまれた子供たちは、騒ぎ出したりトイレに行きそびれたりと、こちらの想定を超えてくることもしばしば。

そういう苦い経験を重ねるうち「法事をよくやるお店」が候補にあがることが多くなりました。個室、子供メニュー、丁寧な食事、バリアフリー、寺社仏閣の近くと、条件が揃っています。そもそも法事は「家族の行事」の原風景。赤ちゃんからお年寄りまで幅広い層が参加する懐の広い一大イベントです。当たり前といえば当たり前ですね…。

何が起こるかわからないのが子連れ外出です。無策で迷惑かけまくり、注意を受けてもなんのその、「だから少子化になるのよ」なんていうのは考えものですが…。「やれることはやった」上で、たいへんな目にあっている方たちにはぜひ、先述の「これもいい思い出!」と心の中で断言して、どんどん「家族の行事」を企画していってもらいたいものです。

138414-600
投稿者:くるまん

コソガイの「セレモニーメニュー」はこちら


Copyright ©  コソガイ all rights reserved.