1S3A2979

若宮通りに面した湯浅物産館。築80年、鎌倉市重要景観建築物の一番奥、バザールのようなざわめきのある絨毯屋といなり寿司屋の後ろに、そのコーヒー店はあります。

1S3A2981創業時からあるガラス窓を通して優しい光が差し込む店内。ハンドドリップで入れたコーヒーの芳醇な香りが漂い、小さな中庭では80年前の燈篭の脇で新緑が芽吹いています。ゆったりした時間が流れるカフェ久時は、この建物を守り続けている湯浅さん親子と、支える近隣のスタッフが運営しています。

IMG_3239 ホール係も務める湯浅トキさんは湯浅物産館の名物「おかあさん」。人懐こい笑顔と気持ちの良さで土産物店だったころから店に立ち続けています。
「もともと湯浅物産館は貝細工で成功した先々代が建てたものです。大正時代、先々代は鎌倉の土産物として貝殻を美しく加工した置物などを考案しました。製造、販売し、観光客はもとより、全国の海の近くの土産物店にも卸し、商いを広げました。創業からしばらくして関東大震災が起こり、鎌倉も大打撃を受けました。鶴岡八幡宮の太鼓橋も崩落するほどの激震だったそうです。それを目の当たりにした先々代は『地震に強い建物を建てたい』と、横浜まで大工を伴って通い、震災で残った建築物をお手本にして震災の10年後に湯浅物産館を作ったのです」

IMG_3228この建物は外壁が青緑のモダンなレンガ。通りに面した1階は大きな窓を持つ木製の引き戸、2階部分は美しい6連のアーチ形の窓を持つ洋風、後ろは和風、建物の中心に吹き抜けを配し、天井から直接光を取り込むユニークな和洋折衷型です。建物のいたるところに大正モダンの心意気が生きているようです。たくさんの木製の柱と、明るさを保つためのガラス窓の多用。しなやかで頑丈だけど手のかかる建物を4代にわたる湯浅家の女性陣が土産物商売を続けて維持してきました。

3代目に当たるトキさんのご主人がなくなられた4年前、迷った末にトキさんと息子の弘邦さんは建物を耐震補強することを決断し、一部をテナントに貸しだし、この湯浅物産館を未来に伝えることにしました。木製の柱を間引いて鉄骨に入れ替える作業は、見た目に変化はほとんどありませんでしたが大規模で緻密。通りに面した壁のレンガや木製の看板まで「もと通り」再現され、地元の清興建設が施工した工事は「耐震改修優秀建築・貢献者表彰」を受けました。2階には雰囲気を活かす写真スタジオが入り、オーナーの湯浅さんご家族は、鎌倉のその「古くて新しい」建物の一番奥でカフェを始めることになりました。

1S3A2982 土産物店だったとはいえ、飲食業は初めて。ご家族は数え切れないほどのテストを繰り返して、おいしいハンドドリップのコーヒーとランチのお店 カフェ久時として今年で4年目を迎えました。お店の入り口は4段ほどの段差はありますが、ホール係の女性陣がお子様からご高齢者までをあたたかく迎えてくれます。もちろんベビーカーでもOKです。

1S3A1345 キッチンは息子さんである 弘邦さんが担当しています。新鮮な鎌倉野菜をふんだんに使い、ガツンとボリュームあるおいしいハンバーグやカレーを提供。その懐かしいけどオシャレなこと。
子どものころ待ち遠しかったメニュを、ここでもう一度「み~つけた♪」って感じ。それは、古くて新しい湯浅物産館と似通っている気がします。

1S3A2060 スイーツもセンス良く、見た目以上にたっぷりで香り高いハンドドリップのコーヒーともよく合います。ご近所さんや人力車の有風亭・青木さんも通うほど。親切だけどそっとしてくれる「鎌倉らしい人との距離感」があるからでしょうか。もちろん観光の方も立ち寄っていかれます。

1S3A2980 壁にはアクセントのように美しい貝細工の飾りがあり、天井を見あげると太い梁の奥に当時の電線まで残されている店内。わざとらしいレトロではありませんが、街の喧騒から離れて、鎌倉のちょっと昔にタイムスリップしたような、ほっとできるスペース。オリジナルコーヒー豆の量り売りやテイクアウト、お土産チョコもあります。

カフェ久時(ひさき) 湯浅物産館
鎌倉市雪ノ下1-9-27 湯浅物産館
0467-84-9692
無休(臨時休店あり)

投稿者:CanCan

>>子連れOKのレストランへ戻る


2018年05月20日 │ 子連れで食事 │ コメント(0)
1S3A0936

モノレールの西鎌倉駅から徒歩7分。住宅地の中にある瀟洒な学校のような作りの西鎌倉子ども会館は、長年児童の遊び場として親しまれてきました。同館は西鎌倉小学校の学童保育施設「にしかまくら子どもの家」を併設していましたが、H29年8月より子どもの家の機能が西鎌倉小学校の敷地内に移されたことにより、小学生の利用率が激減。そのため、現在は、小学生向けのイベントを増やしつつ、より多くの子どもたちが利用できるように、部屋の使用を変えたり、乳幼児が親子で楽しめるイベントなども開催されています。

1S3A0930 会館の運営は、にしかまくら子どもの家の移転に伴い、㈱シダックス大新東ヒューマンサービス(図書館運営、学校給食業務など公共施設や自治体向けのサービスの受託を数多く展開)が市の指定管理者制度による指定を受けて行っています。この他にも、いまいずみ子どもの家、岩瀬子ども会館を担っていて、6月からは放課後子どもひろばふかさわ、ふかさわ子どもの家を、12月からは放課後子どもひろばせきや、せきや子どもの家も運営することになっているそうです。

1S3A0921 室内は、1階には板張りでボール遊びも出来る広々とした吹き抜けのプレイルームがあり、子どもを自由に遊ばせつつ、ママ同士でおしゃべりをしたり、子育ての先輩であるスタッフと話をすることも出来ます。また、学校が終われば小学生たちが雨の日でも気にせず身体を動かせる空間にもなっています。

2階には図書室と和室があり、図書室には今まで椅子と机を置き、児童向けの本を充実させていましたが、乳幼児も安心して利用できるようにイスと机を階段上の踊り場に移動させ、床をカーペット敷きにし、ボールプールやおもちゃ、絵本などを増やしたそうです。

1S3A0912 図書室では主に月に2回ほど絵本の読み聞かせや歌・手遊びなどが行われています。取材の日は、5組の親子の参加でしたが、スタッフの方々と一緒に和気あいあいとアットホームな雰囲気で楽しんでいました。同じく2階の和室は16畳ほどの広さがあり、今までは子どもの家のスペースでしたが、現在は常時利用者に開放され、週1回は産後のママのボディケアや赤ちゃんとの絆を深めるベビービクスなどが開かれています。和室ではお昼やおやつなどの飲食も出来るそうです。

この他、月に一度の子育て中のママたち親子の自由なおしゃべり場「すくすく親子広場」や小学生の子どもたちには、子ども工作教室やディズニー短編アニメ、日本昔話、童話などの「16ミリ子ども映画上映会」なども開かれています。
近隣には駐車場がなく、車での来館は出来ませんが、お天気の良い日に自転車やベビーカーでお散歩がてら利用してみるとよさそうです。

今年度から始まる「放課後かまくらっ子」の取り組みにより、小学生は放課後一度家に帰らなくても校庭や体育館などで過ごすことが出来るようになっていく中、子ども会館のあり方も、乳幼児の子育て支援の場として、不登校児のたまり場として、中学生の居場所として、子どもという枠を外した地域の多世代サロンとしてなど改めて考えていかなければならない時に来ているのかもしれません。

※イベントの開催日、開催内容などの詳細は、
http://kmspot.kids.coocan.jp/jyouhou.htm#koshigoe
へ(かまくら子育てメディアスポット<地域別イベント>講座・イベント新着情報を参照)

投稿者:CanCan


<西鎌倉子ども会館 2008年02月14日レポート>

モノレール西鎌倉駅からほど近い住宅地の中にある瀟洒な2階建ての建物。プレイルームは1階にあり天井が高くおしゃれな雰囲気で広々。2階にある図書室には机といすのほかソファーもあり室内は明るい。

住所:鎌倉市津西1-16-36
電話:0467-32-8637

西鎌子ども1西鎌子ども2西鎌子ども3
西鎌子ども4
西鎌倉小児童対象の学童施設、「にしかまくら子どもの家」併設。子どもの家部分は落ち着いた雰囲気。小学校からは住宅地沿いの道を通って徒歩15分ぐらい。

(←子どもの家専用スペース。子ども会館の2階部分)


※「にしかまくら子どもの家」は平成29年8月より西鎌倉小の敷地内に移転しました。

>>西鎌倉子ども会館の詳細情報ページへ戻る
>>子ども会館・子育て支援センターへ戻る

1S3A9952


先日は、市内初の病児保育施設「病児保育室トコトコ」をご紹介しました。子どもが病気の時に頼れる施設ですよね。今回はもう一つ、心強いサービスをご紹介します。

1S3A9958 「かまくら病児保育」は病児を訪問で保育するサービスです。鎌倉在住で自らも子育て中のママ、佐藤まゆ子さんが始めました。こちらでは訪問保育(子どもの自宅での保育)だけではなく、送迎や預かり保育(佐藤さんの自宅での保育)、代理受診(病児の受診の付き添い)も行います。

特に「お迎え&お預かり保育」は、子どもの急病や熱などの際、保護者からの連絡をもとに病児保育士が子どもを迎えに行き、かかりつけのクリニックなどに連れていって受診の付き添いをし、ママの帰宅まで保育士宅での保育を行います。子どもが保育園や学童保育に行ったけど、「熱があるから至急お迎えに来てください」と連絡が入って、「すぐ帰れない、どうしよう」と慌てた経験があるママも多いはず。そんな時にかまくら病児保育は保護者に代わって子どもの面倒を見てくれる、ありがた~いサービスです。

病児保育施設(病児保育室トコトコなど)は、送迎は保護者が行うある程度安定した病状の子どもを預かる施設ですが、かまくら病児保育は事前の面談や登録が必要なものの、「病児」の手前の「突然の子どもの体調不良」にも寄りそうサービスと言えそうです。

かまくら病児保育の佐藤さんは大阪やアメリカのシアトルで幼稚園教諭を長年務められました。ご自身の子育て中、まわりのお母さんの一番の不安が、こどもの突然の病気の対応にあると気が付きました。そこに何とか寄り添いたいと「病児保育士」の資格を取って「かまくら病児保育」をスタートさせたのです。病児保育士は国家資格ではありませんが、保育サービスを展開するNPOフローレンスが、児童の保育にかかわる人向けに病児対応の専門のトレーニングを提供し、受講者に資格を付与する仕組みです。

1S3A9956 保育面から医療につながるまでを的確に対応し、受診後は医療の指導に基づき、保護者が迎えに来るまで子どもの様子に合った保育提供をします。佐藤さんはこの「認定病児保育スペシャリスト」として病児だけではなく、保護者の用事や保護者自身の病気の際の保育にも対応しています。もちろん元気な子どもの保育でもOKだそうです。協力医療機関はかまくらファミリークリニック、さかい内科・胃腸科クリニック、鎌倉皮膚科クリニック。まさに地域のお母さんの声から生まれ、そのニーズに寄り添ったサービスです。

利用には、保育園のように保護者の就業や居住場所等の条件はありませんが、送迎の関係で鎌倉市内の利用者がほとんどなのだとか。また学校、病院、既往症などを記入する事前登録をお願いしているそうです。確かに保育は保護者との信頼と、子どもとのコミュニケーションが大切です。そのための登録ですが、いざという時の「保険」のように「お試し保育」「慣らし保育」として事前に利用する方や、病児ではなく保護者の用事などでの利用者も多いというのもうなずけます。

「命を預かっているということを常に心がけています」と言う佐藤さん。その優しく、しっかりした保育はママの安心につながって、口コミで広がり、登録者も増えているそうです。

card2 かまくら病児保育
佐藤まゆ子 認定病児保育スペシャリスト、幼稚園教諭、保育士
080-3108-2829
sittermayu@gmail.com
https://peraichi.com/landing_pages/view/sittermayu

対象:1歳~小学校6年生
保育対象:一般的な風邪症状、麻疹を除く感染症(インフルエンザ、ウィルス性胃腸炎など)を含む病児・病後児(要相談)
保育料:2時間3,500円~  以降1800円/時間
対応基本時間:平日9~18時(時間外対応は相談・同料金)
登録料:無料
※詳細は直接お問い合わせを。

2018.05.25 一部更新

投稿者:CanCan

>>一時保育へ戻る

2018年05月11日 │ 託児・子育て支援 │ コメント(0)
rythme01 梶原にある野村総合研究所跡地近くの閑静な住宅地に、アロマサロン「rythme」があります。「rythme」はフランス語でリズム・調和の意味。アロマテラピー発祥の地であるフランスへの思いと、アロマを通じて沢山の人が自分の身体のリズムに耳を傾け、自然と調和し、心身のバランスを整えてほしいとの願いが込められています。

リトム部屋のベッドの写真 主宰の光成佳世さんは二児の母。ご主人の仕事の関係で海外での出産、子育てを経験し、その想像以上の大変さから日本にいた時以上に家族の健康について考えるようになったそうです。そんな中、アロマテラピーと出会い、メディカルアロマとして深く学び始め、その効力を実感し、今度は家族だけでなくより多くの方に、とりわけ自分のことを後回しにしがちなママたちを応援したいという熱い思いで、2010年から自宅の1階部分にサロンを立ち上げました。サロンのお部屋は漆喰の壁に無垢の床。リネンは粉石けんか炭酸塩で洗濯し、アロマテラピーに使用する精油や植物油は全てオーガニックなど光成さんのこだわりがうかがえます。

メニューは、アロマテラピートリートメントとして、全身のトリートメントや、妊婦さんやうつ伏せ・仰向けが難しい方向けの横向きトリートメント、フェイシャルやフットケアなどがあります。また、サロンのお客様がアロマと整体の両方に通われていたため、一ヶ所で両方出来たら良いだろうというお客様の目線に立った考えと、アロマテラピーを行なうにあたって、整体で筋肉をほぐしてからだと、より精油が体内に吸収されやすく相乗効果が望めるということから、整体も学び、認定資格を取得。今ではアロマ+整体のメニューが人気とのことです。

rythme02 料金は、ママたちが通いやすい価格に設定し、さらに未就学児のママには2割引きのサービスもしています。親子、夫婦、友人など2名での利用も可能だそうです。また、アロマを自分へのご褒美としてだけでなく、家庭で日常的に活用できるように、アドバイザーの資格(NARD協会認定)も取得できるアロマ講座も開催されています。小さいお子さんがいても受講できるように日程や環境等配慮してくれるそうです。

取材の日、私は足のむくみと顔の肌荒れに悩んでいたため、フットケアとフェイシャルを体験。まずは、これまでの病歴や現在悩んでいることなどのカウンセリング。続いてその日の体調に合ったオイルと精油選び。オイルと精油はある程度光成さんからも薦めるものの、お客様の直感を大事にしているそうです。私はこの日、フットケアには「これだ!」と思った香り、リトセア(クスノキ科の木から取れる種子)の精油を選びました。リトセアは、体を鎮め、睡眠を誘導してくれる効果があるそうで、リラックスしたい私にはぴったり。さらに、消化器官の働きも促進し、体の滞りを排出してくれる効果もあるそうです。フェイシャルの方は肌荒れが酷かったため、精油は使わず、スイートアーモンドオイルのみにしました。

リトムトリートメントの写真 フットやボディケアの場合は、足湯をしてからベッドに上がりトリートメントしてもらいます。足裏は体中の部位に対応する「反射区」だらけだそうで、身体の不具合が顕著に表れるとのこと。足裏への刺激を中心に膝下全体をハンドトリートメントしてもらったのですが、光成さんの手の動きの滑らかなこと。心地よい圧に私の足はかなり軽くなり、身体も温かくなりました。

続いてフェイシャル。アーモンドオイルでクレンジングをした後、ホットタオルで血行を促進しながらオイルでしっかりとトリートメントを行います。化粧水として今回はローズウォーターを使用。こちらも精油を製造する際にできる副産物で、化学添加物の含まれないものなので敏感肌の方にも安心して使えるそうです。フェイシャルは脳に近い部分を触り、かつ鼻からダイレクトに香るため頭が一番リラックスできる部分だそうで、短い時間で面白いように夢見心地になれました。

セラピストとして、母として、常日頃から身体のしくみや健康のことにアンテナを張り、自己研鑽されている光成さん。その姿勢から「少しでもお客様に還元したい」という思いが伝わってきました。

リトム精油の写真 アロマテラピー rythme(リトム)
鎌倉市梶原三丁目(詳細は予約時)
0467-67-7535(予約制)
email:mitsusing@gmail.com
http://aromarythme.com
 駐車場あり

投稿者:まめ子

>>ママの教室へ戻る
>>美容院・マッサージへ戻る

annzen1

子どもたちの下校の安全が心配されるようになって久しい。鎌倉では授業中の学校の門の前に守衛が立ち、放課後は小学校の先生による下校指導がある。子どもたちは指導のもと方向別にひと固まりになって帰り、それを地域の人たちが見守るという活動がかれこれ15年以上も続いている。

始まりは2001年に起こった「池田小学校事件」。大阪府池田市にある大阪教育大附属池田小学校に刃物を持った暴漢が入り、放課後学校で過ごしていた子どもたちを無差別に殺傷したというもの。鎌倉の公立小学校では安全を配慮して直後から放課後下校指導をはじめ、登校から下校時間まで守衛が学校の前に立つようになった。放課後の子どもたちは学校で過ごすことなく直ちに下校する。その下校の通学路の見守り活動が15年以上たった今も鎌倉では継続されている。

anzen2 交差点の近くやバス通りに地域の人たちが立ついわゆる「見守り隊」や、犬の散歩時間を登下校に合わせることで見守る「わんわんパトロール」、子ども110番の家など、見守り活動は地域の事情に合わせて様々。なかでも城廻ことぶき会の活動はユニークだ。学校周辺に人家の少ない場所があるというので、要所に会員が見守りに立ち、時に学童の登下校に合わせて一緒に歩くというもの。もともと高齢者の交流の会でグラウンドゴルフや美化パトロールなども行っていたが、地域の子どものためにさらに活動を広げ、高齢者だけではなく地域の子どもとのかかわりができ、多世代交流にもつながっている。「ムリなく自発的に行うのがコツ」と代表の鈴木さんは言う。この地域力って素直にスゴイ!と思う。

一方で幼稚園・保育園のお迎え、学童の保育や通院、家事やPTAや地域活動と母親の負担は増えている。働く母親の増加も見逃せない。鎌倉に限らず、下の子の幼稚園や保育園のお迎えと上の子の帰り時間との板挟み、仕事やPTA活動やおうちの用事などと子どもの保育との板挟みになって困惑する親子も少なくない。ムカシみたいに保護者や見守りがいなくても勝手に子どもだけで遊んで過ごすことが安全とは言えなくなっている昨今、下校してからでないと(一度、家に帰らないと)校庭では遊べない鎌倉の学童のために、放課後、独自の配慮をする小学校もあると聞いた。

44777c739b5934a15553763f72836155_ss 市内のある学校ではPTA活動等で保護者が下校後時に家で子どもを迎えられない場合に関しては、学校に残ることができるのだという。学区が広く、校庭で遊ぼうと思ってもいったん家に帰ってからでは戻ってこられない子どもへの配慮がきっかけだったのだとか。もちろん利用に際しては保護者と担任の先生が連絡を取って確認し、他の子どもと区別をつけるための印をつける、親がお迎えに来るなどの細かな決まりがある。けれども放課後の子どもが先生たちがいる学校で過ごし、保護者の帰りを待てるのはありがたい配慮だ。この取り組みは市内の一部の小学校で独自に行われている。

池田小学校の事件以来、鎌倉では守衛が配置され、下校指導が行われている。この方式は安全への配慮は手厚いものの、放課後は子どもたちが学校で過ごすことができにくくなるという状況をも作った。放課後の先生と子どものなにげない会話や、子ども同士のおしゃべりの機会。縦割りのドッチボールや手つなぎ鬼。私たちが子どものころ当たり前に過ごした放課後の学校でのキラキラした時間は、今の鎌倉の子どもたちにはない。

65903bd23007ed791bbbb05bfde7a6bf_s 来年度から「放課後かまくらっ子」という取り組みが始まる。こうした施策は子どもの家・子ども会館の指定管理による運営という視点でのみ語られることが多く、市外の業者が運営する予定のところも少なくない。運営者の選考では、運営の規模を大きく設定したり、地域の活動に経営的な実績を求めたり。せっかくの地域活動を評価して、共に育つ心意気が見えにくい。放課後の子どもたちの安全や健やかな育ちを目指している施策。それは大切だと思うが、結果的にその「方向や配慮」が利用者や地域には伝わりにくい。

子どもたちの通学を見守る地域力がある鎌倉なのだから、地域の人たちが放課後、校庭や体育館で過ごす子どもを見守る上手な仕組みができそうなのに。もったいないなあ、と思う。子どもをはぐくむ地域の力を行政も支え、もう一度、子どもも、施策も地域も、ともに育ってほしいと心から願った。

投稿者:CanCan

2018年02月06日 │ 小学校・学童保育 | 防犯・防災 │ コメント(0)

Copyright ©  コソガイ all rights reserved.