鎌倉・関谷在住で3児のワーキングマザーの臼井さんは、この夏、「千倉グローバル子供交歓会」を実施しようと動き出しました。これは、臼井さんの出身地の千葉県の千倉で外国につながる子どもたちを招いて、現地の子どもたちとともに、言葉や国境を超え、自然を感じながら、思い出に残る国際交流体験を提供しようという、愛と希望と夢いっぱいのプロジェクトです。臼井さんは少し前からコソガイを手伝ってもらっています。私たちもこのプロジェクトを応援しようと動き出しています。

content_696ccbff088176ed18c580a019c94a0192ad78f9
臼井さんはシリアの悲惨な状況を知り、何とか支援できないものか、できる支援は何なのかと、難民支援セミナーに参加しました。そこで兵庫県にシリア人をサポートする団体(NPO法人日本アラブ相互文化センター)があり、その団体で、子どもの日本でのホームステイ先を探している!という情報を得たのです。それならその子たちを千倉のグローバル子ども交歓会に招待しようと考えました。

 臼井さんの出会ったシリア人、イマムさんのお話です。

日本で暮らすシリアなどの難民の子どもたちの現実

兵庫県にくらすシリア人のイマムさんは5〜12歳の4人の子の母親で、2015年に日本で働く夫を頼って、内戦の恐怖から逃れるため子どもをつれて来日しました。現在は3木市の団地に家族や他のシリア人とともに暮らしています。

首都ダマスカスでエンジニアをしていたのですが、数年前から自宅周辺にも爆弾が飛んでくるようになり、出勤途中の道路や子どもの通う学校の前にも爆弾が落とされる状況で、内戦で親戚も亡くし、行方のわからない身内もいるのだそうです。話を聞くと、本心ではシリアに帰りたいと思っているが、今は帰れない。日本で生活をすることに決めているようです。

子どもたちは言葉も、生活環境も食べ物も全く異なる地にきて、地元の小学校に通って日本で生まれた子とともに勉強し、生活をしています。言葉が通じない中、見た目の違いや、連日のシリアに関する報道により、嫌がらせをうけたり、喧嘩をしたりなどで、元気がないときもあります。

content_77f01a213e81e0a2daf0c7e4984687d31f74468cそんな子どもも、今一番頑張っているのは日本語の勉強。最初はひらがな、カタカナ、漢字など難しかったけど、どんどん慣れてきています。心境の変化も見られて、「子どもも日本語を勉強しているから、帰ってもアラビア語が難しい。ずっと日本に住みたい」。そして「仕事がしたい」。日本での将来を思い描いています。

 一方の千倉のまちの様子です。海と緑があり豊かな歴史文化を持ち、人と人とが近い町でありながら少子高齢化が進み、さまざまな課題が見えているようです。どこか将来の鎌倉を見るようだと感じるのは、私だけでしょうか。

少子高齢化の進む南房総・千倉のまち

usui-3グローバル子供交歓会を開催する千倉は千葉県の南端、南房総市にあり、外房の海と山に囲まれ、南房総の中でも、昔ながらの房州ののどかさを残すまちです。30年前の私が小学生だった頃、千倉には小学校が4つありましたが、少子高齢化のもと、統廃合が進められ、千倉小学校が残るのみとなりました。そのため、全児童が、スクールバスで登校することになり、これまで朝夕に通学路を通ることで触れ合っていた地域のおじいさんやおばあさん、田んぼや花畑などでの地域の自然との交流も減ってしまいました。

臼井さんは続けます。

a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbdわたしも留学時代「外国人」として暮らし、ラオス、カンボジア、ベトナム出身の移民の友人家族に支えられました。この経験から、いろいろな文化や人々との出会いや「つながること」が大切だと知ったのです。 だからこの夏、千倉で、子どもたちと、そして、地域に暮らす人たちと、一緒にご飯を食べたり、遊んだり、ビーチでサッカーをする中で、肌でそれらを体験する場をつくりたいんです。場所や環境が違うが同じ時期に生まれた子どもたちと、共に体験し、笑い、楽しむことで、絆と理解が生まれ、千倉が第3のふるさととなればいいと思います。

臼井さんのこのプロジェクトは、現在クラウドファウンディングを利用して資金を募っています。シリア難民の子どもたちを兵庫県から千倉に招待する交通費が必要だからです。シリアから避難してきた子どもたちに、「日本の夏休み」の思い出をたくさん作ってほしいな、と心から願います。
どうぞ皆さんで、この愛と夢いっぱいのプロジェクトを支援してください。

レディー・フォー
https://readyfor.jp/projects/cgc2017

投稿者:CanCan

1S3A5164

山崎保育園のお向かい、小川が流れ、緑に囲まれた静かな一角に「子どものアトリエ☆ネバーランド☆」があります。植物に覆われた瀟洒な門をくぐり、ゴシック調の厚い木の扉を開けて中に。窓からの優しい光に満ちたアトリエは色とりどりの画材、たくさんの創作素材が整然と並び、その中で数名の子どもたちが自分の作品作りに熱中しています。

1S3A5189s ここは子どものアトリエ。子どもたちが自分のテーマを自分で見つけて、たくさんの素材の中から好きなものを選んで、自由に創作する場です。ある子は魚類図鑑を見て海の生き物を作っています。針金で骨組みを作り、紙粘土で肉付け、かわいたら色を付けるのだそうで、かなり本格的。どんな色の生き物になるのかな?。小さくて色とりどりのモンスターのキャラクターを細かくいくつも紙いっぱいに描いている子もいます。モンスターの性格がカタチに表れているよう。あ、このモンスター、かみつきそう、こっちは転がるのが得意そう、なんて…。小さいお子さんはロール物の芯を使って双眼鏡を作っています。何が見えるのかな? 瓶のふたなどを使って車づくりをする子も。飛ぶように動く車やカラフルでお菓子を売ったら似合いそうなキャンディーボックスカーも登場。子どもたちの創作物はどれもとてもユニークです

1S3A5198アトリエでは子ども同士は仲よし。皆作るのが楽しくて、無駄なおしゃべりやちょっかいを出すことは少ないけれど、なんとなく相手を意識して、お友達の作品作りを見たり、声掛けしたり、解説してくれたりします。時には誰かのお手伝いもしますが、やっぱり自分のモノヅクリが楽しいみたい。存在を認めているけど微妙に距離もある感じが、居心地の良さのモトなのかもしれません。アトリエを主催する宇治先生は子どもたちを見守り、声掛けやアドバイスをしますが、「こうして、ああして…」といった指導はされません。「子どもがやりたいことをやる、それがネバーランドのスタイルなんです」柔らかにおっしゃいます。

 P1010086切り絵作家の宇治先生は、このご自宅で子育てをしながら絵本を出版するなどの活動をされてきました。ところが、お子さんが学校に上がる年齢になると、いざこざやケンカなど、たくさんのトラブルが起こりはじめました。学校から呼ばれることもしばしば。お子さんは次第に孤立して、やがて休みがちになったのだそうです。「学校にいけないなら、近所の子どもたちに遊びに来てもらおう」と考えた先生。ご自身のアトリエを開放されました。子どもが遊びに来てはダンボールハウスを作ったり、紙粘土で工作したり。好きな素材で好きなものを作るようになると、楽しくってアトリエではみんなが元気になっていきます。

ところが今度はその子どもたちのSOSが先生の耳に入り始めたのです。先生は子どもたちの創作活動を見守るかたわら、その声にこたえようと、ファミリーコンサルタント協会に所属して発達障害や色彩心理、コーチングなどについても学び始めます。「自分の子どものトラブルが多かった時は、私も苦しかったです。その中で学ぶうちに、叱るのではなく、自発的に変わる気持ちを支えることで、子ども自身や環境が変わることを実感しました」とおっしゃいます。同じように苦しさを抱える親御さんの相談を受けて、やがて親や子のカウンセリングも始められ、いまでは創作活動とカウンセリングなど、さまざまな方法で親子を支える活動をされています。

1S3A5216 現在アトリエ活動を希望されるお子さん向けに、月2回、2時間ほどの創作の回があります。お稽古と異なるのは、アトリエにある素材は自由に使えて、大人には大人の、子どもには子どもの曜日と時間が用意されており、大体各回6名ほどの人数で活動ができることです。少人数のため、仲間としても個々でも集中できるちょうどよいサイズ。ご希望により創作活動とは別に、1回3時間ほどの個別対応のカウンセリングやアートセラピーも受けられ、様々な相談ができます。(料金は別途)。時には出張でワークショップを行うこともあるのだそうです。

宇治先生の醸すおだやかな空気に包まれて、子どもも大人も夢中になってなにかを作り、自分と向き合って表現する、ゆったり時間が流れる場所。ネバーランドはそんなやさしいアトリエでした。

1S3A5221 子どものアトリエ☆ネバーランド☆
鎌倉市山崎1168
・JR大船駅より徒歩15分
・モノレール富士見町駅より徒歩5分
・京急バス天神下駅より徒歩3分

https://www.facebook.com/kodomonoatelier/
090-9846-5994
neverland.kamakura@gmail.com

入会金:7,000円
アトリエ月謝:7,000円(税・材料費込)
年間更新料7,000円
カウンセリング:7,000円/1回

投稿者:CanCan

>>音楽・芸術系教室へ戻る
>>障害児中心のサークルへ戻る

1S3A0970 NHKすくすく子育てでも知られる星山麻木先生は、鎌倉生まれの鎌倉育ち、そして今も鎌倉に住んでいらっしゃるTHE鎌倉人。名前の通り、星のようにキラキラと地域に明かりを灯してくれる、そんな先生です。

30年前に、養護学校の音楽教師になったことをきっかけに、「障害のあるなしに関わらず、子どもも家族も自分たちの住む地域で笑顔で暮らしていけるようにサポートしたい」との思いを強くし、養護学校退職後は、障害児教育や早期療育、母子保健学などを国内外で学ばれ、現在は明星大学教育学部(八王子市)で教鞭をとられています。

自ら主宰する星山スタジオ(八王子市)では、親子が楽しく体を動かしながら音楽や動きで発達をサポートする「音楽ムーブメント」の実践やプログラムの研究・開発、また、子育て発達相談などをされています。また親子への直接的支援だけに留まらず、支援を必要とする親子が地域で孤立しないように、5年前からサポーター育成も始め、今では約300名の受講生が家族の、地域のサポーターとして、教育機関などの先生として活躍されているそうです。

1S3A0988 サポーター育星講座は、鎌倉でも随時開催されており、コソガイもその一コマに参加させていただきました。今回(鎌倉市生涯学習センターにて)は全7回で構成され、すでに基礎講座(初級向き)を学んだ方の次なるステップ(中級向き)です。鎌倉、逗子、横浜などから約40名の参加があり、障害のあるお子さんの保護者の方が多いということですが、中には、保護者のお友達のママさん、障害児の仕事に関わっている方などもいらっしゃいます。

1S3A0962 講座は、自尊感情を育むこと、コミュニケーション力を育てること、人とのよい連携をつくることを目標に、障害理解やサポートについて、知識だけではなく、より実践的な力がつくよう、身近なケースを検討したり、体験を共有しながら、グループワークを中心に進められます。「自尊感情とコミュニケーション」のテーマで、自尊感情を高めるにはどうすればよいのか、まずは4,5人のグループで話し合いました。

ここではお茶とお菓子を各自でちょっとずつ持ち寄り、まるで茶話会のような話しやすい雰囲気になっています。一人が意見を言い終えると必ず拍手がおこります。「あなたの意見をちゃんと聞いていますよ」という温かさが伝わるのです。グループで話したことは、全体でも共有するために発表し合います。進行は軽快に進みますが重要な点はちゃんと強調されており、ディスカッションにより伝える力も高められて、充実した学びの時間となっていることが印象的です。

1S3A0976 星山先生は発表に続いて「自尊感情とは自分を大切にする気持ちで、人として最も大事なこと、それは、あなたがそこにいるだけで、無条件でよいとされる、Doingではなく、Beingの考え方」と語りました。子どもたちが家庭と環境(集団、学校)の両方で自分が役に立っていると感じられることで自尊感情は高まる、自尊出来なければ周りを傷つけ、悪循環に陥りやすい。だから自分が傷つき落ち込んでいるときは、高めてくれる暖かい存在(大切にされている人は何かをくれる)や、安らげる自然と接することが大事だとも。

明るくエネルギッシュな星山先生は「出会い」を一つたりとも無駄にせず、人と人とを繋げていくスペシャリストです。個人レベルでは出来ないことも、繋がる人たちで輪を作っていけばよいと、サポーター育成と並行するように、こども家族早期発達支援学会まで作っています。星山先生の情熱と参加者の暖かさに心地よく圧倒された講座でした。

星山先生は、鎌倉市やその周辺で湘南子育てサポーター講座を開かれています。詳細は先生のサイトでご確認ください。講座開催についてのお知らせはコソガイ掲示板、レポート等でもできるだけお伝えしていきます。


星山研究スタジオ
八王子市大塚91-6
多摩モノレール中央大学・明星大学駅より徒歩5分
Email:studio@hoshiyama-lab.com

星山麻木オフィシャルサイト
URL: http://hoshiyama-lab.com

投稿者:まめ子

星山先生の湘南で開催の講座等、最新情報はこちらをご参照ください。
>>サポーター育星湘南ブログ
2018年9月追記


>>子育てサポート事業へ戻る
>>障害児中心のサークルへ戻る

2016年11月15日 │ 発達に心配があるとき  │ コメント(0)  twitterでつぶやく
 1S3A0827野はら子育て「ののはな」は来年4月から鎌倉市で始まる幼児教育です。鎌倉の野山を園庭として自然体験活動を基軸とした保育サービスを提供する幼稚園類似施設(申請中)なのです。

 1S3A0908ヨーロッパを発祥として、地域の自然の中での子育てを提唱する「森のようちえん」の活動は、日本へ広がりを見せています。長年、発展途上国支援の仕事をしてきた清水研さんはこの考え方に共感し、さらに天候の変化にも対応する室内保育を加えて鎌倉で子どもたちをはぐくみたいと、「ののはな」を来春スタートさせます。「自分も鎌倉で子育てをしました。子どもたちが自然とのかかわりから受けとるエネルギーがすごい。だから『森のようちえん』として鎌倉の自然や人との交流の中で子どもたちを育てたいと考えたのです。」

 1S3A0901「ののはな」は幼稚園と同じように平日9:30〜13:30(水曜は午前のみ)、異年齢の子どもたちが一緒に過ごします。フィールドは鎌倉の中央公園や夫婦池、野村跡地など。同じ公園で集合解散、3〜5歳の各年齢8人、経験ある専任の保育者を複数置くことで、少数制の目の行き届いた保育を目指されるそうです。園長である清水さんのほか、現在、奥様である康子先生と千春先生が専任です。2人の先生はともに幼稚園教諭として活動し、発展途上国での幼児教育支援を体験され、「こんな幼児教育がしたかった」と、ここでの保育を志されたのだそうです。保育者は最終的には4名の専任が配置されます。

1S3A0798 拝見したこの日、2歳の女の子とお兄ちゃんが先生たちと鎌倉の緑地を歩き、「ののはな」体験をしました。池で魚を見つけて喜び、湿地帯では大きなオタマジャクシを発見し、小川では貝を採りました! 地面の穴を掘り返し、「穴を掘った本人」である生き物を探してみます。
1S3A0785
小さな発見をするたび子どもたちは先生に全身でそれを伝え、満面の笑顔。先生たちは子どもの好奇心を見守って受け止め、発見を分かち合って、そっと元に戻し、一緒に歩きます。なるほど、子どもも大人も自然とのかかわりから、たくさんのエネルギーを受け取っているようです。

1S3A0895 野はら歩きの後に移ったのは広い保育室。自然素材で設計された明るい室内には、木のおもちゃと、絵本。この日は園長先生自身が読みきかせています。「ことば」を大切に美しい日本語を伝えたいとの考えからだそうです。自然とのかかわりと室内での数々の遊び。ののはなの子どもたちは身近な自然の中でたくさん学び、育っていきそうです。

ののはなの園児募集(3歳)は2017年度は10月半ばまでです。

1S3A0852 野はら子育て「ののはな」
(幼稚園類似施設)
http://www.nonohana.com/
鎌倉市笛田
笛田トマト公園集合、解散
体験は随時受け付けています。
office@nonohana.com

月額保育料
28,000円(年会費、教材費別)
詳細はお問い合わせください。

投稿者:CanCan

>>幼稚園一覧へ戻る
>>自主保育へ戻る

teamoono1 市内で小学校の先生を4年、支援級の教員を15年されていた大野真紀子先生が、関わりが苦手な子のためのワークスペースを開きました! 

team2 御成商店街からすぐ。以前はシャツショップだったという内部を見ると、何屋さんかわからないけど心地よさげで、思わず足を止めてしまいます。木の机に小さな椅子、テーブルにはカラフルなエンピツや木のおもちゃが並んでいて、本棚には楽しげな絵本が置いてあるんです。

このスペースは週5日開いており、おけいこごとのようにあらかじめ決めた曜日に利用します。好きなこと・得意なこと探しから始めて、さまざまなかかわりを先生と一緒に体験していく約1時間半。子どもに、たのしいこといっぱい見つけてもらいたいと、一人一人に合わせたカリキュラムを用意していくのだそうです。

team3 「もっと子どもに寄り添いたい」という思いから学校外に「居場所」のような「塾」のようなスペースを開いた大野先生。のびやかなお人柄が見守るシンプルで気持ちの良い空間のなかでは、関わりが苦手な子でも何かを見つけられそうな感じがします。スペースは子どもの来ない午前中は、喫茶店としても利用できるそうです。

スウィッチ
鎌倉市御成11-10
teamsteam0721@gmail.com
リーフレットは >>こちら

投稿者:CanCan

>>療育教室へ戻る
>>障害児中心のサークルへ戻る
>>子育てサポート事業へ戻る


Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.