daibutsu1daibutsu2鎌倉観光のメッカ、大仏様がいらっしゃるお寺が高徳院です。度重なる台風、地震、津波で大仏殿が崩壊したため、現在のような露座となった鎌倉大仏。青銅製で高さは13.35m。なかなかの迫力です。

daibutsu3別料金(20円)で大仏の胎内に入れます。入口は狭くて急な階段なので気をつけて。中に照明はなく、背中の窓から日が差し込んでいます。上を見ると頭の凸凹や首を補強した跡がくっきり。なお、上に続く階段は関係者以外上れません。

daibutsu4境内奥にあるトイレは広々していて数も多め。女性トイレの入口にベビーシートがあり、オムツ替えができます。車椅子対応トイレには大きめの荷物台がありますが、ベビーシートはありません。

鎌倉市長谷4-2-28
0467-22-0703
http://www.kotoku-in.jp/

拝観時間  4月〜9月 7:00〜18:00 / 10月〜3月 7:00〜17:30
大仏胎内拝観時間 8:00〜16:30
拝観料:大人/200円 子供(小学生)/150円

>>お参りへ戻る
>>鎌倉の授乳室・トイレ情報へ戻る

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 鎌倉大仏は鎌倉時代を代表する仏教彫刻  [ ぱふぅ家のホームページ ]   2016年05月08日 17:21
高徳院にある鎌倉大仏は鎌倉のシンボルで、高さ11.3メートル、重量121トンもある青銅製の阿弥陀如来像だ。東大寺の大仏と比べ造営当初の姿を保っており、国宝に指定されている。胎内に入ることができる。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コメントの前に必ずコメント・TBについてをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれたお店・施設等ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.