赤ちゃん連れの外出を楽しく快適にしてくれるベビーカー。できれば出産前に用意したいと思うけど、さて、どういう商品がいいの?と悩むファミリーも多いでしょう。近頃は海外製品も含めて選択肢が増えたため、選ぶのが余計難しくなったという声も聞きます。

 「ベビーカー選びには、まず家族のライフスタイルや住居環境を考えることをオススメします」と、コンビ 東京営業所の根岸さん。具体的には、日常的な買い物は徒歩か、車利用か。外出時に階段を使うかどうか。よく電車に乗るか。パパも押す事があるか、などなど。根岸さんご自身も昨年お子さんが産まれたばかりで、赤ちゃんと暮らして初めて気づいたことがいろいろあったそうです。

 今までは「ベビーカー=コンパクトで軽いのが一番」という考え方が主流でした。確かに電車やバスを頻繁に利用する場合や、エレベーターのない集合住宅に住む人にとって「軽さ」は重要なポイントです。でも1階に住み、家族のお出かけや買い物はほとんど車、という人にとっては「軽さ」よりも「扱いやすさ」や「機能性」が重要なはず。週末の遠出にはパパが一緒だから、少しくらい重くても押しやすい方がいい、という考え方もあるかもしれません。

コンビ1コンビ2 例えば、07年2月にコンビから発売されたB型の「Thruller(スルーラー)」という商品。大きめの後輪を持つ3輪型で、片手でも思い通りに扱える安定した操作性が特徴です。雨の日に傘をさしたり、ドアを開け閉めしたい時、両手がふさがるベビーカーは案外不自由なもの。Thrullerならご覧の通り、片手で押し引きしながら颯爽と歩けます(右写真)。アメリカンデザインのシルエットとカラーもかっこいいですね。

 車中心の生活をするファミリーなら、ベビーカー+ベビーシート+キャリー&ラックの組み合わせでマルチに活躍する商品も選択肢に上がるでしょう。下写真は、同じく07年発売のコンビ「EX COMBIマルチ5ウェイ」。

コンビ3 お散歩やドライブの途中で眠ってしまうことが多い赤ちゃんですが、ママは1分でも長く寝かせておきたい!と思うもの。1歳ぐらいまで使えるベビーキャリー(左写真)は、車やベビーカーの中で寝ちゃった赤ちゃんを起こさずに部屋の中まで移動できるという優れもの。そのありがたさは、子育て経験者なら誰しも納得のはず!?

 日々、進化しているなと感じるベビーカー。一番安心なのは、実際にさわって動かしてみて購入することですが、残念ながらデパートや赤ちゃん用品専門店にすべての商品が展示されていることはありません。「ご覧になりたい時は本社1Fのショールームをお訪ね下さい」と根岸さん。チャイルドシートやラックはもちろん、キュートな形と色づかいが人気の「ベビーレーベル」シリーズの赤ちゃんグッズなども手にとって見ることができます(注:いずれも販売はしていません)。オープンスタイルのショールームではありませんので、まずコンビコンシューマープラザに電話で申し込んでからお越し下さいとのことでした。

コンビ4ショールーム所在地;台東区元浅草2-6-7
MAP>>こちらからご覧下さい
地下鉄銀座線「稲荷町駅」徒歩2分
都営大江戸線「新御徒町駅」A1・A3出口より徒歩4分
JR「上野駅」浅草口より徒歩8分

申込先:コンビコンシューマープラザ
TEL:048-797-1000
受付時間;月-土曜日 10:00-17:00

>>子ども用品へ戻る

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
コメントの前に必ずコメント・TBについてをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれたお店・施設等ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.