鎌倉在住"スーさん"が、鶴岡八幡宮でのお宮参りの様子をレポートしてくれました!

4月15日大安、鶴岡八幡宮にお宮参りに行ってきました。
心配だった天気はバッチリ、息子(H17年2月生まれ)のお顔のポツポツ(脂漏性発疹)もきれいに治り、この日のためにセレモニードレスも揃え(ヤフオクで1000円)、ベビーカーも購入し(せっかくおめかしなのにスリングじゃ・・・ね)、いざ鎌倉!!

八幡宮には9時ごろ到着しましたが、すでに赤ちゃん&ご家族がちらほら。
私たちも受付を済ませ、ちょっと緊張しながらも、パパ・ママ・じいじ・ばあば揃って拝殿へ上がりました。

大きな太鼓が鳴る中、息子はぐっすり寝んね(←大物の予感!?)
一人ずつ名前や生年月日が読み上げられ、最後に鈴をシャリーンと鳴らされ、約15分のご祈祷が無事終了しました。
これでようやく、息子も鎌倉男児。健やかに育ってね。
(途中、ママは感極まって泣きそうになってしまいましたヨ)

お宮参り1個人的に気になっていたことなんですが・・
まず「赤ちゃんの格好」
ほとんどの赤ちゃんがセレモニードレス+着物みたいな祝い着(男の子も)。
これにはちょっとビックリでした。

「誰が抱っこするか?」
ま、どーでもいいんですが、ほかの家族を観察してみたら、おばあちゃんが抱っこしているパターンが約半分、あとはママが抱っこでした。

「パパママの格好」
さすがに着物姿は見かけなかったけれど、かっちりしたスーツが多かったかな。

お宮参り2お宮参りの後は、両家そろって由比ヶ浜の「鎌倉わかみや」で会食しました。
こちらは海一望の和風リゾートホテルです。

たたみの個室がある、和食の会席料理が食べられる、ゆっくりできて雰囲気がいい、でもそんなに高くない、授乳もできる・・・

赤ちゃん連れなので利用できるお店も限られてくるのですが、「鎌倉わかみや」さんは、こちらの希望する条件をすべて満たしていました。
宿泊部屋での食事なのでトイレもついているし、授乳もバッチリ隠れてできます。しかも赤ちゃん用のお布団まで用意されていました!

お宮参り3そうそう、お品書きには「○○君お宮参り」と書いてあり、もちろん記念にお持ち帰り♪
お料理も、すべて作りたての温かい状態で出てきて両親も大満足でした。
午後2時までお部屋が利用できたので、食後はかわるがわる息子を抱っこしたり、写真を撮ったり、のんびりさせていただきました。

こうして無事、お宮参りが終了。
これからは、親として、家族として、毎日を地道に歩んでいきたいと思います。


鶴岡八幡宮
鎌倉市雪ノ下2-1-31 TEL 0467-22-0315
http://www.hachimangu.or.jp/

<memo>
予約不要。当日8:30から舞殿横の社務所で順次受付
たたみの控え室(オムツ替え可能)で待機し、人数がまとまり次第拝殿へ
受付から終了まで約1時間弱
ご初穂料5000円〜
 

和風リゾートホテル鎌倉わかみや
鎌倉市由比ヶ浜4-6-13 TEL0467-25-4321
http://www.kamakurawakamiya.jp/

お宮参り4<memo>
要予約
会席コース5000円〜(飲み物別)

内容は変更されている場合もありますので、必ず事前にご確認くださいとのことです。

投稿者:スーさん

※ 鶴岡八幡宮の紹介記事は >>こちら

この記事は2007年に書かれたもので内容が古くなっている可能性があります。
鎌倉でのお宮参りや子連れ外出のポイントをまとめた新しい記事は >>こちら

>>お参りへ戻る
>>会食・会席料理へ戻る
>>七五三特集ページへ戻る

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ニモ   2007年07月17日 20:13
お宮参り雑学ですが、男の子は生後31日目、女の子は生後33日目にお参りすることが一般的だそうです。(地域によって違うみたいです)そして抱っこする人ですが、お宮参りでは、夫の母が赤ちゃんを抱いてお参りするのが正式らしいです。ご参考までに〜。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
コメントの前に必ずコメント・TBについてをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれたお店・施設等ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.