「森のくまさん」という方から2010年の12月、コソガイの掲示板に「布おむつをください」と書き込みをいただきました。…そのふしぎな書き込みのココロは?ということで、森のくまさんに連絡させていただきました。

森のくまさんは愛知県で「布おむつのリサイクル」の活動を数名のお手伝いの人とともに12年あまりしている落合さんとおっしゃる方です。おむつとして十分使えるものは熊本や広島の乳児院に寄付し、それ以外のものは愛知や三重の老人ホームなどでおむつ交換時のおしりふき用として老人ホームに寄付するのだとか。落合さんはこのリサイクルのため布おむつの集荷、仕分け、配送など中継の役割を引き受けているようです。送る第一の先が乳児院、それも障害のあるお子さんもいる施設なので、布おむつを使用しているそうです。ですから活動では布おむつを優先的に集めていますが、年々布おむつは集めにくくなっているので、ちょっと遠方の鎌倉の掲示板に登場されたようです。

コソガイとは特別な関係があるわけではありませんが、落合さんからは何度か書き込みいただきました。あまりインターネットにお詳しいわけではないようで、同じ布おむつ募集の呼びかけでした。ありがたいことに、鎌倉で布おむつをお持ちで心ある方から、複数の反応をいただいたようです。

施設からの手紙4森のくまさん側で施設に直接お届けくださった方からのお礼の手紙も今回、画像でお送りいただきました。皆さんにお見せしたいと思われたようですが、プライバシーの問題もあり、直接すべての内容を掲載できるものではありません。コソガイの掲示板では画像は紹介できませんし、同じ書き込みは避けるようお願いしています。そんなわけで森のくまさんの活動はこれ以上、掲示板での書き込みはご遠慮いただくことにしました。

でも遠い愛知県で、必要としている施設に布おむつを中心とした必需品を送る活動は続けていらっしゃいます。布おむつ以外の子育て用品も受け付けて、乳児院に送ることもある、とうかがっています。たしかに乳児院ではいろんなものが必要でしょうからね。
というわけですので、コソガイレポートで紹介させていただきました。もし「協力しても良いよ」という方がいらっしゃったら、「森のくまさん」=落合さんに直接メールで連絡してくださると助かります。「これもあるけど、リサイクルできるのかな?」という品の場合等もメールで直接お問い合わせください。
不要なものがまた使われて誰かの役に立つと気持ちが良いものですものね。

森のくまさんの連絡先はこちら。≫masakana.mogura314★r3.dion.ne.jp
★を@に置き替えてメールしてください。

森のくまさんが地元で出しているチラシ↓(2013.7更新)



kumamori2 募集しています kumamori

kumamori3 布おしめ(使用されたのでもかまいません) kumamori3

5歳未満の子供たちに職員が一生懸命にスキンシップをしていますが、財政面など職員の手が足りません。
そこで、極力紙おしめは避け,おしめを交換するときに少しでもふれ合うように!という施設の気持ちから

そこでお願いです.子供を1回でも抱っこする手段の布おしめを、お譲りいただけませんか?
施設では、沢山の布おむつ、おむつカバー、おねしょシーツを使っています。


八代乳児院、広島乳児院は布おしめでがんばっています.
nyujiinbaby-1
●おむつカバー、トレーニングパンツ、成型オムツ、布おむつ、紙おむつ、おねしょシーツ
●哺乳瓶、ベビー布団、ベビーラック、ベビーカーA型、ベビーカーB型、ベビー服、おもちゃ
●その他のベビー用品(何でも構いません!) お願いします。期限は、ありません!

少しでも、捨てられる、ベビー用品が施設の子供達に役立てられています。
是非、保育園等、お友達にもご協力頂ければ嬉しく思います。

メール(★を@に置き替えて)
masakana.mogura314★r3.dion.ne.jp baby-2

投稿者:CanCan

2011年11月09日 │ 託児・子育て支援  │ コメント(0)│ トラックバック(0)  twitterでつぶやく

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
コメントの前に必ずコメント・TBについてをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれたお店・施設等ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.