2013dc-title
IMG_86109/27(金)、大船子育て支援センターにて「ドクターカフェ・相原先生を囲む会」が行われました。

IMG_8619
相原先生は保健所の所長で小児科医です。神奈川県の救急医療体制から小児の病気や食物アレルギーについてまで、60枚近くのスライドを使いながらの幅広い、深~いお話を30組以上の親子がうかがいました。

「予防接種を受ける権利が子どもにはあるんです。子どもの健康を守るために親の勝手な自己判断で予防接種を回避しないでください。」病院勤務医時代の体験も交えて、予防接種の大切さをお話しくださいました。

食物アレルギーのお話では、年齢(月齢)によって発症しやすいアレルギーが異なることを知ってびっくり。

IMG_8620約60分のお話は、お母さんにも子どもたちにもちょっと長いかな? と心配しましたが、みなさん集中力を途切れさせずにうかがっていました。子どもたちもおとなしく、楽しく聞いていられました。

投稿者:CanCan


<相原先生を囲む会  2013年09月07日レポート>

素朴な疑問から目からウロコの医学情報まで、子どもの病気や子育て全般について、専門のドクターから気さくに教えて頂けると好評な「ドクター・カフェ」が、子育て支援センターに出張します!  

chosinki-s 子どもの病気は、子ども本人はもちろんですが、親にもとても辛いものです。
いざという時に慌てないためには、日頃からの情報収集が肝心ですが、小さな子どものいる慌しい毎日では、なかなかうまくいかないもの。
また、聞きたいことほど、意外と答えが見つからない・・・そんなことも少なくありません。
ならば、聞きやすい場、子育て中のママやパパ達と、ドクターとが、アットホームに交流できる場があればいいのでは?――そんな思いから始まったのが、「ドクター・カフェ」 第3回となる今回の“ドクター”は、神奈川県の医療課長を経て、現在、茅ヶ崎保健福祉事務所の所長でいらっしゃる相原先生。食物アレルギーに詳しい小児科医でもいらっしゃいます。
神奈川県の小児医療の現状、休日や夜間等に子どもの具合が悪くなった場合の医療機関のかしこい受診の仕方、アレルギーの話など、幅広くお話をしていただく予定です。
開業医の先生とは少し異なるお立場の先生からの、ここでしか聞けないお話もあるかも?
どうぞ、ふるってご参加ください。

draihara

講師:茅ヶ崎保健福祉事務所長 相原雄幸先生

(日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医・指導医、
前神奈川県医療課長)
日時:9/27(金) 10:30〜11:30
場所:大船子育て支援センター(レイウェル鎌倉内)
​小袋谷2-14-14 レイウェル鎌倉2F
定員:20組(定員に達し次第締め切ります)
持ち物:お子さん同伴の場合にはお子さんの外出に必要なもの
参加費:無料
申し込み:大船子育て支援センター(0467-47-3377)に直接申込み、または、staff☆kosogai.com(☆を@に変えて)までお名前、連絡先を書いてご連絡ください。



reiueru

※保育の準備はありませんので,お子さん連れの場合には、一緒に参加ください。

鎌倉市こども相談課
大船子育て支援センター
鎌倉子育てガイド

投稿者:CanCan

前回のドクター・カフェはこちら >>いくた先生を囲む会

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
コメントの前に必ずコメント・TBについてをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれたお店・施設等ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.