神宗 鎌倉店は2015年8月17日に閉店しました。

IMG_8109 夏休みも終わりの8月31日、神宗 鎌倉店のだし教室(基本編)があると聞き、子ども2人を連れて参加してきました。つくだ煮の老舗の神宗では、子どもたちにもだしの味を伝えたいとの思いから、鎌倉店のだし教室でこどもの参加を受け入れていらっしゃいます。6歳と3歳の子どもを連れて少々の不安はあるものの、「だし」のちゃんとした取り方を知りたくてエントリーです。会場は神宗の奥にあるダイニング南の間はモダンでおしゃれな空間。当日は、計8名の参加でした。

IMG_8090 お教室は2名の講師の先生がテンポよくだしについて教えてくださいます。まずは、3種類の昆布だしのテイスティング。昆布の種類やだしの取り方の違いによる味の差を感じることが出来ました。さらに昆布には等級と浜格差があるということを知り、びっくり。子どもたちにも味の違いがわかるようです。続いて味噌+水と味噌+合わせだしのテイスティング。明らかに違う美味しさに、改めてだしの重要性を感じました。

IMG_8105 だしの取り方の実践では、2チームに分かれて目の前で鍋を使っての通常の取り方を見せていただきます。加えて神宗が生んだ簡単だし取りスターターキットも使っての実演。わずか1分半で美味しい一番だしが取れるというコーヒードリップ式のキットは、私もプレゼントにおねだりしたいくらいです。

だしを使った料理の紹介では、蛤のお吸い物、水菜と油揚げのお浸し、だし巻き卵を作って下さいました。蛤は、冷ましただし汁に貝を入れ、じっくり火を通していくことで蛤のうま味を最大限に引き出す。水菜は、だしにつけたら氷水に鍋ごとつけた方が緑の色が綺麗に保てる。だし卵は、焦がさない程度に強火で油は多めに乾かないうちに巻くなど、それぞれの料理のコツなどを教えて、もらいます。鍋の使い方、火の入れ方を間近で拝見し、時々歓声が上がります。 IMG_8127

その後はだしガラを使った炊き込みご飯とだしガラの佃煮もプラスしての試食。どれもほぼだしだけの味つけでやさしい感じ。さらに普段は残してしまうメニューに、さあ、子どもたちの反応はいかに…と心配していたら、「美味しい!」と喜んで完食してしまいました。

我が子が2歳くらいまでは昆布にかつお節でだしをちゃんと取っていたものの、最近はおざなりに。この教室を機に、日本人として、母として、シンプルで美味しいだしの味を子どもたちに伝えていかねばと思いました。

IMG_8145 神宗の「だし教室」は基本編(約1時間)、応用編(約1時間半)とあり、16時から。月に数回不定期に開かれます。そのほかに、お椀や麺類のお料理を学ぶ教室もあります。日程、料金、こどもの参加可否等の詳細はお店に問い合わせるか、facebookでお確かめください。

神宗 鎌倉店 閉店しました。
鎌倉市由比ガ浜1-5-27
0467-61-1055
火、水曜定休
神宗サイト:http://kansou.co.jp/kamakura/
※神宗のサイトには、だしを使ったお料理のレシピもあります。 ≫http://www.soutatu.co.jp/recipe/index.html
神宗 鎌倉店facebook:https://www.facebook.com/kansou.kamakura

投稿者:まめ子

神宗の紹介記事は >>こちら

サポーター >>ママの教室へ戻る

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
コメントの前に必ずコメント・TBについてをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれたお店・施設等ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.