zz20170928-s-tokotoko007

今日は用事があるのだけど、子どもの具合が悪くて出かけられないかもしれない…。多くのママが、そんな困った状態を体験したことがあるでしょう。

病児保育は風邪や感染症などで保育園や学校にいけない子どもを預かり、健康管理をしながら保育する施設です。昨年夏、鎌倉市内の由比ガ浜通り沿いのビルに「病児保育室トコトコ」がオープンしました。鎌倉市が設置し、運営は「かまくらファミリークリニック」が行います。同クリニックは「病児保育室トコトコ」から徒歩2分。栗原先生が院長で子どもから大人までを総合的に見る診療所です。

zz20170928-s-tokotoko013 病児保育室トコトコは定員4名。生後6か月〜小学校6年生までの児童が対象です。月〜金曜日の8:30〜18:00まで保育をし、一日2,500円。医療機関が運営する施設とあって一般的な風邪や感染症の病児は対象ですが、麻疹、流行性結膜炎、外来感染症のお子さんは対象外だそうです。

利用のためには前日までに医療機関で受診し、利用連絡票に記載してもらう必要があります(利用連絡票のフォームはトコトコまたは市のサイトからダウンロードできます)。
予約は前日10:00〜当日7:30までにトコトコのインターネットのサイトから行います。

取材時では保育士と看護師が見守る中、数名のお子さんがおだやかに過ごしていました。施設には遊んだり、食事をする部屋や安静室、簡易キッチンなどがあります。一見、普通の保育スペースですが、消毒剤と強力そうな空気清浄機が目につきます。お昼過ぎには軽やかな足取りでドクターが現れ、子どもたちの健康状態をチェックしていかれます。

市が設置するサービスということもあって手続きが少し煩雑ですし、持ち物や準備も必要です。けれども、リーズナブルな価格で病気の子どもを医療機関が手厚く預かってくれることは、子育ての大きな安心につながりそうです。

zz20170928-s-tokotoko002 かまくらファミリークリニック病児保育室トコトコ
鎌倉市由比ガ浜2-6-20-202
0467-38-9009
http://www.tokotoko-kamafami.com/

投稿者:CanCan

>>一時保育へ戻る


2018年01月22日 │ 託児・子育て支援  │ コメント(0)  twitterでつぶやく

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コメントの前に必ずコメント・TBについてをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれたお店・施設等ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.