マタニティ&ベビー

コソガイのベビーマッサージ講座、今回も三角先生をお招きし、鎌倉着物スタジオさんの瀟洒な空間を利用させていただき、無事終了しました。お天気が良く、冬とは思えないほど暖かな一日、「ちょうどよいお出かけになりました」と参加くださったベビちゃんとママたち。お目にかかれて幸せなぬくもりがじわっと伝わりました。

1S3A3402 1S3A3390 1S3A3393
1S3A3399 1S3A3380
1S3A3373皆さまありがとうございました。今回参加できなかったママ&ベビちゃん、また次の機会にお目にかかりましょう!

2015年12月16日 講座開催
2015年12月17日 レポート

<春のベビマ講座終了 2015年3月19日レポート>

1S3A7399 無事終了しました。春の穏やかであたたかいひと時となりました。ありがとうございました。
<ベビーマッサージ講座 2015年3月11日レポート>

1S3A5890 春めいてきたけど、ピクニックにはまだ寒い。オシャレで暖かい室内で、ベビーやママ仲間とゆったり講座を楽しむプチおでかけしたい!

そんな親子のために、ベビーマッサージや赤ちゃんのサインの体験講座を開催します。講師はロイヤルセラピスト協会認定の教室Lilium三角麻里子先生。ご自身も4人の子どもの母です。

場所は鎌倉着物スタジオ。鎌倉駅から徒歩4分。若宮大路に面する築80年の瀟洒な古商館を改築した2階、レトロでステキな雰囲気の空間を、同店のご厚意により使わせていただけることになりました。

1S3A5922 安心な場所でゆったりして、ママたちの「困った」を「みんなおんなじなんだ」という楽しい「あるある」感へ変え、親子のよりよいコミュニケーションのお手伝いをしたいな、と思っています。

日時 :3月18日(水) 10:00〜12:00
場所 :鎌倉着物スタジオ 鎌倉市雪ノ下1-9-27 湯浅物産館2F
参加費:2000円/1組
対象 :2か月〜7か月くらいのベビーとママ
持ち物:バスタオル、おでかけセット
申込 :0467-25-3434(鎌倉着物スタジオ)
 またはEメール staff☆kosogai.com、☆を@に変えて(コソガイ)
 3/15受付開始。催し名、氏名、こどもの月齢、電話番号、メールアドレスを教えてください。
主催:鎌倉子育てガイド / 後援:鎌倉市 / 協力:Lilium 鎌倉着物スタジオ

※2月に行ったのと同じ単発の講座です。前回はあいにくの悪天候のため参加できない方もいらしたので、急遽追加して開催することにしました。

投稿者:CanCan


<Lilium「ファーストサイン」 2012年12月20日レポート>

「ファーストサイン」こんな言葉を聞かれたことはありますか?
ロイヤルセラピスト協会が提唱する、7-8ヶ月頃から言葉でのコミュニケーションができる前の赤ちゃんを対象にした、ジェスチャーを使ったコミュニケーションスキルのことだとか。
鎌倉でこの「ファーストサイン」のお教室を開かれている方があると聞いて見学させていただきました。

DSC01747お伺いしたのは、レイウェル鎌倉で行われていた「ファーストサイン」2回目。講師は、ロイヤルセラピスト協会認定講師の三角麻里子(みかどまりこ)さん、参加者は8ヶ月から1歳過ぎの赤ちゃんとそのママの5組の親子でした。

自己紹介に続き「はじまるよ」の手遊び歌で親子の緊張をほぐした後から、レクチャー開始です。最初は、絵本について。絵本の読み聞かせがもたらす効果、絵本を選ぶ際のアドバイス等がありました。

DSC01677 そして「こぶたぬきつねこ」の手遊びを全員でやり気分を変えた後に、いよいよ「ファーストサイン」のレクチャーです。教材の絵を示しつつ三角さんが見本を示してゆきます。イヌ・ネコなどの動物のサインを中心に習った後は即実践、手遊び歌や簡単なゲームを通して、サインを試していきます。学び使う。それを楽しみながら行っている親子の姿が印象的でした。

講師の三角さんは、幼稚園児から小学生までの4人のお子さんのママ。ご自身の体験から、赤ちゃんの笑顔には、まずはママが笑顔でいることが大事と痛感され、そのお手伝いがしたいとセラピストの資格を取られたとか。ご自身の一連の講座でも「ママにリラックスしてもらう場所を提供する」これを最も大事に考えておられるそうです。

DSC01691実際に見学をして驚いたのは、人見知りが始まる時期の赤ちゃん達ばかりなのに、みんな終始ニコニコ穏やかに自由に遊んでいたことです。ママ達は…とみれば、皆さん柔らかい表情で隣のママと話をしたり、わが子を見守っていたり。「ファーストサイン」をきっかけとして、三角さんが伝えたい「笑顔の親子コミュニケーション」を実感した一コマでした。

DSC01754 今回は「ファーストサイン」の講座でしたが、普段はベビーマッサージのレクチャーがメインで、「小さな月齢の赤ちゃんとの場だから、できるだけ病気をもらわない環境で」との配慮から、講師自宅(希望者には大船駅までの無料送迎あり)での少人数での講座や出張等で実施されています。その他、スキンケアの講座や、各種セラピストの養成(子連れ受講可能)も行っておられるとか。

子育て経験豊富で頼りになる先輩ママとしても慕われている三角さんです。

RTA指定スクールLilium
 講師:三角麻里子(みかどまりこ) ロイヤルセラピスト協会認定講師

<ベビー系教室>

ベビーマッサージ(2ヶ月〜1歳頃まで対象)(2回コース4500円)

ファーストサイン(6ヶ月〜1歳半頃まで対象)(3回コース8025円)

ベビースキンケア(2ヶ月〜3歳まで対象)(1回1000円)

出張レッスン(お一人様〜グループレッスン有、参加人数によって費用が変わります)


<セラピスト養成講座(インストラクター養成)>

ベビーマッサージセラピスト、ファーストサインセラピスト、ベビースキンケアセラピストの各セラビストの養成講座あり

※完全マンツーマン授業
※お子様同伴での受講が可能
※ご自宅までの出張授業可能(別途交通費)

具体的な内容・開催日時・場所等詳細は、HPへ。http://lilium.babymilk.jp/
教室専用電話:0467-67-1622
携帯:090-8039-5337

投稿者:りんだ

※レイウェルが閉鎖になってからは自宅教室でベビーマッサージやサイン、子供同伴で受講できるセラピスト養成講座をメインに活動されています。(2014年1月追記)

 サポーター >>産後ママ&ベビー教室へ戻る

1S3A0605totoroを引き継ぎ、マタニティー整体湘南大船店エルバードがH27.4.4からスタートしています。

マタニティー整体。知っている言葉の組み合わせだけど、なんだか耳慣れない。そんな整体サロンtotoroを見学しました。モノレールの富士見町駅からすぐの一軒家の一階部分。窓から日差しが入る広いフローリングの施術室に明るい笑顔の柳井さんがむかえてくれます。totoroの代表です。

1S3A0547
看護師として産院に勤務していた柳井さんはたくさんの出産に立ち会われてきました。そんななか、時として妊産婦さんのお産前後の痛みや不調の訴えを前に、無力感を持つこともあったのだそうです。自身も第三子出産後、尾てい骨の痛みに苦しんだそうで、痛み軽減のためいろんな方法を試みるうちにマタニティー整体に出会ったのだとか。骨盤の変化に伴う様々なトラブルを、押圧(おうあつ)等の手技によって筋肉にアプローチして改善に導く整体なのだそうで、ネットで調べ、理論にうなずいて施術を受けに愛知県まででかけた柳井さん。症状も軽減し、「これだ!」と感じて習得してセラピストになることに。その際は子連れで愛知に泊まりこみ、マタニティー整体の講座を受講していたのだそうです。周りのサポートもさることながら、その整体にかける根性やお見事。

2011年にご自宅のある横須賀市で女性(主に妊産婦)専用の託児付きリラクゼーションサロンを開業され、さらに市内の産婦人科や助産院でも施術してきたそうですが、少し広い場所で、との思いもあって鎌倉へ。保育士のいる子どもルーム付き(無料)の「マタニティー整体サロン」とマタニティー整体の技術を教えるスクールをこの春、鎌倉の富士見町(鎌倉市山崎)に立ち上げました。

1S3A0558施術台(ベット)は妊産婦さんの体をいたわれるようリクライニングになっていたり、相手の状態に合わせて動きの速さや施術の長さ、姿勢などを変えて、出産前後の疲れやすいところをケアするとのことで、母体や胎児への影響を配慮した看護師でもある方のサロンだなあと納得です。利用者さんからは「産前産後のケアと日常的なエクササイズも教えてもらえて、妊娠中に自分の体に向き合えました」との声も。「利用者さんは妊産婦さんや子育て中の女性などさまざま。子育てのことについてもお話ししますが、みなさん疲れてらっしゃるので、ゆったり休んで体をいたわる時間を作ってあげたい」と柳井さん。

1S3A0614ここでは代表の柳井さんのほかに、理学療法士やホットヨガのインストラクターなど様々なキャリアを持つ施術スタッフ、保育士のスタッフは全員女性で子育て経験もあります。そんなみなさんで出産前後や年齢による女性の体の変化へのさまざまなサポートを行っているんだな、と感じられるサロンでした。

マタニティー整体totoro(女性限定)
NPO法人マタニティー整体協会認定店
鎌倉市山崎1152-4-B(山崎保育園の隣)
JR大船駅より徒歩13分
湘南モノレール富士見町駅より徒歩4分
P(1台分)


投稿者:CanCan

>>マタニティスポーツ&ケアへ戻る

1S3A0070 母乳が赤ちゃんの成育に大事と聞いていても、なかなか上手くスタートできないのが母乳育児。母乳が出にくくても、逆に出過ぎても、ママには大きな悩みです。慣れれば楽しい母乳ライフですが、赤ちゃんとママとのペースが合うまでは、体も心もクタクタ、なかなか苦労が耐えません。

1S3A0065 そんな母乳育児に頑張りたいママ達を、サポートしてくださる存在が大船駅そばにあります。大船駅東口を出て徒歩5分。大船行政センター手前、横井レディースクリニックのお隣にある「なつ母乳育児相談室」です。平成18年4月に鎌倉・逗子・葉山地区初の桶谷式の母乳育児相談室として大船小学校そばのアパートに開設され、数年前に現在の場所に移りました。今度はわかりやすいバス通りに面したビルの1階です。ベビーカー用のスペースには、かわいい郵便受けやガーデニング小物が待ち受け、専用の玄関部分に「なつ母乳育児教室」の手作りの木製看板が。内部は待合と施術室。どちらも赤ちゃん向けのおもちゃが配置されて、穏やかに安心できる雰囲気です。

指導にあたられる廣江夏子先生(なつ先生)は、横浜で10数年、助産師として勤務された後、桶谷式の認定者となられました。アットホームでオープンな室内と、なつ先生のとても気さくな人柄に、初診から緊張せずに施術が受けられ、常日頃抱え込んできた悩みが次々に口をついて出てきます。その1つ1つに、医学的根拠を交えながら丁寧に答えてくださる先生を信頼して、定期的に通われる方も多いとか。

1S3A0015 取材時はママと赤ちゃんが施術を受けていました。小さく生まれたけどおっぱいを離すと昼夜を問わず大声で泣き続ける元気な赤ちゃんに、ママは疲れた様子。先生はママとお話ししながら乳房のケアでその不安や疲れを癒し、赤ちゃんは泣いた後、ママのお隣ですやすや。その後起きてきた赤ちゃん、ママ、は先生の指導で「上手におっぱいを吸う練習」をしていました。

1S3A0058 こうした母乳育児相談1回の所要時間は約30分。乳房マッサージ(手技)と実際の授乳の様子を見てもらいながらの授乳指導とがあります。先生のこのようなサポートで、多くのママと赤ちゃんが母乳ライフを楽しめるといいな、と願わずにはいられません。

なつ母乳相談室は原則予約制です。母乳育児には心強い存在です。

休診日水・日・祝
診察時間月・火・木・金9時-12時・13-16時、土9時-12時
診察費用初診5000円、再診3000円(消費税は別途)
※ 桶谷式についての詳しい情報は>>こちら

1S3A0060 なつ母乳育児相談室
鎌倉市大船1-14-23 NAビル1-A(横井レディースクリニック隣)
※ 2011年1月追記 大船小そばから移転しました。
0467-45-1184


初回レポート 2006年10月
再取材により更新 2014年07月

投稿者:CanCan

サポーター >>助産院・乳房マッサージへ戻る

outlook 矢内原医院は2013年9月に鎌倉由比ガ浜から大船へと移転し、出産を受け付ける産婦人科医院として新たにスタートしました。「鎌倉で産院を作りたい」という夢を実現された矢内原巧先生と息子さんである矢内原敦先生。鎌倉で出産を望む女性たちにとっても本当に嬉しいニュースです。

新しくなった矢内原医院は、大船駅近くに開設され、矢内原ウィメンズクリニック(不妊治療専門)とは徒歩3分の距離にあります。両施設が連携することで、子どもを望む方々の妊娠の成立から出産までを一貫してサポートしていこうという両先生のお考えから、産婦人科医療に対する熱い思いを感じます。

IMG_8183 矢内原医院のコンセプトである満足できるお産とスモールラグジュアリーは、ハード、ソフト両面に反映されています。一階にある待合室は、ゆったりとした空間と中庭に広がる水盤にうっかり医療機関に来ていることを忘れてしまいそうです。診察室は清潔で明るくゆったりしたつくりで、カップルでの受診も可能です。もちろん4D画像の設備もあります。上のお子さんをお連れの方用に、奥にはキッズルームも完備されています。

IMG_8176 個室は全部で10室(うち2室は2人部屋)あり、各室TVとトイレ付。内装はおしゃれで細部に渡ったこだわりがうかがえます。最上階にあるマザースペースは、食事と憩いの場であり、両脇にデッキを備え、明るく開放的なスペースです。ここには分娩後3日目からできる(1回は無料)という、血流促進の温石オイル整体もあります(2回目以降はオプション)。

IMG_8153IMG_8157

2dr 通常分娩(帝王切開には対応)が対象。自然な分娩を基本スタイルとして、必要に応じて医学的なフォローがなされます。リスクの高い出産に対しても、藤沢市民病院や昭和大学、こども医療センターなどNICU等を備えた周産期救急受け入れ病院と連携しています。母親学級や助産師外来、母乳外来もあり、院長と敦先生を中心に、7人の先生方が携わっていらっしゃいます。

IMG_8637住所:鎌倉市大船2-17-18
電話:0467-44-1188
休診:日曜午後・祝日 [P]
ホームページ:http://www.yanaihara.com/

・ベッド数:12床(個室8、2人部屋2)
・診察室、待合室、受付、助産室、キッズルーム、陣痛室、分娩室、手術室、新生児室、マザースペース、エステティックルームなど
・駐車場あり
・分娩時入院費用の目安:58万円〜
(5泊6日、室料、食費、出産用品、産科医療補償制度の保険料3万円 込)


サポーター >>鎌倉周辺の出産受付病院へ戻る

IMG_6450出張相談・ケア専門の助産師さん。そのお仕事ってー??
私は利用経験がなく、詳しくは知りませんでした。今回、鎌倉で活動する専門の助産師・宮崎さんから連絡をいただき、助産師の出張相談・ケアを間近で取材する機会に恵まれました。

宮崎さんはカルテと赤ちゃん用の体重計を携えて「お母さん」のお宅へ向かいます。この日の訪問相手は生後4カ月のゆう君とおかあさん。生まれたばかりのゆう君がうまくおっぱいを吸えなかった頃からのお付き合いで、相談に応じて出張されてきたのだそうです。お宅に入ると、宮崎さんはお母さんとなごやかにお話ししながら赤ちゃんの体重測定。出生時の体重やその後の体重の推移、運動の様子を確かめながらカルテに記載します。次はお母さんの身体のケアです。朝あまりおっぱいを吸ってもらえなかったというおかあさんは「もうおっぱいが張っちゃって…」とちょっとしんどそうです。

IMG_6465IMG_6477ご自宅のマットに横たわるおかあさんの隣でゆう君はひとり遊びをはじめています。こうした出張相談・ケアの場合は、赤ちゃんはおかあさんと一緒にいてもらうのだそうで、親子とも心地よさげです。宮崎さんは「育児はお母さんの全身のあちこちに負担がかかることも多いので、まずは体のコリから」と背中からゆるめていきます。

普段の様子や授乳時、散歩、お風呂の様子、生活のリズムなどをおかあさんと話しながら、宮崎さんの手は休むことなく動き、足腰、首、肩、乳房と体をほぐしていきます。宮崎さんの丹念なケアで硬くしこっていた乳房からおっぱいがぴゅーっと出るようになるころ、おかあさんの横の赤ちゃんはすやすやとお昼寝です。

IMG_6498約1時間のケアの後、目覚めたゆう君は機嫌よくおっぱいの時間♪ 「ケアの後はすごく楽になって、こどももよく吸ってくれるんです」とおかあさん。宮崎さんは古くからの友人のように親子の様子をにこにこ見守っています。

助産師の宮崎さんは鎌倉に来る前、総合病院や自然分娩や母乳育児に力を入れた病院、助産院に勤務されました。この間、妊婦相談から出産、不足しがちな出産後のケアの出張施術までさまざまな形で出産育児にかかわり、さらに学校などを含めた地域に向けて、性教育や育児支援とその普及の活動もされてきました。

ご自身の出産を機に鎌倉に転入し仕事を一時中断したものの、その後ベビーマッサージや市の健診のお手伝いを始め、自身の子育てとのバランスをとりながら「出張相談・ケア専門の助産師」として活動を広げています。

IMG_6519体調も不安定な乳幼児の育児期。少子高齢化が進み、周辺に同年代の親子も少ない鎌倉では母親も孤独になりがちです。「わたしは子育ての伴走者。お母さんとこどもの元気と楽しさを応援したいんです」と笑顔で話す宮崎さん。おっぱいケアや様子観察、育児相談など個別の産後のケアをとおして母親たちの不安に寄り添い、友人のように、ちょっと先輩として親子を支えているように見えました。

助産師・宮崎由美子
0467-61-3039
妊婦・母乳・育児相談、ベビーマッサージ、乳房ケア、産後ケア等
鎌倉市周辺に出張。要予約
初診:6,000円、再診:5,000円~

投稿者:CanCan

サポーター >>助産院・乳房マッサージへ戻る

image女性向けヨガやストレッチなど運動系の教室を開催するスタジオSUGATAさんが、鎌倉駅近くのビルの3階から同じビルの1階にうつり、イートインを併設しました。

ナチュラル&オーガニックのドリンクやFOODを取り扱い、体に良さそうな食品がその場で食べられるこのスペースでは不定期ですが料理教室も開催されています。隣接したスタジオは以前より広くなり、ヨガやティラピスの講座もここで開かれます。体の状態に合わせた個人レッスン用の部屋もできました。そのうえ新たに設置された授乳スペースにはおむつ替え用のシートまで付いています。

image2 運動系に加え食をテーマにしたワークショップも増えて妊娠中や出産後も含めた「女性の体作りのお手伝い」がバージョンアップしたSUGATAさん。ますます気になる存在になりそうです。

投稿者:CanCan


<SUGATA「mama & babyピラティス」 2010年12月レポート>

sugatamama1ココロとカラダとショクジの3つのバランスを考えるスタジオSUGATA。こちらでは専門のインストラクターによる女性向けヨガやストレッチなど運動系の教室を、食のアドバイスも含めて毎日開催しています。先日、ママ&ベビーの講座が充実したというウレシイお知らせをいただきました。ヨガのクラスに加えてママ&ベビーのピラティスやストレッチの講座などが増えた模様。そこでピラティスの講座にうかがうことに。今回の参加は6組の親子、インストラクターは素敵なNOBUE先生です。

sugatamama2 ピラティスは、リハビリのために開発されたエクササイズ。呼吸法やストレッチを活用し、姿勢をよくしてインナーマッスル(体の内側にある深層筋)を無理なくゆるやかに鍛えます。手足や体を伸ばす、縮める。息を意識して吸う、吐くといった日常動作を利用して体の深部を意識したストレッチを行い、体のゆがみや下垂気味の部分を直していきます。

sugatamama3無理ない動きでスタイルも良くなると評判のピラティスは出産前後の人にも効果があるといわれています。ことに骨盤が緩んでいるため腰やひざなどにも痛みが来やすい産後には、たとえばベビーを膝に乗せて骨をゆっくり動かす動きなど骨盤や背骨を理想的な形に持っていき、腰痛予防と対策のエクササイズとしても最適だそうです。こちらではインストラクターが、それぞれの体に配慮して負担がかかりすぎないように指導。ピラティス用の厚めのマットやタオルも使用しています。これなら運動が苦手な人やリハビリ中の人でもできそうです。

sugatamama4プログラムは緩やかなストレッチから始まり、次第にテンポをあげて器具を使った大きな動きへ。終盤は少し静かに、赤ちゃんと体で会話しているかのような動き。NOBUE先生のテンポのよい進行とユーモアを交えた声掛けに乗って、この日参加した6親子は、見ているこちらも一緒に動きたくなるほど気持ちよさそうに体を使っています。赤ちゃんが泣いてもアシスタントさんがフォロー。まれに大泣でレッスンを中断せざるを得ない場合もあるそうですが、そんな時用にグッジョブカード(次回割引)が用意されているそうです。子連れ事情を配慮したきめ細かいサポートはありがたいですね。エクササイズ終了後は特製のハーブティーと玄米で作られたマクロビのおやつで、ご自身も子育て中のNOBUE先生を交えてママ同士のおしゃべりを楽しんでいました。

ピラティスの講座は1回1時間15分のレッスンで3000円(割引回数券あり)、1回でも複数回でもOK。このほかにもヨガのクラスやマタニティーエクササイズなども定期講座としてあります。少人数の予約制ですが空きがあれば当日でも参加可能で産前産後のクラスは連絡さえあればキャンセルも受けてくれるので、利用しやすくリピーターも多いというのもうなずけます。「楽ちんウオーキング」「マクロビ教室」など、日常の動作や食に関する講座も単発で開催されており、コソガイの掲示板などでも案内されます。ママ&ベビー向けにもますます充実するSUGATAの講座。体を動かす良い機会になりそうです。

YOGA&PILATESスタジオ SUGATA
http://www.sugata.co.jp/
TEL:0467-33-5253
Email:info@sugata.co.jp
鎌倉市御成町3-10 鎌万ビル3F(鎌倉駅東口徒歩5分)
地図は>>こちら

投稿者:CanCan


<SUGATA「マタニティヨガ&産後ヨガ」 2007年02月レポート>

妊娠中の運動不足を解消するのみならず、お産も楽になるとして、マタニティヨガを学ぶ妊婦さんが増えています。

スガタ1 妊娠中は肩や腰がこったり、なんとなく気分がすぐれなかったり。出産や育児に対する不安とも向きあっていかなくてはなりません。「マタニティヨガ」は、そんな妊婦さんのためのヨガ。鎌倉駅東口、下馬交差点に面したビルにあるSUGATAで、マタニティヨガのレッスンを見学しました。SUGATAは06年にオープンしたヨガ&ピラティススタジオです。キュートなインストラクター、Mami先生の指導で、簡単なウォーミングアップからレッスンが始まります。

スガタ2 レッスンは約90分。前半は立ったポーズが中心で、ストレッチのように息を吐きながらゆっくり体を伸ばしていきます。休憩をはさんで、後半は座ったポーズへ。お産の時に役立ちそうな骨盤を開くポーズや、骨盤の傾斜運動などを習います。ヨガの呼吸法は出産をスムーズにする効果があると言われています。妊娠中でも無理なく体を動かし、自律神経に働きかけて、妊娠中やお産に必要なホルモンの分泌をうながすのだそうです。

スガタ3 体が気持ちよくほぐれたら、最後は約10分間のリラックスタイム。照明を落とした中、シムスの体位で横になります。メディテーション中はお腹の赤ちゃんに意識を集中させるよう、Mami先生がやさしく語りかけます。赤ちゃんと対話する時間。こんなゆったりした時間を通して、赤ちゃんを迎える心の準備が少しづつできてくるのではないでしょうか。

スガタ4 Mami先生のマタニティ・ヨガクラスは、ヨガの経験や知識の有無は不問。予約も必要なし。参加は1回限りでも、何回受講しても可(1回あたり3,000円、割引回数券あり)。体調にあわせて自由に参加できるところが嬉しいですね。動きやすい服装を用意して、直接スタジオに来て下さい。ただ、スタジオのキャパシティをオーバーしてしまうと参加できない場合がありますので、お早めにどうぞとのことでした。

スガタ5 H20年4月からは、同じくMami先生の産後ヨガクラスもスタートしました。このクラスでは、産後の体型を整えると共に、育児による身体のコリ、疲れ、ストレスを取り除いていきます。マタニティクラスで一緒だった方が、このクラスで再会!ということも多いそう。ヨガ中に赤ちゃんが泣いてもスタッフがサポートしてくれます。 身体を動かしながら、心を解放してリフレッシュしていきましょう。

スガタ6YOGA&PILATESスタジオ SUGATA
http://www.sugata.co.jp/
TEL:0467-33-5253
Email:info@sugata.co.jp
鎌倉市御成町3-10 鎌万ビル3F(鎌倉駅東口徒歩5分)
地図は>>こちら

マタニティ・ヨガクラス
時間:毎週火曜日15:30〜17:00
対象:安定期に入った妊婦さん。特に医師の許可は必要ありませんが、運動の制限をされていない方に限ります。
Baby&Me(産後ヨガ)クラス
時間:毎週金曜日13:30〜15:00
対象:ハイハイ前の赤ちゃんと一緒に参加。出産を終えた身体と心のケアをしていきます。

※いずれも料金は1回3,000円 4回券(マタニティ、産後ヨガは使用期限なし)10,500円 入会金、月会費等なし
※都合により休講の場合もありますので、事前にホームページなどで確認して下さい

投稿者:CanCan

サポーター >>マタニティスポーツ&ケアへ戻る
>>産後ママ&ベビー教室へ戻る
>>ママの教室へ戻る

IMG_6145H19年に湘南レディースクリニックに併設してスタートした助産師ルーム・湘南ママの部屋は、H24年の今年、クリニックとともにお隣のビルに引っ越しました。

IMG_6180


これにより助産師による検診・指導の部屋とインファントマッサージの部屋がわかれて、スペースが広くなりました。

IMG_6140
インファントマッサージの内容や少人数対象のところは変わりませんが、2面の窓に面してやわらかい光が差し込む室内は刈谷先生のおおらかなお人柄と相まって、何とも明るくて安らぐ場所に、レッスンはさらに幸せオーラを感じる時間になりました。

投稿者:CanCan


<「湘南ママの部屋」のインファントマッサージ教室  2008年10月レポート>

湘南ベビマ1H19年秋に開設した助産師ルーム >>[湘南ママの部屋]。こちらのスペースで、本格的なベビーマッサージのお教室が開催されています。赤ちゃんの情緒の安定や、ママとの絆づくりをうながすと言われるベビーマッサージ。赤ちゃんとの暮らしに取り入れたいな、と思っているママはたくさんいるはず。ここ、[湘南ママの部屋]なら藤沢駅から徒歩2分という便利な場所にあるので、赤ちゃん連れの外出が不安なママでも安心して通えそうです。

湘南ベビマ2湘南ママの部屋の助産師でインファントマッサージのインストラクターの苅谷さんは3児の母。>>IAIM(国際インファントマッサージ協会)のプログラムを知り、本格的に勉強してみて、「本当にいいものだと確信したのでおすすめしています」 とおっしゃいます。IAIMプログラムの特徴は、全4回コースでマッサージの手技をじっくり教われること。湘南ベビマ3指導に当たるのは、国際資格を持つインストラクターで、便秘の解消・成長の促進・睡眠パターンの改善など様々な効果が期待できるそうです。またマッサージを通し、赤ちゃんの「泣くこと」や「サイン」について理解を深め、ママが赤ちゃんとのコミュニケーションとり、絆をつくるうえで大いに役立つということです。4週にわたり顔を会わせ、ディスカッションの時間もあるので、ママ同士や先輩ママであるインストラクターと本音で話せるお友達作りの場にもなりますね。

湘南ベビマ4対象は2ヶ月〜はいはい前の赤ちゃんとママ。1歳未満であれば御相談下さいとのこと。赤ちゃんの急な病気などでお休みしてしまった場合には、残りの回のレッスンでフォローしてもらえます。 1クラス5名までという少人数で、ゆっくり落ち着いた環境でレッスンが受けられるので、他のお教室に行ったけどよくわからなかったという方にもおすすめです。

詳しいことは、[湘南ママの部屋]のホームページをご覧いただくか、直接お問い合わせ下さい。

投稿者:CanCan



湘南ママ3[湘南ママの部屋]インファントマッサージ教室
・ホームページ:
 >>http://mama.shonanlc.com/infantmassage/
・会   場:藤沢市鵠沼花沢町1-12 第5相澤ビル5階
・会   場:(エレベータあり)
・日   時:毎週木曜 10:30〜
・日   時:約60分のレッスンを予定)
・料   金:¥12,000
・料   金:※全4回コース(オイル、修了書代含む)
・問い合わせ:電話/0466-55-5066
・問い合わせ:E-mail/shonan-lc@road.ocn.ne.jp

※「ママの部屋(またはベビーマッサージ)問い合わせ」とお伝え下さい。
※ 湘南レディースクリニックの患者さんや[湘南ママの部屋]の利用者に限らず、どなたでも申込みいただけます。

初回レポート 2008年10月
再取材により更新 2012年04月


「湘南ママの部屋」のレポートはこちら
助産師の刈谷久美子さんによるコラムはこちら >>助産師の仕事

サポーター >>産後ママ&ベビー教室へ戻る

IMG_6221湘南ママの部屋は藤沢駅南口から徒歩2分ほどの産婦人科・湘南レディースクリニックが併設している助産師ルーム。H19年にオープン、H24年の今年、クリニックとともにお隣のビルに引っ越し、スペースが広くなりました。(写真は健診や指導専用スペース)

専門知識を持つ助産師数名が妊娠中および産後のママのケアを担当(出産、入院の設備はありません)、ベビーとママのためのインファントマッサージ講座も開講する湘南ママの部屋の内容は変わりませんが、ケアとマッサージのスペースが分かれ、助産師の診療時間も少し伸びました。

IMG_6228
IMG_6218
助産師によるケアの具体的なメニューは、妊婦検診、保健指導、授乳指導、育児指導、乳房マッサージなど。例えば妊婦検診なら、まずこちらの部屋で助産師さんとゆっくり対面して基本的な検診を行ない、その結果をもって先生の診察を受けるという具合に、医師との連携を重視しているそうです。また、乳房マッサージは今回助産師による検診・指導の部屋とは別の専用スペースもできました。インファントマッサージの講座室とも別です。

産婦人科医の管理のもとに運営される助産師ルームというのは実はまだ珍しいそうで、院長の苅谷卓昭先生によれば「湘南ママの部屋の設置は地域貢献の一つと考えています」とのこと。確かに、妊娠出産時期における大小のトラブルを気軽に相談できる場所があるというのは、地域のママにはとても心強いものです。

投稿者:CanCan



IMG_6243
IMG_6235
「湘南ママの部屋」利用料金(一例)H24年4月現在
・ 初診:¥2,100
・ 相談:¥2,100
・ 母乳相談
■■■相談のみ¥2,100
■■■相談+乳房マッサージ
■■■40分以内¥3,150、40分以上¥4,200

※湘南レディースクリニックの患者さん以外も利用できます。
(クリニック患者さんは初診料はかかりません)

藤沢市鵠沼花沢町1-12 第5相澤ビル5F(エレベータあり)
0466-55-5066 
Pなし。周辺にコインパーキングなど多数。
http://shonanlc.com/(湘南レディースクリニック)
http://mama.shonanlc.com/(湘南ママの部屋)


月・火・水・金 10時〜15時 
木・土 10時〜12時の予約制
乳腺炎等の急性疾患は湘南レディースクリニックの診療時間内であれば上記時間以外でも対応いたします。(午前8:30以降電話連絡可)

初回レポート 2008年09月
再取材により更新 2010年02月
2012年04月

<湘南ママの部屋のBSケア  2010年2月レポート>

H20年にコソガイレポートで紹介した助産師ルーム「湘南ママの部屋」。そこで「新しいケアを取り入れました」とのお知らせをいただいて、また訪問してきました。

oppai2こちらではママやプレママのサポートというお部屋の目的やスタッフに変わりはありませんが、現在は乳房マッサージで「BSケア」と呼ばれる方法に焦点をあてているのだそうです。これは赤ちゃんの母乳を吸うメカニズムにできるだけ近い手指の動きでおっぱいをケアしているので、マッサージの際の痛みをあまり感じないのが特徴とのこと。トラブルがあった場合のマッサージは痛みを伴うことも少なくないので、「うとうとできるほどママに優しいケア」はありがたいことですね。

「BSケアの本質は、おっぱいケアを通してママに寄り添い、心と技を用いて母乳育児できる力を十分に発揮してもらえる環境を整えていくことなんです。主役はやっぱりママと赤ちゃん。でも赤ちゃんが効果的におっぱいを吸えない場合は、私たちがお手伝いをする。そんな姿勢が私たちにあっていると感じて、このケアを学び、取り組んでいます。」とママの部屋の刈谷さんはお話し下さいました。おっぱいの出が少なかったり、しこりや炎症などの症状が出た際の対応はもとよりスムーズな断乳や卒乳、母乳育児での疑問などの相談に普段から応じている助産師さんたち。訪れてくれるママたちに寄り添い、一緒に成長していきたいというあたたかい思いを感じました。

投稿者:CanCan


「湘南ママの部屋」のインファントマッサージ教室(ベビーマッサージ)はこちら
助産師の刈谷久美子さんによるコラムはこちら >>助産師の仕事

>>助産院・乳房マッサージへ戻る

湘南鵠沼産婦人科は、江ノ電柳小路駅から徒歩3分、藤沢駅からでも徒歩18分の場所に2011年5月にオープンした新しい産婦人科です。基本的に通常分娩(帝王切開には対応)を対象とされ、お産の自然な流れを安全に見守ることを目指されています。
LDR(陣痛分娩室)に和室タイプの分娩室、手術室の他、全室個室の16部屋はシャワー、トイレ付で、そのうち2室は、家族が同伴入院できる家族部屋となっています。その他にも、シェフのいる院内レストランや居心地のよい待合等、湘南の明るい日差しが入る5階建ての建物は、瀟洒で開放感のあるホテルのような雰囲気すら感じます。
母子医療センター勤務や離島医療の経験がおありの清水彰子院長と、今村利朗先生(横浜市の総合病院産婦人科非常勤部長兼任)との常勤医2名体制です。

湘鵠産科1住所:藤沢市鵠沼藤が谷1-7-10
電話:0466-55-0070
休診:休診:水曜・日曜・祝日 [P]
ホームページ:http://kugenumaclinic.jp/


・ベッド数:16床(全室個室)
・診察室、待合室、受付、陣痛分娩室(3)、和室分娩室、手術室、新生児室、ラウンジ
・駐車場あり
・分娩時入院費用の目安:50万〜60万
(5泊6日、室料、食費、産科医療補償制度の保険料 込)

IMG_8201
ロビー&受付
IMG_8217
ラウンジ


IMG_8214
超音波検査室
IMG_8210
手術室


IMG_8204
個室
IMG_8206
家族も泊まれる個室


IMG_8211
陣痛分娩室
shugo
清水先生(前列右)とスタッフの皆さん


>>鎌倉周辺の出産受付病院へ戻る

オハナ01 スタジオオハナさんが市場踏切のそばから材木座に移りました。以前の場所から徒歩5分、バス通りに面したスタジオは大人10人が十分踊れる広さです。

オハナ02

オハナ03

取材したのはベビーヨガのクラス。今回は特別にフラを取り入れたレッスンで、0〜2歳の赤ちゃんとママの5組が参加します。ハワイでは赤ちゃんがいてもママはおひざに乗せて踊るのが一般的とか。ここオハナではまずは絵本を読んだり、ウクレレを弾いてみんなで歌ったり。アットホームで緩やかな空気のなか、やがて先生を中心にしてママたちが座ったまま踊り出します。 おひざの上の子どもたちも一緒にリズムをとっているようです。歩ける子はあっちこっちのママのところに動きますが、それも何だかダンスのうち、と思えるほど音楽に自然に乗っています。


オハナ04
新しい場所でのヨガ&ベビーマッサージの講座は新生児〜1歳半ぐらいまでのベビちゃんとママを対象に、月齢に合わせて3つのクラスに分けています。フラの講座は親子クラス(未就園児+ママ)、子どもクラス(3歳〜)、大人クラス(子連れOK)の3パターン。

対象にする年齢が広がりましたが、子どもから年配の方までがヨガやフラを通して、楽しみながら自分たちの体と向き合ってほしいという島中先生の気持ちは材木座に移っても変わりありません。子どもたちを見守りながらのレッスンには、温かく緩やかな時間が流れていました。

投稿者:CanCan


<スタジオ オハナ  2010年1月レポート>

オハナ1オハナ2「市場」こと鎌倉市農協連即売所の裏手、「市場踏切」の脇にスタジオ オハナはあります。鎌倉カイロプラクティックの一室に09年7月からオープンしました。「うわ〜、明るい!」と声をあげたくなるようなスタジオ内で、取材時には6名の大人と子どもがのびやかに踊っていました。スタジオのチラシを見てやって来た方、以前からのフラ・ファン、先生のダンス仲間というママさんたち…。参加者それぞれが、親子でできるダンスを体全体で楽しんでいるように見られました。

オハナ3オハナ4インストラクターの島中久絵 先生は本格的なフラダンサーとして活躍され、国内外の数々のコンペティションに参加した実績をお持ちです。体育系の大学を卒業後、ダンスを続けるために仕事も変えて川崎の教室で指導されてきました。出産後も1か月目から復帰してその年のフラダンス日本大会で優勝した、まさにフラの「プロ」。ハリのある優しい声と背筋の伸びた立ち姿は圧倒的な存在感があります。

オハナ5オハナ6オハナ7

そんな先生が子育てをしながらご主人の診療所内で開設したスタジオ オハナ。ハワイ語で「家族」を意味する「オハナ」には、「競技ではなく、親子で一緒に楽しめることを鎌倉でやっていきたい。楽しい仲間が集う場所にしたい」との気持ちが込められているそうです。実は先生はフラ以外にも赤ちゃんヨガ、ベビーマッサージのインストラクター資格をお持ちとのこと。当初は「自分たち親子が楽しめればいいな」と習い始められたそうですが、多くの親子が安心して過ごせるように広めてほしいとセラピスト協会から望まれ、現在はフラと同じくスタジオにて教えていらっしゃいます。こんな風にオハナという場では、経験豊かな先生が温かく見守るなかで子どもから年配の方までが自分の体と向き合っているようです。各々がフラやヨガを通して「いい汗」をかいて集っている様子は、見ていてうらやましいぐらい。

オハナ8昨夏にはスタジオのみなさんは海岸でフラダンスを披露されたとうかがいました。先生も生徒さんも「次の夏には子どもたちともビーチでフラをしたい!」と早くも「一緒」の夢を膨らませています。

投稿者:CanCan



オハナ05スタジオ オハナ
http://www.baby.4271.jp/
鎌倉市材木座6-1-2
連絡先:090-5204-0009
ヨガ&ベビーマッサージ
第2、4火曜日 10:30〜12:00 新生児
第3火曜日   10:30〜12:00 7か月〜12か月
第2火曜日   10:30〜12:00 1歳〜1歳半
※変更になる場合があります。詳細は直接電話等でご確認ください。

フラダンス
火曜日 12:30〜 親子クラス(未就園児+ママ)
木曜日 15:30〜 子どもクラス(3歳以上〜 40分間)
木曜日_16:15〜 大人のクラス(子づれOK)
土曜日 13:30〜 大人のクラス

投稿者:CanCan

サポーター >>産後ママ&ベビー教室へ戻る
>>ダンス系教室へ戻る

diet3不妊治療の専門医院・矢内原ウィメンズクリニック が、ダイエットのための外来を始めたと伺い、お話を聞きに行ってきました。

ダイエット&エクササイズ外来とは、医師の指導のもとに、妊娠しやすい体作りを目的とした食事や運動療法です。対象者は、挙児(子どもを得ること)希望の女性に限られているため、お子様連れの受診はできません。また、健康保険の対象外となります。

diet1妊娠と体重・体形とは、大きな関係があると言われています。例えば、肥満や痩せすぎは、どちらも排卵障害の原因のひとつです。体脂肪を減らすだけでなく、筋力をつけ、代謝を上げて血流を良くし妊娠しやすい体質を作っていくためのエクササイズは、痩せすぎの人の体力作りにも効果があります。適切な体重管理は元気な体の獲得にも、妊娠中のトラブルを回避することにもつながっていきますし、肩こりや腰痛の解消も期待できます。

初診でその人にあったエクササイズメニューの作成と指導があり、再診からは4〜5人のグループでエクササイズを行います。対象者が限られているのは、グループ内のコミュニケーションが不妊治療のメンタル面での支えになるとの考えから。孤独な戦いになりがちな不妊治療のつらさを分かち合う場としても機能していることを考えれば、子連れ参加不可も納得です。

diet2担当の黄木詩麗先生はご自身も8キロのダイエットに成功しているとか。糖尿病など生活習慣病の予防や治療に効果がある運動療法を研究してダイエット&エクササイズ外来のプログラムを考案、指導にあたっています。

2010年7月の開始から2か月、食事制限なしに4キロ減を達成した方もいらっしゃるというエクササイズメニューは、1度の指導で全身の筋肉に「効く」ことが十分に実感できる優れもの。一般的な食事指導はもちろんのこと、忙しい人におすすめの食材やサプリメントのアドバイスなど、ひとりひとりに合わせたきめ細かな指導を行っているそうです。希望者は採血やCTで皮下脂肪・内臓脂肪のチェックにより効果を確認することができます。

初回予約日 月曜日・金曜日 15:30〜16:30
2回目以降 木曜日・木曜日_11:30〜12:30

料金(健康保険対象外) 初診  3000円
料金(健康保険対象外)_再診  1000円

矢内原ウィメンズクリニック
ホームページ http://yanaihara.jp/
鎌倉市大船1-26-29大船サンビル4F
0467-50-0112 予約制
休診:木午後、日午後、祝 [提携P]

投稿者:hanako

クリニックのレポートは >>不妊治療専門の産婦人科 -矢内原ウィメンズクリニック-

サポーターコソガイ取材の病院・クリニックの一覧は>>「鎌倉の病院情報」へ

今、不妊に悩むカップルの割合は10組に1組なのだそうです。晩婚や女性の社会進出などで初産の年齢が高齢化していることに加え、「結婚すればいつかは子どもができる」と考えて様子をみるうちにどんどん妊娠しにくい年齢になってしまうケースが多いのだとか。1人目は自然妊娠したのに二人目ができなくて病院にかかるという例も少なくありません。
不妊治療の困難な点は、原因がなかなか特定できないこと。男性、女性、それぞれのトラブルの場合もあるし、カップルの組み合わせによる場合もある。非常にデリケートな問題で、体の治療だけでなく心理的なケアもとても重要だと聞いています。

09年4月に大船駅近くに開設された>>「矢内原ウィメンズクリニック」は、鎌倉市内で初、先端生殖医療センターを併設した不妊治療専門の産婦人科です。体外受精、さらには顕微授精も可能な培養室には、“卵子と精子のスペシャリスト”である培養士が常駐。一般的治療では妊娠が困難なケースにも対応できる高度なシステムを備えています。

矢内原WC1矢内原WC2
培養室
リカバリールーム


院長の矢内原敦先生は、お名前を聞けばお分かりの通り、由比ケ浜の産婦人科で女性たちに大人気の矢内原巧先生の息子さんです。長らく大学病院で不妊治療をご専門にされ、日本生殖医学会の生殖医療指導医の資格もお持ちです。
そんな先生が「治療で一番大切にしているのは“パーソナライズ”」とおっしゃいます。カップルそれぞれのバックグラウンドを尊重して、患者さん一人一人と時間をかけてお話しながら検査を重ね、治療方針をさぐっていく。その過程が、ベストの結果につながっていくのでしょう。

矢内原WC3矢内原WC4
検査室
オペ室


治療中の患者さんには大変センシティブな方もいらっしゃるので、クリニックではお腹が目立つ妊婦さんの健診は受け付けていません。こちらで妊娠した場合も、15週をすぎると鎌倉市医師会立の産院>>ティアラかまくら(矢内原院長は非常勤でティアラでの診療も担当されています)を含む他の出産受付院を紹介されます。また、上のお子さん連れで受診する方のために、通常の待合室とは仕切られたスペースにキッズルームを設けているなど、患者さんの心のケアにも配慮をされています。

矢内原WC5矢内原WC6
待合室
キッズルーム


マスコミでは40歳すぎて妊娠出産した芸能人の話題が取り上げられることもありますが、残念ながら、年齢とともに自然妊娠の確率はどんどん下がっていくのが現実。20代半ばなら「しばらく様子を見よう」というのもアリですが、30代後半や40代になって子どもがほしいと思ったら、「とにかくまず受診されることをおすすめします」とのお話でした。
そんな方たちのためにも、身近に、頼れるクリニックができたことを嬉しく思います。

※現在、体外受精や顕微授精には県から治療費の一部が助成されます(所得制限等の条件あり)。
詳しくは>>神奈川県健康増進課ホームページ

矢内原WC7矢内原ウィメンズクリニック
(左写真:矢内原敦 院長)
ホームページ http://yanaihara.jp/
鎌倉市大船1-26-29大船サンビル4F
0467-50-0112 予約制
休診:木午後、日午後、祝 [提携P]

ダイエット&エクササイズ外来のレポートは>>矢内原ウィメンズクリニック ダイエット&エクササイズ外来

サポーター コソガイ取材の病院・クリニックの一覧は>>「鎌倉の病院情報」へ

鎌倉駅東口からすぐ、新星堂脇の路地を入ったところに09年2月にオープン。全国初、医師会立の産科診療所で、運営は鎌倉医師会が行い、家賃や機器 のリース料、運営の赤字部分を鎌倉市が負担する。鉄筋コンクリートの2階建ての建物を改修したもので、内装や設備は新しく明るい雰囲気。通常分娩が対象 で、重篤な合併症や危険性が高い分娩は受け入れ不可。H21年5月現在、常勤スタッフは産婦人科男性医師1名、助産師9名、看護師3名ほか。小児科医は非常勤。

住所:鎌倉市小町1-9-10(鎌倉駅東口徒歩3分)
電話:0467-61-0311
休診:水曜と土曜の午後、日・祝
ホームページ:>>鎌倉市医師会

・ベッド数:8床(個室5室、3人部屋1室)
・1F:診察室、待合室、受付、厨房ほか  2F:陣痛室、分娩室、手術室、新生児室、入院室ほか
・駐車場:10台
・料金のめやす:個室は市民55万円(他60万円)、3人室で市民50万円(他55万円)。住民登録がなくても、里帰り出産の場合は市民と同額になる。

tiara1tiara2
正面外観
診察室


tiara3tiara4
陣痛室
分娩室


tiara5tiara6
3人室
個室


tiara7tiara8
新生児室
ナースステーション


>>鎌倉周辺の出産受付病院へ戻る

※コソガイサロンとしての活動は2010年2月で終了しました。サロン自体はにこにこサロンと名称を変えて継続しています。

10月29日水曜午後、いつもの生涯学習センター和室で第三回コソガイサロン同窓会を開催しました。7月から10月のサロン( >>にこにこ 、>>すっきり、>>らくらく)に参加されたママ&ベビー、25組が集まってくれました。
前回二回に比べると参加人数が少なく、月齢も全体的に低め。ハイハイしてる子が2-3人という感じだったので、ちょっと落ち着いた雰囲気の同窓会になりました。

第三サロン1第三サロン2第三サロン3
第三サロン4第三サロン5第三サロン6
第三サロン7第三サロン8第三サロン9

特別ゲストとして、ご近所の >>原歯科医院の原先生をお招きしました。赤ちゃんとママのオーラルケアを中心に、ためになるお話を簡潔にして下さいました。おしゃぶりや歯並びのお話には、ママたち興味津々。しかし何と言ってもインパクトNO.1は、ぶつけて子どもの歯が抜けちゃった時の話。抜けちゃった歯をどうしたらいいか。精製水とかじゃなくて、タンパク質のものに浸けた状態で、一刻も早く病院に持って行くのがいいんですって。身近にあるタンパク質のもの、それは・・・牛乳!! なるほどねー。

第三サロン10第三サロン11第三サロン12

歯医者さんの選び方についても、質問が出てましたね。虫歯がなくても、小さい頃から歯医者さんの雰囲気に慣れさせておくといいですよ、というアドバイスには、納得!のママが多かったみたいです(原先生のブログは >>こちら)。
後半は例によって、月齢別に分かれてのフリータイム。ママたち同士はもちろん、赤ちゃん同士でもコミュニケーションをとる姿があっちこっちで見られました。すごい可愛いショットもたくさん撮れました。ぜひ、クリックで拡大してみて下さいね!

第三サロン13第三サロン14第三サロン15

>>鎌倉子育てガイドとは?へ戻る

由比ガ浜・材木座の海岸に「みんなのトイレ」開設!

浜辺で遊んで砂まみれ、浜遊び中のトイレやオムツ換え、困った経験はありませんか?

海岸トイレ1鎌倉市では由比ガ浜〜材木座海岸にある公衆トイレ4ヶ所の改修工事を進めており、2008年9月現在2ヶ所が改修済み。多機能トイレとして小さいこどもからお年寄り、障害者の方まで、利用しやすい「みんなのトイレ」が設置されました。

海岸トイレ2男女トイレとは別にある「みんなのトイレ」。内部は明るい照明で車椅子と付き添いの人が入れるくらいの広さです(写真:右)。
赤ちゃんのオムツ交換用ベビーシート、ベビーチェアに加え、ジャワメイト(人工肛門、人工膀胱の方のための専用トイレ。年中8時-18時で使用可)に着がえ台も設置。洋式トイレには手すり、背もたれ有り。内部のゴミ箱は6月28日〜8月31日の海水浴期間のみの設置で基本的にゴミは持ち帰り。設置期間内であっても、オムツはもちろん持ち帰りましょうね。

一般の男女別トイレも、海の公衆トイレのイメージをくつがえす明るさと清潔さです。女性トイレは和式・洋式それぞれにベビーシート付き、手すり付き。従来の海のトイレがすべて和式で、手洗いは手のひらで押し付けて水を出す古い形であることに比べると、格段の進歩です。

海岸トイレ3海岸トイレ4

さらに女性トイレ側外壁にはシャワー(写真:上左)が2つ。このシャワー使えそう!と飛びついて見たら、実はいろんな制限がありました。使用は6月28日〜8月31日夏季のみ。この期間以外はヘッドを取り外す等の措置で使用できなくなります。更に夏季使用期間内でも使えるのは朝7-9時、昼12-13時、夕方17時―19時のみ。市の担当者によると「使用時間の制限は海の家との兼ね合いがあるため」とのことですが、実にザンネン・・・。
なお、男性側外壁にある足洗い用の蛇口(写真:上右)2つは、年中使用可。子どもの汚れくらいなら、これでなんとかなるかな。

現在改修済みなのは、滑川河口近くの由比ガ浜滑川公衆トイレ(写真:下左)と、材木座バス停脇の地下道から海へ降りた、材木座第2公衆トイレ(写真:下右)。材木座第1トイレ(お好み焼き「かたつむり」前)と由比ガ浜中央トイレ(海浜公園のグランド近く)は、来年度に改修予定とのこと。「みんなのトイレ」付き新設トイレは全て同じ設備になるそうです。

海岸トイレ5海岸トイレ6

子連れ浜遊びの強い味方になってくれそうな新設トイレ、これからは使う私たちがマナーを守って、文字通り「みんなのトイレ」として大切に使っていきたいものですね。

投稿者:プーマさん

>>鎌倉の授乳室・トイレ情報へ戻る

※コソガイサロンとしての活動は2010年2月で終了しました。サロン自体はにこにこサロンと名称を変えて継続しています。

7月9日(火)午後、第二回コソガイサロン同窓会を開催しました。赤ちゃん連れのママたちの気分転換とお出かけの場になればとH18年秋にスタートしたコソガイサロン。今回は、>>昨年冬の同窓会以降のサロン卒業生たちを中心に38組の母子が集まってくれました。梅雨空でしたが心配された雨もなく、会場は冷房全開! それでも若いママ&ベビーの熱気でムンムン!!(写真はクリックで拡大します)

第二サロン1 第二サロン2 第二サロン3
第二サロン4 第二サロン5 第二サロン6
第二サロン7 第二サロン8 第二サロン9
第二サロン10 第二サロン11 第二サロン12
第二サロン13 第二サロン14 第二サロン15
第二サロン16 第二サロン17 第二サロン18
第二サロン19 第二サロン20 第二サロン21

今回のゲストは、台にある>>岩武耳鼻咽喉科の岩武先生。赤ちゃんに多い耳鼻の病気や、日常のケア、赤ちゃんをお医者さんに診せる時に気をつけてほしいことなどをわかりやすくお話し下さいました。赤ちゃんの鼻の穴や耳ってほんと小さいですからね。安全に素早く診療をするためにママの協力が不可欠だというお話には、多くのママがうなずいていました。ママたちからの質問にも丁寧に答えて下さった岩武先生。病院以外の場所で、白衣でない先生とフランクにお話することって案外ないですからね。こういう機会がもっと増えれば、モンスターペイシェントなんて言葉も聞かれなくなるのかも、と思いました。

第二サロン22 第二サロン23 第二サロン24


後半は、おおまかにお住まいの地域に別れておしゃべり。新しい出会いもいくつもあったようで、そこかしこでアドレス交換をする姿が見られました。小学校で同級生になる子も多いでしょうね。どうぞ楽しいおつきあいを続けて下さいね!

>>鎌倉子育てガイドとは?へ戻る

07年5月、由比ガ浜大通りに面した新築ビルの1Fに、市民や観光客が使える公衆トイレが誕生。車いすでも使える多目的トイレ内に、オムツ替えができる多目的シートやオストメイト対応トイレが設置されています。女性用トイレにもベビーチェアが。
このトイレは、ビルの所有者と市が賃貸借契約を結んで整備をしたもので、維持管理はNPOが担当しています。利用時間に限定あり。

利用時間:9時〜18時(年末年始のぞく)
場所:鎌倉市由比ガ浜2-4-39
江の電踏切から六地蔵方面に向かって約10m
ギャラリー&カフェ「ジャックと豆の木」

yuigahamawc1yuigahamawc2yuigahamawc3

>>鎌倉の授乳室・トイレ情報へ戻る

観光客の多い北鎌倉駅からすぐ、円覚寺駐車場わきにある瀟洒な外観の公衆トイレ。和風の庵を思わせる通りの雰囲気にマッチした作りになっている。おむつ替えシート、子ども用便座などが付いた多目的トイレは広さも十分で車いすにも対応。通常の個室も新しいですが、シーズンには大変混みます。北鎌倉から鎌倉方面へ行く方はここを逃すと公衆トイレは八幡宮までないので要注意。

場所:山ノ内408

yamanoutiwc1yamanoutiwc2

>>鎌倉の授乳室・トイレ情報へ戻る

※コソガイサロンとしての活動は2010年2月で終了しました。サロン自体はにこにこサロンと名称を変えて継続しています。

第一サロン1 鎌倉周辺の妊婦さん&新米ママたちの憩いの場、お友達づくりの場になるといいな・・ということで、マタニティケアやベビーマッサージ、さらには産後ヨガやアレクサンダーテクニークの専門家をお招きし、受講者を募って開催してきたコソガイサロン。H18年11月にスタートして、おかげさまで1周年。鎌倉のみならず、横浜や横須賀、茅ヶ崎あたりからもたくさんの方に参加していただきました。
せっかくお知り合いになったのだし、その後のベビーちゃんたちにも会いたいな〜ということで、このたび果敢にも『第一回同窓会』を企画。当日はあいにくのお天気でしたが、鎌倉生涯学習センターの和室に36組のベビー&ママが大集合。とってもにぎやかで楽しい会になりました。

同じサロンを受講されたお友達としばらく再会を楽しんでから、お願いして生まれ月順に並んでいただいちゃいました(写真は>>こちら)。一番小さい子は9月生まれの3ヶ月。大きい子でも1歳半。同じ月齢の子を持つママ同士でお話がはずみ、また赤ちゃん同士も興味深そうにお互いを探り合っている様子。すごく刺激になっただろうな。

今回は「らくらくサロン」講師の芹沢さんのお友達のヴォーカリストが飛び入り参加して、クリスマスソングを聴かせて下さるというサプライズ付き!

第一サロン2

1曲唄い終わったところで、なんと、赤ちゃん全員シ〜〜ンとなって、中央のゲストにくぎ付け!! 「わぉ、唄の力ってスゴい!」と鳥肌モノの瞬間でした。手拍子付き『ジングルベル』のあとは、『きよしこの夜』をママたちも一緒にハミングで大合唱。とっても清らかでハートウォーミングな皆さんの歌声に胸打たれました。なんだろう、母性特有の波長みたいなものがあるのかも。ほんと心にしみる響きでしたよ!

夜泣きがすごかったり、食べなかったり、自分の時間がなかったりと、いろんな「大変」を抱えているママたち。でも、こんな風に唄って、しゃべって、笑っている顔は、みなさんとってもキレイだな〜って感動しちゃいました。みんな、集まってくれてほんとにありがとう!! どうぞ今日の出会いを大切にしてくださいね。

第一サロン3

鎌倉版タウンニュースに掲載されました!>>2007年12月21日号トップ記事

>>鎌倉子育てガイドとは?へ戻る

マール1ここのところ、いいペースで赤ちゃんの体重が増えていくのは嬉しいものの、くしゃみをするだけで腰が痛むようになってしまった。いつかギックリをやってしまいそうで恐ろしい上に、ひどい頭痛にも悩んでいた。おそらくスリングや、抱っこ、おっぱいなどの偏った姿勢が原因だと思うのだが、毎日コレといった運動も出来ず、腰の周りの筋肉も衰えたまま・・・。さすがに危機を感じ、妊婦の時にお世話になったマールの加田さんにマッサージをしてもらうことにした。

赤ちゃんがいるのでどうしようかと思っていたら、出張で家に来てくれるというので、近所の同じく子育てをしているお友達と誘い合って、3人でお願いすることにした。これなら順番にお互いの赤ちゃんのお守りも出来る。

当日、細い体で簡易ベッドを運んできた加田さん。まず、腰の調整からしてくれるという。服を着たままでベッドに横になり、軽いタッチ程度の施術。なのに、おやおや? ずずずず・・・と骨が動いてゆくような不思議な感覚。これは「クレニオセイクラルセラピー」というそうで、軽いタッチで体に触れ、内側からの変化を呼び起こすのだそうです。起き上がってみると、腰の危うい感じが明らかに軽くなっている。更に赤ちゃんを抱く時に、片方の腰に痛みがあったのも大分よくなっている。
腰の調整の後は、辛い肩こりと腰の筋肉をオイルで丁寧にほぐしていただいて、至福のひと時を終えたのでした。

今回の施術はハーフボディで5000円。子育て中の心や体は、自分が思った以上に疲れているものなので、子育ての大変な時こそ自分に贅沢をするべきだと思う。赤ちゃんにとっても、ママが元気で心穏やかなのが一番。自宅で受ける出張マッサージは、小さな赤ちゃんのいる方にこそおすすめです。
終わった後でお茶をしながら子育ての先輩でもある加田さんに色々と相談に乗ってもらって、体も心もほぐれ、とてもすっきりと穏やかになったのでした。

マール2アロマセラピー&リフレクソロジー“MAR”(マール)
料金
フルボディ・トリートメント 80分 8,000円
ハーフボディ・トリートメント 40分  5,000円
リフレクソロジー 60分  5,000円
リンパドレナージュ(フェイシャル)60分  6,000円ほか
妊娠20週以降の方を対象にしたマタニティ・タッチセラピーは、フルボディ45分で6,000円。
※ 由比ヶ浜にあるサロン(上写真)で施術の場合も、出張の場合も料金は同じです。出張の場合は、別途交通費(実費)が加算されます。
※ 腰の調整は状態をうかがった上で、必要な場合は施術に取り入れます。

問い合わせ先:マール 加田 洋子
鎌倉市由比ガ浜2-22-1 1の鳥居接骨院内
Tel: 090-9323-5956 (10:00-21:00)
e-mail: kata@@@xc4.so-net.ne.jp(@は一つに)
詳しくはホームページで。
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/seven-miles/

投稿者:ユキムラさん

>>美容院・マッサージへ戻る
>>マタニティスポーツ&ケアへ戻る
>>鎌倉妊娠日記 8ヶ月へ戻る

湘南鎌倉総合病院、茅ヶ崎の齋藤助産院で助産師として活躍。その後、出張専門として湘南地区の自宅出産ベビーを数多くとり上げてきた井本園江さんが、2007年夏に入院分娩ができる助産院を開設されました。
大船駅、および藤沢駅からバスで15分ほどの住宅地の中の一軒家。その2階部分が井本さんのご自宅兼助産院になっています。

井本助産院1
左から寛げるリビングスペース、入院室、バリアフリーでつながっているバス&トイレスペース

ここには、いわゆる「分娩台」のような設備はありません。「脱衣所でも畳の上でも、好きな所で好きなかっこうで産んでいいのよ」と明るくおっしゃる井本さん。「産婦が主役になれるお産」を手助けしてくれます。

助産院でのお産、または自宅出産というと、必要以上に身構えてしまう人も多いようですが、一方で、きっちり自己管理できる健康な妊婦さんでないと難しいという条件もあります。まずは直接、井本さんにご相談してみてはいかがでしょうか。

井本助産院2助産院のオープンルームに集まった「自宅出産」ファミリーたち。気さくでめんどう見がいい井本さんのお人柄を慕って、子どもが大きくなっても訪ねてみえるファミリーが多いとのこと。

井本助産院3【内容】
 自宅出産(藤沢市・鎌倉市・横浜市栄区など)
 入院分娩 妊婦健診 母乳相談 ほか

【出産体位】
 ・フリー、アクティブバース、水中出産など
 ・夫、子ども、友人など立ち会い可

【嘱託医】 矢内原医院(由比ケ浜) 矢内原巧先生

【緊急時搬送先】 湘南鎌倉総合病院ほか

井本助産院4 ***2014年9月追記***
このレポートの内容は2007年10月以前の取材によるものです。その後の変更もありますので、詳細については直接お問い合わせのうえご利用下さい。

出産費用やその他料金の目安は、助産院のホームページで確認できます。


井本助産院5井本助産院
・〒251-0011 藤沢市渡内530-5
 大船駅または藤沢駅からバス 約15分
・TEL 0466-25-8709
 留守の時は留守電にメッセージを
・携帯 090-9848-3043
・診察時間 原則として9:00-17:00
 必要に応じて、日・祝日、時間外も妊婦検診、母乳相談可

※井本さんの助産で自宅出産をしたみわぞうさん(鎌倉在住)の体験記は>>こちら

>>助産院・乳房マッサージへ戻る

おんぶ1先日、市が主催する離乳食講習会に参加してきました。
その名も「おんぶで離乳食」。

参加者は全員、赤ちゃんをおんぶして実習を受けます。
(おんぶの良さを知ってもらうのも講習目的の1つになっています。紐は貸してもらえます)
何を隠そう、ワタシ、おんぶは小さい頃おままごとでつけて以来(笑)
おんぶ紐を貸してもらい(昔ながらのバッテン紐でした・・・)、スタッフの方につけてもらいました。

会場となる深沢行政センターに到着すると、ゴザの敷かれた広い会議室に、すでに10組以上のママ&ベビーが集まっていました。
今日は市内の同月生まれの赤ちゃんが集合するので、ちらほらお見かけしたことのあるママも。

また、実習は同じ地区ごとグループになって行われます。なかなか嬉しい配慮です。
ちなみにご一緒したグループのママさんたちとは、全員徒歩圏内の超ご近所サン。
みんな初対面でしたが、これからきっとスーパーとかでご挨拶するんだろナ♪

おんぶ2<講習内容>
  • 離乳食の進め方
  • こんぶだし汁の試食
  • 十倍粥(お粥をすりこ木でつぶしてザルで裏ごす)
  • にんじん、かぼちゃ、かぶを使った離乳食(初期・中期別の調理方法)
  • 赤ちゃんの食べ方(口の動き)で試食
*赤ちゃんへの試食はありません。ママが全部キレーに食べます!

内容的には広く浅くという感じでしたが、赤ちゃんの食べ方を真似ての試食は、とても参考になりました。

そっかぁ、口を閉じてもぐもぐできるようになるまでは、とても食べにくいのね・・・。
こぼしたり、スプーンを嫌がるのも当然といえば当然だよね。
潰したり漉したりする作業は、ちょっと面倒くさそう・・・。チンでもいいのかな?・・・etc

息子は背中でイナバウアー状態で熟睡zzz
時々お隣のママに元の位置に戻してもらいましたが、おんぶもなかなかよいですね。抱っこよりダンゼン楽でした!

投稿者:スーさん

>>乳幼児健診・予防接種へ戻る

 赤ちゃん連れの外出を楽しく快適にしてくれるベビーカー。できれば出産前に用意したいと思うけど、さて、どういう商品がいいの?と悩むファミリーも多いでしょう。近頃は海外製品も含めて選択肢が増えたため、選ぶのが余計難しくなったという声も聞きます。

 「ベビーカー選びには、まず家族のライフスタイルや住居環境を考えることをオススメします」と、コンビ 東京営業所の根岸さん。具体的には、日常的な買い物は徒歩か、車利用か。外出時に階段を使うかどうか。よく電車に乗るか。パパも押す事があるか、などなど。根岸さんご自身も昨年お子さんが産まれたばかりで、赤ちゃんと暮らして初めて気づいたことがいろいろあったそうです。

 今までは「ベビーカー=コンパクトで軽いのが一番」という考え方が主流でした。確かに電車やバスを頻繁に利用する場合や、エレベーターのない集合住宅に住む人にとって「軽さ」は重要なポイントです。でも1階に住み、家族のお出かけや買い物はほとんど車、という人にとっては「軽さ」よりも「扱いやすさ」や「機能性」が重要なはず。週末の遠出にはパパが一緒だから、少しくらい重くても押しやすい方がいい、という考え方もあるかもしれません。

コンビ1コンビ2 例えば、07年2月にコンビから発売されたB型の「Thruller(スルーラー)」という商品。大きめの後輪を持つ3輪型で、片手でも思い通りに扱える安定した操作性が特徴です。雨の日に傘をさしたり、ドアを開け閉めしたい時、両手がふさがるベビーカーは案外不自由なもの。Thrullerならご覧の通り、片手で押し引きしながら颯爽と歩けます(右写真)。アメリカンデザインのシルエットとカラーもかっこいいですね。

 車中心の生活をするファミリーなら、ベビーカー+ベビーシート+キャリー&ラックの組み合わせでマルチに活躍する商品も選択肢に上がるでしょう。下写真は、同じく07年発売のコンビ「EX COMBIマルチ5ウェイ」。

コンビ3 お散歩やドライブの途中で眠ってしまうことが多い赤ちゃんですが、ママは1分でも長く寝かせておきたい!と思うもの。1歳ぐらいまで使えるベビーキャリー(左写真)は、車やベビーカーの中で寝ちゃった赤ちゃんを起こさずに部屋の中まで移動できるという優れもの。そのありがたさは、子育て経験者なら誰しも納得のはず!?

 日々、進化しているなと感じるベビーカー。一番安心なのは、実際にさわって動かしてみて購入することですが、残念ながらデパートや赤ちゃん用品専門店にすべての商品が展示されていることはありません。「ご覧になりたい時は本社1Fのショールームをお訪ね下さい」と根岸さん。チャイルドシートやラックはもちろん、キュートな形と色づかいが人気の「ベビーレーベル」シリーズの赤ちゃんグッズなども手にとって見ることができます(注:いずれも販売はしていません)。オープンスタイルのショールームではありませんので、まずコンビコンシューマープラザに電話で申し込んでからお越し下さいとのことでした。

コンビ4ショールーム所在地;台東区元浅草2-6-7
MAP>>こちらからご覧下さい
地下鉄銀座線「稲荷町駅」徒歩2分
都営大江戸線「新御徒町駅」A1・A3出口より徒歩4分
JR「上野駅」浅草口より徒歩8分

申込先:コンビコンシューマープラザ
TEL:048-797-1000
受付時間;月-土曜日 10:00-17:00

>>子ども用品へ戻る

お腹の中の「私」が見える?

4D写真14D写真2

左は、9週目の「私」。右は29週になった「私」。
最新型の「4D」というマシンを使って撮った写真です。でも特別な検査をしたわけじゃないの。今までの超音波(エコー)検査と同じで、ベッドに寝ているママのお腹にゼリーを塗って、先生がスキャンする機械(プローブ)をあてるだけ。ママも、一緒に来ているパパも、パソコン画面に映った「私」を見ながら一生懸命話しかけてくれます。二人ともとっても楽しそう!

下の写真を見比べてみて。今までのエコー写真は白黒で、シルエットがぼんやり写るぐらい(左写真)。右の4D写真だと、「私」の手の指も、顔の輪郭も、臍帯まではっきり見えるでしょ?

4D写真3

先生の説明だと、モノが立体に見える「3D画像」を時間を追ってみられるから「4D」と呼ぶんだそうです。1秒間に6回画像が更新されて、映像を見ているみたいにリアルなんだって。手で顔をこすったり、あくびをしたり、足を握ったリ、キックしたり。しかめ面や微笑む顔まで、よーくわかるらしいの。ママの臍帯を握って安心している様子も見られちゃう(下写真)。ママは「ああ、お腹の中で生きてるんだなあ」って実感がわいて、とても感動するみたい。

4D写真44D写真5

でも体の向きとか、羊水のバランスで、うまく見える時とダメな時があるそうです。ステキな写真を撮るために、先生とママが「こっちこっち」って声かけてくれるから、「私」も頑張って動こうとするんだけど・・。あんまりうまくいかないこともあるの。そんな時はごめんね。

※ 掲載の写真は、矢内原医院で実際に撮影された何人かの赤ちゃんの画像を使わせていただきました。

矢内原医院 鎌倉市大船2-17-18 Phone:0467-44-1188
      ホームページはこちら >>http://www.yanaihara.com/

4D写真6【4D写真の撮影】
撮影に最も適した週数は20〜25週。なお、赤ちゃんの位置の関係などでうまく撮影できない場合もございます。ご了承下さい。

矢内原医院で受診される方のみ対象。
撮影料金は通常の診療費+6,000円(DVDディスク料込)
詳細は直接お問い合わせください。


サポーター コソガイ取材の病院・クリニックの一覧は>>「鎌倉の病院情報」へ
>>鎌倉妊娠日記 7ヶ月へ戻る

relax鎌倉市市民健康課が主催する、生後間もない赤ちゃんを持つママ・パパ対象のリラックス講座。各回15組ほどの親子が参加して行われます。
「(財)かながわ健康財団」の講師の先生のもと、ベビーマッサージに腰痛・肩こり防止ストレッチの実習、アロマの話などなど盛りだくさんの内容です。参加者の自己紹介タイムもあるので、同じ月齢の親子と知り合いになれるチャンスでも。
少数ですが、パパの参加もあります。
開催予定日の前月の「広報かまくら」にて募集のお知らせが掲載されます。申し込みは直接市民健康課まで。

対象:BCG接種の済んだ生後3〜5ヶ月頃の赤ちゃんおよびママ・パパ
場所:鎌倉生涯学習センターなど
開催日:年に数回(各回2時間程度) 募集は「広報かまくら」に掲載

>>鎌倉市の母子保健事業へ戻る

市の母子保健事業の一つ。助産師・保健士が、産後間もない家庭を訪問し、新生児とママの健康状態のチェックや、ママの悩み相談などを行います。どんな些細な悩み・質問にでも優しく丁寧にこたえてもらえますので、遠慮せず何でも相談してみて。
初めての赤ちゃんの場合は、出生連絡ハガキを出せば、市から連絡があります。
第2子以降は希望があった家庭のみへの訪問となるため、訪問を希望する場合は、出生連絡ハガキにその旨記入するか、担当課へ直接電話で依頼を。
(なお、自宅への訪問ですが、茶菓の準備等は一切不要です)

shinseiji← 携帯用の秤での赤ちゃんの身長・体重の計測

>>鎌倉市の母子保健事業へ戻る

伊井助産院1妊娠は病気ではありませんが、初めての出産となると、体の変化と共に心にも大変な負担がかかります。助産院は、病院ではないので、薬などを使わず、食事などの生活指導により、心身共に不安を取り除き、ご家族で安心して出産できるようケアしてくれます。

藤沢駅より徒歩5分の場所にありながら、公園が前にある静かなところに建つ伊井助産院(写真:伊井ビルONE外観)。助産院というと自宅出産が頭に浮かぶ方が多いと思いますが、ここの患者さんは8割が施設で出産されるそうです。訪ねてみると、なんだか人のお家に来たみたいな雰囲気。活気のある患者さん、活気のある助産婦さん。皆古くからの友人や家族のよう。ただの見学の私にも時間をゆっくりととって丁寧に話を聞いてくれました。

伊井助産院2病院だと何を質問してよいのかわからなかったのに、白衣の先生でなく、エプロン姿の助産婦さんを前に、安心しきってしまったのか、不安や疑問が次々と口から出てきてしまって彼女を質問攻めに・・・でも、初産の不安が1度の面談でずいぶんとれました(写真:診察室のベッド)。
こうして、診察しながら互いの信頼関係を深め、皆で一緒にお産をするんだそう。
皆で一緒に・・・最後にふんばるのは自分しかできませんが、妊娠、出産は一人でするものではありません。家族やスタッフのケアがあってこそ、安心して出産に挑めるのです。

伊井助産院3この建物にはマタニティビクス協会公認のエアロビクススタジオもあり(写真:併設のハイハットスタジオパート2)、産前・産後のマタニティビクスなどが受講できます(受講料優待制度あり)。妊婦をここまで動かすとは!というぐらい結構な運動量らしい。まぁ病気じゃぁありませんものね。
また、託児所もあるので、小さなお子さん連れの方も安心できます。

<留意事項>
エコーを使った診察はやっていない。
医療ではないので、検査の折は他の産婦人科を受診する必要がある。
逆子、双子などの出産は取り扱えない。ただし逆子の場合は、運動やケアで逆子を治す施術はできる限り行っている。
病室は基本的に二人部屋。

診察時間AM9:00〜PM1:00(毎日)
入院費用5泊6日 40万円
初診料8000円
診察料4000円
面会時間PM1:00〜PM7:00
ベッド数3(多いときはお布団を増やすスペースもあるそうなので、決して追い返されることはないそうです)
併設施設藤沢ベビーセンター(保育施設)
ハイハットスタジオパート2(エアロビックスタジオ)
※ 子連れ入院可能
※ 入院分娩、自宅分娩どちらでも対応可

〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢145番地 伊井ビルONE
0466-23-4602

>>助産院・乳房マッサージへ戻る
>>マタニティスポーツ&ケアへ戻る


Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.