スタッフより

鎌倉・関谷在住で3児のワーキングマザーの臼井さんは、この夏、「千倉グローバル子供交歓会」を実施しようと動き出しました。これは、臼井さんの出身地の千葉県の千倉で外国につながる子どもたちを招いて、現地の子どもたちとともに、言葉や国境を超え、自然を感じながら、思い出に残る国際交流体験を提供しようという、愛と希望と夢いっぱいのプロジェクトです。臼井さんは少し前からコソガイを手伝ってもらっています。私たちもこのプロジェクトを応援しようと動き出しています。

content_696ccbff088176ed18c580a019c94a0192ad78f9
臼井さんはシリアの悲惨な状況を知り、何とか支援できないものか、できる支援は何なのかと、難民支援セミナーに参加しました。そこで兵庫県にシリア人をサポートする団体(NPO法人日本アラブ相互文化センター)があり、その団体で、子どもの日本でのホームステイ先を探している!という情報を得たのです。それならその子たちを千倉のグローバル子ども交歓会に招待しようと考えました。

 臼井さんの出会ったシリア人、イマムさんのお話です。

日本で暮らすシリアなどの難民の子どもたちの現実

兵庫県にくらすシリア人のイマムさんは5〜12歳の4人の子の母親で、2015年に日本で働く夫を頼って、内戦の恐怖から逃れるため子どもをつれて来日しました。現在は3木市の団地に家族や他のシリア人とともに暮らしています。

首都ダマスカスでエンジニアをしていたのですが、数年前から自宅周辺にも爆弾が飛んでくるようになり、出勤途中の道路や子どもの通う学校の前にも爆弾が落とされる状況で、内戦で親戚も亡くし、行方のわからない身内もいるのだそうです。話を聞くと、本心ではシリアに帰りたいと思っているが、今は帰れない。日本で生活をすることに決めているようです。

子どもたちは言葉も、生活環境も食べ物も全く異なる地にきて、地元の小学校に通って日本で生まれた子とともに勉強し、生活をしています。言葉が通じない中、見た目の違いや、連日のシリアに関する報道により、嫌がらせをうけたり、喧嘩をしたりなどで、元気がないときもあります。

content_77f01a213e81e0a2daf0c7e4984687d31f74468cそんな子どもも、今一番頑張っているのは日本語の勉強。最初はひらがな、カタカナ、漢字など難しかったけど、どんどん慣れてきています。心境の変化も見られて、「子どもも日本語を勉強しているから、帰ってもアラビア語が難しい。ずっと日本に住みたい」。そして「仕事がしたい」。日本での将来を思い描いています。

 一方の千倉のまちの様子です。海と緑があり豊かな歴史文化を持ち、人と人とが近い町でありながら少子高齢化が進み、さまざまな課題が見えているようです。どこか将来の鎌倉を見るようだと感じるのは、私だけでしょうか。

少子高齢化の進む南房総・千倉のまち

usui-3グローバル子供交歓会を開催する千倉は千葉県の南端、南房総市にあり、外房の海と山に囲まれ、南房総の中でも、昔ながらの房州ののどかさを残すまちです。30年前の私が小学生だった頃、千倉には小学校が4つありましたが、少子高齢化のもと、統廃合が進められ、千倉小学校が残るのみとなりました。そのため、全児童が、スクールバスで登校することになり、これまで朝夕に通学路を通ることで触れ合っていた地域のおじいさんやおばあさん、田んぼや花畑などでの地域の自然との交流も減ってしまいました。

臼井さんは続けます。

a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbdわたしも留学時代「外国人」として暮らし、ラオス、カンボジア、ベトナム出身の移民の友人家族に支えられました。この経験から、いろいろな文化や人々との出会いや「つながること」が大切だと知ったのです。 だからこの夏、千倉で、子どもたちと、そして、地域に暮らす人たちと、一緒にご飯を食べたり、遊んだり、ビーチでサッカーをする中で、肌でそれらを体験する場をつくりたいんです。場所や環境が違うが同じ時期に生まれた子どもたちと、共に体験し、笑い、楽しむことで、絆と理解が生まれ、千倉が第3のふるさととなればいいと思います。

臼井さんのこのプロジェクトは、現在クラウドファウンディングを利用して資金を募っています。シリア難民の子どもたちを兵庫県から千倉に招待する交通費が必要だからです。シリアから避難してきた子どもたちに、「日本の夏休み」の思い出をたくさん作ってほしいな、と心から願います。
どうぞ皆さんで、この愛と夢いっぱいのプロジェクトを支援してください。

レディー・フォー
https://readyfor.jp/projects/cgc2017

投稿者:CanCan

豊島屋人4 「鳩サブレー」で高名な豊島屋の会長 久保田雅彦さんが2月6日に永眠されました。生き方の美しい、イキな鎌倉人でした。とても残念です。
 
久保田さんは菓子店・豊島屋の三代目。おじいさんにあたる初代の始めた「鳩サブレー」を、日本中知らない人はいないと言われるまでに育て上げました。国内はもとより海外に行っても食品について学ばれ続けたようで、お菓子を試食すればその材料や包装に至るまで語れるほどの知識をお持ちでした。商いだけではなく、文章を書き、音楽をたしなみ、料理し、まちの歴史を語る。幅広い趣味と深い見識を備えて人脈も広く、ユーモアたっぷりのお話も楽しくって聞きいってしまいます。坊主頭に人懐こい笑顔、背筋の伸びた姿が輝く、とにかくスケールが大きい人でした。

rekishi08 鎌倉子育てガイドは発足したばかりの時分から応援していただきました。主催したワークショップ、100年前の鎌倉のまちの様子をこどもたちに伝える「ひいおじいちゃんの鎌倉」では、むかしのまち、むかしの商店の語り部役をお引き受けくださいました。

昭和の初めの由比ヶ浜の海岸は今よりずっとビーチが広く松原も広がって人が集える場所だったこと、若宮大路まで松並木が続き、二の鳥居付近には川が流れていたこと、その周辺を外国のお客様からジボ(地元の人)までが行き来している様子を語られ、まちを活写しました。「豊島屋はかつてかわらけせんべいを売っていて、これがおせんべいの型。これを使って作ってたんだよ」などと身振り手振りを交えてお話しいただくと、まるで目の前で作っているように感じられ、こどもたちも身を乗り出して聞いたものです。

豊島屋外数年前、長年勤められた商工会議所の会頭を退かれ名誉会頭になり、豊島屋も4代目であるご子息に社長職を譲り会長になられました。後に続く人のことを考えてのことだと思います。

「当店は鎌倉のお店、ここで育てていただいた。商いの地域や量を広げることより、横浜藤沢を含めて鎌倉周辺のお客様中心にご愛顧いただくことが大切」とよく言われていました。その姿勢は直接の後継者のみならず、わたしたち「まち」の後輩にとっても学ぶことが多かったのです。時として叱られることがあっても、応援の言葉と理解できてありがたかったものです。

これから先「まちの先輩ならどう考えるだろう?」と思うことがあっても、もう聞きに行くことはかないません。大きな存在が逝ってしまいました。わたしたち後輩は寂しさを抱えて、時々天を仰いであの輝きを思い返し、今の鎌倉の地を迷いながら進んでいくことでしょう。

投稿者:CanCan

豊島屋本店の紹介記事は >>こちら

IMG_5450
2014年もたくさんの方にお世話になってコソガイも無事15年目を迎ることができました。それはそれは長い時間で自分たちでもちょっとびっくりだけど、この鎌倉で皆様に支えられて活動を続けられたことがありがたいです。新しい年も穏やかでステキな時間が流れることを心から願います。

1S3A6308新年、このまちの鶴岡八幡宮に初詣に行かれる方は、行く道がいつもと違うことに気づかれるでしょう。鎌倉駅から八幡宮に続く大きな道、若宮大路の真ん中にある一段高い緑の道「段葛(だんかずら・だんかづら)」が11月から改修のため3メートルの高さの壁におおわれて歩行禁止になっているのです。

IMG_4436段かづらは約800年前、鎌倉幕府を開いた源頼朝によって海から鶴岡八幡宮に続く大きな道・若宮大路の真ん中の参道として作られました。妻の政子の安産を祈念しての造営だと言われます。道の要所には鳥居を配し、葛石(寺社などの縁石)を置いて一段高くした小道は八幡宮に近づくほど道幅が狭くなり、遠近法を利用して遠くにあるように見せたのだとか。

s-meijishoki明治10年ごろの段葛の写真では、ひなびた村の広い道(というより広場のよう)の中央、2本の土手に囲まれた小道という風情で、桜が道の両脇に植えられたのは大正の初め頃のようです。(上・明治10年ごろ、下は大正初期の段葛「ふるさとの思い出写真集 鎌倉」より)

s-taishoshoki12s長い時間をかけて育てられ、丹精込めて手入れされてきた桜は春になると見事に咲き、美しい花のトンネルになることはよく知られています。

しかし近年では桜も衰えが見え、人の通行量も増えて道の傷みも激しくなったことから、約1年半かけて全面改修することになりました。石垣と土は盛り直し、桜の木はすべて植え替えられるのだそうです。

1S3A6304鎌倉にあたりまえに存在し、まちなかで緑や自然を感じられる豊かな空間だったこの道は、800年にわたり文字通り人々の「祈り」を支えてきました。2015年は段葛にとっては次の世代を育て支え続けるために、生まれ変わる時間となりそうです。

わたしたちコソガイもそんな風に、みなさまの子育てや暮らしに寄り添い、もっと楽しめるようなお助け情報を伝え続けたいと願い、生まれ変わる準備を始めています。

どうぞこれからも末長くよろしくお願いします。

投稿者:CanCan

c345de51 ご支援くださる皆様

こんにちは。鎌倉子育てガイドです。このたび、わたしたちは平成25年度 神奈川県ボランタリー活動奨励賞をいただきました。

top画像090808s

コソガイは今から15年ほど前、子連れで鎌倉に引っ越してきたママたちが情報不足に泣いた経験から、当時はまだ珍しかったインターネットを利用してママたち自身で情報発信を始めたのが始まり。子育てや身の回りの生活のあれこれから、医療から介護、鎌倉野菜まで。困ったことや、こんな情報あったらいいね、をカタチにするうち、いくつかのサイトができあがり、いまや運営する5つのサイトを合わせると年間約50万アクセスいただけるほどに育ちました。

6U4A0641 身近なくらしにかかわる情報とそれらをつなげる、顔を合わせてのオフライン活動。海や、野原で遊んだり。時にはドクターのお話しを親子でうかがい病気予防を学んだり、身近な防災を考えたり。そんな活動実績が評価されて、今回はウレシイ受賞です。

kanyao 3月20日に神奈川県民サポートセンターで表彰式があり、知事から表彰状をいただきました。会場には神奈川県のゆるキャラ「かにゃお」くんがお祝いに来てくれました。(彼は名刺まで持ってる、アクティブビジネス派でした)

8月30日から9月6日には活動を紹介する展覧会&ワークショップ「鎌倉のえがお 〜鎌倉子育てガイド(コソガイ)の15年〜」展を障害者の働くコミュニティーカフェ由比ガ浜の「ジャックと豆の木」にて開催する予定です。コソガイの活動を長きにわたって支え、サイトを利用してくださった方々に感謝して、たくさんの笑顔に出会い、にこっとしていただく企画。取材でお会いしてきた方たち、それぞれの分野で活躍しながら、気負わずに他人の支援をしているステキな人たちや、鎌倉らしいコトゴトの物語を写真と短い文章で紹介します。期間中は医療や子育て、文化にかかわる様々なワークショップを準備しています。まだまだ先のことではありますが、どうぞお心に留めていただければと思います。

そして展覧会以外でも私たちの夢はさらにひろがります!
「鎌倉子育てガイド」全面リニューアル!「かまくら暮らしと子育てガイド」に。
鎌倉新製品の開発 「あなたの鎌倉photo絵本」? 「鎌倉やさい7色パック」?
高齢者施設や保健所でお年寄りから子育てまで巻き込んで「じぶん健康づくり講座」

はてさて、コソガイのこれまで同様、盛りだくさんで風変り。どんなふうに活動は続いて、どう変わるの?!…どうぞこれからも見届けてくださいね。


「鎌倉のえがお 〜鎌倉子育てガイド(コソガイ)の15年〜」展

image2

鎌倉周辺でコソガイはレポートや取材を通して子どもから大人まで、たくさんのステキな人やモノゴトに出会ってきました。ナチュラルで真摯なみなさんの姿を写真と文章で紹介します。それは鎌倉の「ヒト」「コト」の物語。コソガイが15年間見守り続けてきたもの。どうぞ会場でたくさんの「えがお」を見つけてください。

期間中、いくつかのワークショップを開催します。一緒に楽しく学びましょうね。

期間:2014年8月30日(土)〜9月6日(土)
場所:ジャックと豆の木(鎌倉市由比ガ浜2-4-39)
ワークショップ:

けちゃっぷ先生のサイエンスショー(講師:岩立直子さん)
「こどもを撮ろう!」ママのための写真講座(講師:コソガイ入江麻理子)
音楽パフォーマンス(演奏:小澤真智子さん?)予定
健康の話(総合診療医:栗原先生) 予定


鎌倉子育てガイド(コソガイ)
入江麻理子
cancan@kamakuranet.ne.jp
090-1604-3080


〜石巻と南三陸の11の物語
石巻と南三陸16月24,25日、有志数名とともに再び石巻に行ってきました。夜通し車で北上し、地方都市である石巻の普通のまち中をしばらく走ると、突然日常が断ち切られて「あの光景、津波に破壊されたまち」が目の前に広がります。

それでも道が整備され、不自由なく車で通行できます。全壊した港に近い地区では、ぼこぼこに壊れた車が広場に積み上げられ、鉄筋や木材などガレキは集積場所に集められています。万里の長城のようなガレキ、大量に発生してまとわりつくハエ。その先に土台だけが建物の痕跡を語る、荒涼とした広い空間も出現しました。ガレキの撤去や片付けが進んだのです。市民と自衛隊、ボランティア、業者の懸命の作業がまちを片付け、風景を変え続けています。



被災地で出会った物語を書いておきます。人が前を向いて生きて行く姿は、たいへんそうだけど、心を打たれる強さがあります。



石巻と南三陸2津波の被害でお引っ越しするお宅の倉庫の片づけを手伝いました。このお宅の奥さまも津波の際に歩道橋に登って辛くも津波から逃れたのだそうです。

あの日「鎌歩道橋」には、7〜80人が逃げ上がり、津波の水が引かなかった2日間、歩道橋の上や屋根伝いに移動した事務所で人々は寒さに震えながら声を掛け合って過ごしたのだと聞きました。「生と死を分けたのは紙一重の偶然。おかげで生き残りました」。



石巻と南三陸3この地域では自宅の2階に逃げて助かった人も多いのだとか。そうして一階のみ被災したお宅の多くは、少しリフォームして2階に住み続けるのだそうです。「ウチは土台が傾いてしまったので、引っ越します。それでも一家みんなが無事でした。だからいつかこの場所で家を再建します」とお手伝い先のご主人はおっしゃいます。

お母さまは長年使った母屋の家財道具を名残惜しそうに眺めていました。「引っ越し先は狭いから全部は持っていけないの」。鎌倉から持参した手作りバックを渡すと、顔をほころばせて、まだ使えそうな料理道具を大切そうにその中に入れました。「これは持って行けそう。ありがとうね」。



石巻と南三陸4南三陸町を訪ねました。石巻から車で50分ぐらいの距離です。高台にある避難所の庭で復興市が開かれていました。月末の日曜日に開設される市では、水産業者のワカメ、サケ等の加工品や手作りの地元の菓子などを売る屋台、日本全国から支援のために出店した模擬店が軒を連ねて人が集まり、活況を呈しています。

「このタコやサケは、冷蔵庫にあったまま被災しました。震災の後、探し出して守ってきたものです。どうぞ食べてください」。…はい。サケ4切れと水ダコ買わせていただきました!



石巻と南三陸5しかし復興市を離れると南三陸の中心部は人気も音もない廃墟のまち。ガレキは手付かずのまま、ねじれた鉄筋や木材の間から子どものおもちゃや、卒業アルバムなど生活がしのばれる品が見え隠れしています。最後まで避難を呼びかけ続けた放送で高名になった市の防災庁舎(鉄筋だけ残っている)の前に簡易祭壇ができていました。

今回のボランティア有志は19歳、22歳の学生さんたちも含んでいます。祈りをささげた後でガレキを見ながら若い彼らがつぶやきました。「何かできることがあるんじゃないか、力になりたいと思ってここに来ました」。



石巻と南三陸6そしてその隣はガレキに囲まれた中で営業を続けるガソリンスタンド。「電気が復旧していないので、お客さんが来ると発電機を動かして給油します。震災後1週間で修理して、以来ずっとこうして営業を続けています。復興を支えたいですから」。



石巻と南三陸7石巻と南三陸8ボランティアセンターでは流れた写真を洗浄して復活させる作業が進んでいます。それは「思い出」を取りもどす支援。かたわらにメッセージが貼られていました。県外から来たボランティアのものです。「一つでも多くの思い出が皆さまの手に残りますように」。



石巻と南三陸9仮設住宅を訪ねました。外にいた高齢の女性に声をかけました。被害にあった自宅に戻って取ってきたというスズランの鉢植えをみせていただきました。「津波を受けて茶色に枯れてたのが、ここ数日の雨で緑を取りもどしてきたよ」。
石巻と南三陸10
ここから30分ほどのところで農業を営んでいたそうです。「こんな助けてもらうばかりのババが生きのびて、津波で大切な孫や息子をもっていかれてしまったよ」と涙声で話します。わたしは・・・言葉がすぐに出てきません。

「生きてくれてうれしいです。逝かれた方も、きっとそう思っているでしょう。スズランみたいに、畑もじきに緑が復活しそうですね」。やっとそう返しました。「うん、うん」。言い聞かせるように、慰めるようにうなずいていただきました。



石巻と南三陸11ご夫妻で仮設に移られた方もいました。「お茶でも飲んで行きなさいな、遠くから来たんでしょう」声をかけていただきました。今日は別のアパートに避難したお孫さんとお嫁さんが訪ねていらしたのだとか。

みんな集まったところでお孫さんが壁から額を取って見せてくれます。「今まで住んでいた家の写真。ほら、大きい家だよ。海が隣に見える」。海に隣接していたこのお宅では、地震の直後に波の異常を感じて家族全員が高台に逃げたのだとか。

2人のおさない兄弟が話してくれました。「おじいちゃんの畑からいろんなものがいっぱいながれちゃったんだ〜。道具もない、苗もない。がれきばかりだって。でもまた畑に行く〜」。畑にぜひ行ってね。君たちが行けば、きっと畑もまた緑になるから。仮設の中で子どもたちの元気はとても貴重です。



石巻と南三陸12別の避難所は児童室があり、近所の仮設に移った子どもたちも遊びに来ていました。ここでは様子を見守るボランティアの中にも被災して家族をなくした人もいるのです。

「彼女の時間はあの時から止まってしまったようです。ここでボランティアをして人と話をし、子どもたちの声を聞いている時だけ、生きているという気がするのだそうです」。

慰める言葉も出てきません。でも子どもたちも児童室でみなさんと遊ぶのを楽しみにしているようです。



石巻と南三陸13仮設の共有スペースで移動カフェを開いているグループもありました。入居者がポツリポツリと集まってきます。子どもが大人と一緒にはないちもんめをして、はしゃいでいます。

市内のいろいろな地域から入居者が集まる仮設。多くを失い、背景もさまざまで知らない人同士が住むのです。すぐにではなくてもいい、くつろいで言葉を交わせる場を作ってもらいたいのだとカフェの担当者は語ります。一年のつもりでプロジェクトを続けるのだそうです。新しくコミュニティーを作ろうと地域の人や外から来た人が声をかけあって取り組み始めているようでした。



IMG_9143震災はこの土地から多くのものを奪いました。人々が暮らしたまちは残酷で荒涼とした風景に変わり果てました。生死は紙一重。それでも生きのびて暮らす人がここにはいます。

3.11をこの地で過ごした人には物語があり、言葉がありました。わたしたちが復興のお手伝いができたのなら、とてもうれしい。でも、ここに来てやったことと言えば、声をかけていただいたこと。お茶をいただいたこと。そして歩み出したみなさんを見て、希望をわけていただいたこと。
…あれれ、立場が逆じゃない?!

東北はそういう「折り目正しく人を気づかう、なつかしい」土地で、まさに前を向いて歩きだしたのだと、いまさらのように気がつきました。そこで汗を流せたこと、みなさんの物語を聞かせていただいたことは、わたしたちの宝です。被災地のボランティアセンターで渡されるワッペンが、じつは誇りなのです。

tag-sあれから4カ月。たくさんの想いを抱えながら、被災した土地に根付いて生きている人たちの「日常」を取り戻す努力は、今も続いています。わたしたちは現地でお手伝いをしながら、遠い鎌倉で支援する方たちにも様
子をお伝したいと思っています。
またうかがいます。

追伸:鎌倉や神奈川、東京などでさまざまなボランティアバスが出ています。
http://www.jpn-civil.net/volunteer_bus/

投稿者:CanCan

2011年07月20日 │ 防犯・防災  │ コメント(0)│ トラックバック(0)  twitterでつぶやく
被災された皆さんに、何かできることをと思っていましたが、お話があって有志の3人とともに4/23,24被災地の石巻に行ってボランティア活動をしてきました。

石巻1現地では海側の被災した地域のダメージの大きさに圧倒されました。無傷の建物は一つもありません。1、2階は壊滅状態。巨大なタンクが流され、何十台もの車が流れて重なったり建物に刺さったり。船が陸の上にあり、鉄道の線路はぐしゃぐしゃに折れ曲がり、ガレキの山が万里の長城のごとく続いていました。

石巻2同時に復興の早さにも驚きました。津波が2メートルの高さで襲った住宅地域の道一つ隔てたお隣(たぶんそこも津波には床上浸水程度やられたのだと思います)にはライフラインが復旧し、コンビニもファミレスも今まで通り開いていました。

石巻3

避難所にうかがうと高齢者と子どもがいました。鎌倉から用意してきた手さげ袋を手渡すと、中身をあけて大喜びする子がいる一方、不満を言う女の子もいました。でも幾度も幾度もわたしのところに寄ってきます。「かまってほしかったのだ」と気がつきました。

19歳の少女がいました。3日前、お誕生日を迎えたのだそうです。お誕生祝いに、と鳩サブレと袋を手渡すと、顔をほころばせました。彼女もまた、多くを失っていたのだと思います。袋に入っていた口紅を見つけると、息をのんで握りしめました。就職口が見つかり、5/1から勤務なのだそうです。「きっとつかいます。うれしいなあ」とつぶやきました。
花の種には「わたしここに植えたいです。お花、見たいな」と。

石巻5家のある住宅地を津波が襲い、歩道橋に逃げて助かった女性のお引っ越しを手伝いました。家は2メートルの冠水で壁が壊れていました。危険地域にも指定され、自衛隊の重機が地域の全半壊の家を壊していました。「お向かいのお宅では1人亡くなったんです。あちらは2人。こちらでは5人が発見されました。わたしの家は津波に襲われました。あらゆるものがあったけど全部泥で使えない。なんだったのかしらね。
でも、生きていられて良かった。みなさんが来てくれて良かった。」

石巻6わたしたちは石巻では自然の猛威とともに、市民の皆さんの人に配慮する優しさや、モラルの高さ、まちへの思いを感じました。それは希望です。温かかったです。

短時間で手作りの袋や、その中身(タオル、ティッシュ、文具、花の種など)をご用意くださった鎌倉の皆様に心よりお礼を申し上げます。被災地のみなさまに手渡しすることができました。一日は嵐の中でしたが、おかげさまで良い汗をかかせていただきました。復興の猫の手ぐらいのお役には立てたと思います。以下は、袋を受け取った方からのお礼の書き込みです。コソガイの掲示板にお寄せいただきました。わたしが帰るより早くに、こんなお礼をいただくとは思いもよりませんでした。
東北の方は、なんと温かい!

--------------------------------------------------------------------------------

被災地より  
私は 宮城県石巻市に住んでいます。今回の震災で 甚大な被害を受けた沿岸に住んでおりました。
今日 避難所に そちらのボランティアの方がお見えになり、『何かの役に立てて欲しい』と
手作りの 手提げバックを子供達に手渡してくれました。
その中には 作って下さった方々の手紙が入っており、とても 感動いたしました。
メールでしか お返事が出来なくて、申し訳ないのですが、ひろみさん ちかさん さちえさん 確かに バック、メッセージに込められた思いを受け取りました。
ホントに ありがとうございます。
心から 感謝しております。

--------------------------------------------------------------------------------

鎌倉より  
ご連絡、ありがとうございます! 
先週末、石巻でボランティア活動をさせていただきました鎌倉子育てガイドのCanCanです。うれしいなあ。お返事をいただけるとは思いもよりませんでした。

震災の凄さを知り、皆さまのために何かお役に立ちたいと思っていました。
お話があって、先週末わたしが鎌倉から石巻へ、復興支援のボランティアに参加することになりました。

石巻7同じように感じていた鎌倉にいる多くの方が、被災された皆さんのお役に立ちたいと、手さげ袋や中身のタオル、ティッシュ、花の種、文具などを用意してくれました。支援活動の合間に、お届けさせていただきました。

石巻では自然の猛威とともに、皆さんが失ったものの大きさ、避難生活の不自由さに胸が痛みました。ナミダが出ました。同時に人に配慮する優しさや、モラルの高さ、まちへの思いを感じました。温かかったです。

石巻8被害がひどかった地域でも、ガレキの間から、ビルの破れたシャッターの向こうから、被災したお家の1Fから、住人の皆さんとともに多くのボランティアも見かけました。専修大学のグラウンドには災害支援ボランティアセンターがあり、わたしのいる間は、日本中から集まったボランティアたちの100以上のテントが立っていました。

このまちは被災したけど、きっと大丈夫。地元の人、外から支える人が力を合わせて復興するにちがいない、と確信いたしました。
わたしが石巻で見せていただいたのは、自然の猛威とみなさんの作る希望でした。
生きていてくださったことに、心より感謝いたします。

石巻9石巻では良い汗をかかせていただきました。皆さまが前に進む際のお手伝いになったのなら幸いです。
ご連絡いただいたこと、本当にうれしかったです。
お体大切にしてください。
またうかがいます。

投稿者:CanCan

2011年04月28日 │ 防犯・防災  │ コメント(1)│ トラックバック(0)  twitterでつぶやく
〜被災地で医療活動をされた酒井先生、泰川先生

Dr支援1TVでは毎日のように被災地の様子が流されています。恐ろしい津波や変わり果てたまちの風景、避難所で暮らす人々、津波をかぶった自宅に帰って整理をする人。被災者の様子を見て、何か支えたいのに!と、わたしたちが歯がゆい思いをかみしめている間に、鎌倉から2人のドクターがいち早く被災地に行かれて医療支援活動をされていたことを知りました。「ドクターGON診療所」の泰川先生、「さかい内科・胃腸科クリニック」の酒井先生です。

先日、泰川先生に偶然市役所でお会いしました。「気仙沼で2人の看護師と一緒に1週間医療活動をして、昨日わたしだけ帰って来ました。2日後には交代の看護師とヘリで気仙沼に戻るのです。市役所に来たのはヘリポートの手配のためなんです」とのこと。驚きました。開業してらっしゃるドクターが、鎌倉から被災地に行って医療活動をされていたとは!

Dr支援3先生の行かれた気仙沼は地震と津波の被害が大きかった市の一つです。拠点の避難所は家族や家を失った人たち300人が暮らす大所帯。高齢者を中心に体調不良者は多く、衛生事情も悪かったと聞きます。先生の行かれた間は食品はかろうじてあっても調理ができない状態で、温かいものは口にできなかったとうかがいました。しかし徐々に支援物資が届きだし、命をつなぐために必要な水、食品や紙製品類は行きわたるようになっていったのだそうです。
「ただ、こどもたちもいつまた余震が起こるかわからない中、落ち着かないのか室内でべたっとすわって携帯ゲームをするばかり。外遊びの姿は見られませんでした。高齢者の気持ちの落ち込みも大きく、気にかかります」と教えてくださいました。

Dr支援4コソガイとしても「何かできることを…」と思っていた矢先でもあり、急遽先生に支援物資をお持ちいただくことになりました。とはいえ、ヘリは小さいので多くを送ることはできません。そこで「こども」向けに、落ち着かない中でも使える漫画、カードやボードゲーム、お絵かき道具などと高齢者とこどもをつなげる将棋、折り紙などの遊び道具を集めました。もちろんメッセージも書き、先生に託しました。鎌倉から被災地に、そしてまた鎌倉に戻られた先生からは「避難所の状態も少し良くなってきて、外で遊ぶこどもの姿もちらほら見かけました」とご報告いただきました。先生、お疲れさまでした。本当にありがとうございました。

Dr支援2もうお一人の酒井先生は南三陸町に行かれ、訪問診療をされたようです。先生のご活動は銀の鈴ギャラリーの東日本大震災 被災者支援展で報告され、この展示でわたしたちも先生の支援を知りました。現地では被災しながらも寝たきりで自宅で暮らす高齢者も少なくないのだそうで、先生は様変わりした土地でお宅を探し出し、診療されたのだそうです。大半の家は津波による損壊があり、さらに家中の物が津波でさらわれたり、濡れて使えないまま散らばっているのだそうです。「まだ電気もガスも水道も復旧してなかったんです。被災者は物資を入れる袋もなく、ボロボロになったスーパーの袋を何度も使いまわしていました」と酒井先生はおっしゃったそうです。

そんな先生の言葉を受けて、銀の鈴社さんでは今、被災地向けの手作り袋を集めてらっしゃいます。「元気のでる詩」のカードと一緒に現地のグループを通して被災者に届けるのだそうです。

食糧や水などが届き、先生たちのような医療関係者の活躍で「命をながらえる支援」は行き届きつつあるようです。ありがたいことです。それでもまちの片づけなどの「手」は足りないと聞きます。そろそろ外からの「復興のための支援、心をつなぐ支援」が必要な段階に入るのかもしれません。しかし支援者を受け入れる自治体は多くはありません。安全な受け入れ先の確保が難しいと言う事情も耳にしています。わたしたちは鎌倉で被災地に気持ちを送りながら募金などのささやかな活動を続け、どんな継続的、直接的支援ができるかを模索する、もどかしい時間をもうしばらく過ごすことになりそうです。

泰川先生の支援活動 ≫こちら
泰川先生の鎌倉での診療 ≫鎌倉介護ガイドレポートへ

酒井先生の支援活動 ≫こちら
酒井先生の鎌倉での診療 ≫鎌倉 病院情報へ

銀の鈴ギャラリー「ヤギと片瀬ゴマがつなぐ心の和」展 ≫こちら

投稿者:CanCan
泰川先生の写真はドクターゴン鎌倉診療所より
酒井先生の写真は銀の鈴ギャラリーでの展示より

2011年04月22日 │ 医療・保健 | 防犯・防災 │ コメント(0)│ トラックバック(0)  twitterでつぶやく
このたびの東北・太平洋大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

hands600鎌倉では比較的被害は少なかったようですが、計画停電も始まり、パニック買いなどによる保存食やガソリンの不足で日常生活に多少の不便は生じています。

わたしたちは被災地の皆さまのことを思い、平静な生活をおくれるよう鎌倉での情報発信をしながら、ささやかですが節電や譲り合い・助け合いをしていきたいと思います。

被災された方に何かできることがあるのではないかと、ずっと考えております。今はまだ「正解」が見つかりません。時間がたてば、募金や物資の提供などでできることがあるのかもしれません。
その時には、ささやかかもしれませんが、できるだけのことをしたいと思っています。
今私にできそうなことは、鎌倉で家族の命や生活を考え、被災地の負担を減らす暮らしをすることです。

今回の震災でわたしたちは「災害はいつどこに起こるかわからないのだ」という、当たり前だったのに、忘れていた事実に直面しました。以前と同じ便利な生活が、どれだけ多くの努力で守られていたのか気が付きました。ラジオからの素早い情報提供や防災無線の指示も有効に機能し、市民が通常に近い形で生活できるよう、今も多くのサービスが懸命の努力で続けられています。こうした努力に報いるためにも、あまり極端に走ることなく、でも有効に過ごしたいと思っています。ご参考になるかどうか分かりませんが、我が家で対応したことを記しておきます。

家中の乾電池や懐中電灯、ラジオを集め、一人一人携帯できるようにしました。
家にいる時は靴やコートを身近に置き、脱出経路を確保しました。(脱出場所の物をかたづけました)
断水してもすぐには困らないよう、2日分ぐらいの水をあいたペットボトルに詰め、準備しました。
家族が離れ離れになる場合を考えて、集合する避難場所を確認しました。
地域の皆さんに、ご無事を確認するべく、声かけをしました。
なにより、節電を心がけます!

驚いたことがあります。我が家の子どもたちは、原子力の事故の恐ろしさが分からないのです。地震には反応しても、原子力発電所の危機はピンとこないようです。電気を使わない長い夜を利用して、原子力の利便性とともにその恐ろしさも話しました。自衛隊や東電の皆さんの決死の努力も話しました。伝わるかどうかは分かりませんが、せめて電気を大切にするきっかけになればよいな…と思います。

これから学校の早帰りや待機、停電が続くでしょう。安全で便利な日常に感謝し、災害に備えて声掛けなどをして、親子や地域の皆さんとの時間を大切に過ごせると良いな、と思います。

鎌倉 病院情報では、サポーター・クリニックでの停電対応などもお知らせしています。

投稿者:CanCan

謹賀新年1
あけましておめでとうございます。

昨年もいろいろお世話になりました。
フラ、子育て支援、音楽教室、ストレッチ教室、喫茶、写真館などさまざまな現場におじゃましました。
コソガイを見てくださったこと、皆さまと出会えたこと、ご一緒できたこと。
ありがとうございました。
おかげさまでとても楽しい時間を過ごせました。

謹賀新年2謹賀新年3
謹賀新年4
謹賀新年5


年末に素敵なカレンダーをいただきました。
「KAMAKURA 2011 CALENDER」
初日の出から始まり、浜の漁師さん、お祭りや古民家、昭和の商店の様子など、鎌倉のちょっと昔から伝わるまちの景色や人々の織り成す暮らしを、素敵な絵と文章で紹介しています。作者は伊東雅江さん。一枚の絵を仕上げるために現場に直接出向き、鎌倉のまち、人を取材し、資料を集め活かして丹念に描く画家です。

謹賀新年6伊東さんの仕事は絵画のみにとどまりません。鎌倉の歴史や景観を伝える絵本「鎌倉まちのいろは」の作画を担当されたり、まちなかにあるクラシックな洋館を守り伝えるため、そこで音楽会など開催する「鎌倉クラシック洋館の会」の活動などもしています。12月にはその「鎌倉クラシック洋館の会」が「かいひん荘」でコンサートを催し、わたしたちも参加させていただきました。大正時代に作られた建物の中、小澤真智子さんの澄んだヴァイオリンの響きと伊東さんの手作りのプログラムが、伊東さんをはじめとするスタッフの皆さんの優しいお人柄とともに心に沁み入りました。

謹賀新年7そんな彼女の活動は、どこかでコソガイとも重なるような気がします。わたしたちも鎌倉での子育てや暮らしを通して人と出会い、レポートしたり、集ったり。温かい時間を皆さまとご一緒しています。そんな風に続けることで、鎌倉の人の思いやまちの記憶を残し、伝えていくことにつながると良いな、と思っています。
みなさまにおかれましても健康で幸せな暮らしが続きますことをお祈りいたします。

どうぞ今年もよろしくお願いします。

投稿者:CanCan

あいさつ1こんにちは! コソガイこと鎌倉子育てガイドからコソガイレポートのリニューアルのお知らせです。すっきりさわやかなタイトルに、記事がより鮮やかに映えているでしょう! これを機に、読み直してみてください。

あいさつ2コソガイの編集スタッフ、2010年から大幅に入れ替わりました。新たにちびっこのママたちが加わり、子どもたちが巻き起こす数々の体験から、スタッフ間でも「あ〜それ、わかる、わかる」「ああ、そうだったの〜目からウロコ」「こんなことやっちゃった」等のリアルな情報が飛び交っています。今後は、それらの顛末レポートも掲載していきますね。もちろん、アネママたちも健在、ちびっこのママを支えつつ活躍中です。

あいさつ3子育て情報発信から始まったコソガイですが、今では生活総合情報サイトに育ち、病院や介護など、扱う素材は暮らし全般。だからいろんな世代の女性たちが、生活に沿った情報やその時々でソソられるデキゴトを、これからも記事や交流会で感度良く発信していきますね。

あいさつ4それがコソガイのグループのいずれかのサイトの中でコンテンツになります。そんな風に子育てから文化や福祉・介護まで、このまちの人々が織りなす暮らしを映して残していくグループサイトに育っていきたいな・・・と思います。

ということで、現在コソガイのサイト全体を見直しています。ただ、スタッフは全員がボランティアです。「同じ地域に住むみなさんの暮らしが少しでもラクに楽しくなれば」との思いだけで、コソガイを運営しています。作業は毎日少しづつですから子育て同様、気長〜に、ゆっくりとお付きあいくださいな。

あいさつ5普段のやり取りはインターネットを通して・・・が多いわたしたちですが、月に一度は「編集カフェ」と称して、おいしいお茶とお菓子で顔を合わせながら 打ち合わせをしています。読み聞かせや工作など、皆さんにもお楽しみいただけるようなちょっとした交流イベントも用意します。編集カフェの日程は掲示板などでお知らせしますから、スタッフである、なしにかかわらず、ぜひ立ち寄ってお声をかけてくださいね。そしてあなたの「子育ての足跡=体験談」や「こんなこと考えてるんだ〜」って気持ちも、よせていただけるとウレシイ。発信しながらつながる、いろんな人たちが相手を思いやって声を掛け合えるって、ステキでしょ。

あいさつ6こんな風にコソガイは皆さんと一緒にオモシロ気分を分け合いながら、お役に立ったり仲間や親子で過ごすステキな時間のきっかけになるといいなあ、と心から願っています。

Can Can(コソガイ代表)

>>鎌倉子育てガイドとは?へ戻る

「鎌倉子育てガイド」が、ツイッターを始めました。
コソガイの更新情報、スタッフのつぶやきなど、色々ツイートしていく予定です。ぜひご覧ください。

http://twitter.com/kosogai



地域交流サロンに向けて作った手洗いソングが動画でお目見えです。

手洗い1地域交流サロンとして高齢者と子育てファミリー、障害者が交流する場を作る活動(地域交流サロン)をしていた矢先にインフル騒動にあったコソガイ。とっても困った末に「秋には高齢者施設に子連れは立ち入れなくなる、来るのを楽しみにして下さった高齢者に会えなくなる!それどころか、こどもも、いつインフルにかかるか分からない。だとしたら、今できることはなんだろう?」という思いから、手洗いを身につけるためのオリジナル曲(振付つき)を作ったのでした。題して「マメマメ手洗いソング」マメに手を洗う歌です。

手洗い2実際には、スタッフでママである看護師、福祉施設の元職員、読み聞かせの達人、工作インストラクターがアイディアを出したものを、演奏者・みみりんば(音楽家)が中心になって作曲して、シンガーズ(地域のコーラスさん)が歌い込み、まとめたのです。皆さんの合作ですね。

手洗い3手洗いのツボをおさえた言葉で構成されていて一目でマネできる動作が入っていること、アップテンポでノリの良いメロディーであること、印象的なことば(擬音語・擬態語)が入っていること、専門家が見ても恥ずかしくない内容であること、なにより・・・一緒に踊って手を洗いたくなるような、たのしいのがいい!

そんな内容です。

手洗い4撮影+録音の日は、朝からみみりんばと歌い込んだ3人のシンガーズ、必死で振付を考案し、練習したダンサーズ(振付を覚えたスタッフの皆さん)が、2歳から小2までのこどもたちを待ちうけ、演奏者のリードのもとぐいぐい引っ張って、固まっていたこどもたちを乗せました。

が、ここから凝り性のおとなたちのがんばりが始まってしまい、再撮影や高校生の手洗い図解の絵が入り、動画用に編集に次ぐ編集が入って、ここまで時間がかかりました。

今日は栄えあるユーチューブ・デビューです。
http://www.youtube.com/watch?v=Y-9nofNQaVU



手洗い5どうぞ楽しんで元気に手洗い。インフルエンザを吹っ飛ばしてね!

投稿者:CanCan

タウンニュース鎌倉版の記事はこちら
>>「マメマメ手洗いソング」で インフルエンザを吹き飛ばせ(リンク切れ)

朝日小学生新聞の1面(2009年11月12日)でも紹介されました。

動画DVDを市内の小学校・幼稚園・保育園に寄贈しています。
>>朝日新聞 湘南版 2009年12月8日の記事
※この記事を朝日新聞社に無断で転載することは禁止されています。

神奈川新聞の記事はこちら
>>子育て世代の母親らの団体が「手洗いソング」を考案し、DVD化/鎌倉

この他にも、北海道新聞、岐阜新聞などでご紹介いただいています。

>>鎌倉子育てガイドとは?へ戻る

ミウランド1先日、横須賀商工会議所にて、ミウランド10周年記念事業の表彰式が開催されました。私たちの「鎌倉子育てガイド(コソガイ)」は第5回ホームページコンテストにおいて、個人の部グランプリを獲得しました!
(コソガイは企業ではないので個人名で応募しました)

ミウランド」は、三浦半島地域4市1町の自治体、商工会議所、商工会が組織する「三浦半島インターネット推進協議会」が運営する情報サイトです。地域の情報推進を目的に、ここ毎年ホームページコンテストが開かれています。
今回は10周年記念ということで、一次審査では一般の方によるWeb投票を取り入れていました。ご投票くださった皆様、どうもありがとうございました。

ミウランド2二次審査は、横須賀商工会議所に行って、企業・マスコミ関係者の前でのプレゼンテーション。選定基準は下記の通り。
地域性を重視し、誰でも楽しめるサイトを審査基準の重点項目とします。
また、閲覧ソフトや画面の大きさに拘らず楽しめ、目的までの誘導性が高く、閲覧者の利便性に配慮があるかなどを基準とします。


実はこれ、結構自信あったんですよ。サイト作成時にいつも気を付けている部分ですから。ただ、短い時間でうまくアピールできたかどうか不安で、連絡があるまではドキドキでした。

ミウランド3表彰式で、受賞理由として次のようなコメントをいただきました。
母親達が協力し合い、作成しているサイト。
口コミ情報を大切にし、掲載情報もリンク集ではなく、取材を元に作成をしている。 情報量はもちろんのこと市民・母親の参加型サイトとしても高評価。


コソガイの特徴がきちんと評価され、とても嬉しかったです。
コソガイは元々、トップページにもあるように「鎌倉での子育てをもうちょっと楽しくしたい、ラクにしたい、という願いを込めて…… 」母親達が自分たちのために作ったものです。運営を続けるうちに、口コミを寄せてくださる利用者の方、取材に協力してくださるお店やクリニックなど、地域の様々な人々との関わりが生まれ、次第に大きく育ってきました。
今では子育て世帯だけでなく、鎌倉地域で暮らす人全てのためのサイトでありたいと思っています。
皆様、いつも本当にありがとうございます。これからも、コソガイをどうぞよろしくお願いいたします。

ミウランド4なお、その他の受賞作品は下記の通りです。
個人の部
準グランプリ
花の家
ブログの部
グランプリ
三浦半島観光お役立ちブログ LIFE AT HAMANA
準グランプリ
ABC Kid's English Club
特別賞
LARUS' SHORELINE KANAGAWA
事業所の部
グランプリ
アロハス株式会社
準グランプリ
福の家

ミウランド5ミウランド6おみやげに三浦4市1町にちなんだ品々をいただきました。横須賀イメージソングのCDなんてあるんですね〜。
鎌倉の鳩サブレーはもちろん、横須賀の携帯サブレーもなかなかおいしかったですよ。でも昔のケータイならもっと巨大なはず?

はまかぜ新聞の取材記事はこちら>>
ミウランド10周年記念〜三浦半島のIT登竜門〜 第5回ホームページコンテスト受賞者決まる

>>鎌倉子育てガイドとは?へ戻る


Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.